2017.07 «  - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - » 2017.09
TOP > CATEGORY > アイドルマスター
TOP | NEXT

THE IDOLM@STER 第25話「みんなと、いっしょに!」 

2012年01月29日 ()
imas25-01.jpg

初っ端からゴスロリ少女が斧を片手に大虐殺を行なっていました。

説明しよう

放送当時、16歳の少女がゴスロリ服を着て父親を斧で叩き割るという今となっては珍しくもなんとも無い事件が起こり、マスコミはこれ幸いにと全く関係のない『ひぐらしのなく頃に』をこぞって叩いた為に、ひぐらし、そしてそのとばっちりを受けたスクールデイズも深夜アニメなのに終盤(特にスクイズは最終回を残すのみ)で放送を自粛という前代未聞の措置を取ったのだけど、ゼノグラシアは直後でも普通に放送するという見事な空気アニメっぷりを披露したのだ!!


まぁ、スクイズは事件がなくとも普通に放送できるレベルでは無かったことは最終回を見た全員が思ったことではあるのですが・・・


とまれ、そんな懐かしさを噛み締めつつ春香vs雪歩です。

imas25-02.jpg

インベルに乗れないどころか、実技もてんで駄目だったのに、何故か雪歩が春香が搭乗するインベルを圧倒。
千早さんの代わりに春香を散々罵倒した挙句、千早さん粒子をインベルに注入します。


シュメルツオーフェンのシステムを使った粉末状の千早さんはインベルと一緒になったことで、喜びいっぱいでしたが、インベルが取った次の行動はというと・・・・




imas25-03.jpg

吐き出しちゃいました。


やはりイメージカラーが青い子は報われないのか!!


imas25-04.jpg

その後は、いつものようにお約束のしょーもない説教をして雪歩も退場。真くんの復帰イベントの方が個人的に胸熱だったのですが、真くんとヒエムスの関係性において今ひとつ何も焦点を当てていなかったので、当時は完全に空気だったのでした。


続けて最終話

imas25-05.jpg

前回、ウルトゥリウスの攻撃からインベル達を救ったヌービアムでしたが、アウリンに核を取り込まれてしまい、アウリンが非常に不安定なものになっていました。このままではえらいことになると考えたモンデンキントは5体のidolをアウリンに集結させ沈静化を図ろうとします。


idolとの別れを前にしてちょっと寂しげな春香ちゃんでしたが、そんな春香の下に親友弥生が駆けつけます。

「アイドルになって後悔してる?」

すべてを優しく包み込んでくれる弥生の言葉に春香は決意を固めます。そう親友にidolを紹介するのです。


imas25-06.jpg

「これがインベル、あたしの彼氏



「・・・カレシ!?」

そりゃそうです。生身の人間から馬鹿でかいロボットを彼氏と紹介されたらそうなりますよ。ロボットが盗撮した画像を見せられて喜んだり、全身全霊をかけてロボットに告白することになんの疑問を抱かない今までがどうかしていたのです。


imas25-07.jpg

ともあれ、アウリンの暴走を止めるべく春香、伊織、真の3名はインベル、ネーブラ、ヒエムスと共にアウリンへと向かいます。途中降ってくるドロップも気合と根性で撃墜するアイドルチーム・・・。

うむ非常にカッコイイです。


そしてまんまスパロボな演出の伊織、真の助けを借りてアウリンの中へと突入する春香とインベル。


訪れる別れを目の前にして最後のバカップルぶりを発揮します。

imas25-08.jpg

うちゅ~


そこが口かよっ!!


見た感じもう少し下かと思っていたのですが・・・

・・・ん?

なんかツッコミおかしくなかったですか?

普通は人間と機会のキスにツッコミを入れる場面なのですが、どうやら華麗にスルーしてしまったようです。失敗、失敗。

それでは気を取り直してもう一度



imas25-08.jpg


うちゅ~


最後までイチャついてんじゃねぇよ!このバカップルがっ!!

・・・

・・



絶望した!!

春香とインベルの恋仲を認めちゃっている自分に絶望した!!


そんな感じでインベルは春香とお別れをしてアウリンを消滅させ地球の危機を見事に救ったのです。

imas25-09.jpg


まぁ基本的にEL変態なので春香に『ダイスキ』というメッセージを残しちゃったりしていますが・・・


何かにつけてディスられるゼノマスですが、終わりよければ全てよしとでも言うように、最後はきっちりとまとめられており、個人的にはこれはこれで十分すぎるほどに有りだとは思っています。



・・・・


・・・


・・


imas25-10.jpg

本編?

んなもんは知らん。改めてゼノマスレビューしたかっただけだし・・・

スポンサーサイト

スポンサードリンク
[2012.01.29(Sun) 23:13] アイドルマスターTrackback(0) | Comments(1) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

by -
ワシは評価する

コメントを閉じる▲

THE IDOLM@STER 第24話「夢」 

2012年01月21日 ()
imas24-01.jpg

コクピットから強制排出されたにも関わらず、千早さんは「白くて・・・溶けちゃう・・・ふわふわの・・・マシュマロ・・・」と笑顔でキメちゃっていました。

imas24-02.jpg
シュメルツオーフェンと呼ばれる人間とidolを物理的に融合させるシステムを利用して千早さんはめでたく粒子となり、あずささんは人工的に作られた自分の娘と対決をしてこれを撃退。

ラスボスに定評がある石田彰演じるカラスは、しょうもない小物っぷりを披露した途端に石に挟まれて死亡。あずささんとただの傀儡と化していた博士も一緒におさらばしちゃいます。

在庫処分の如くキャラがフェードアウトしていくのは、もはやお馴染みの舞姫スタッフでした。


そして、粒子とかした千早さんのスーツを着込んだ雪歩と淫ベルとイチャラブしている春香ちゃんの因縁も何もない最終決戦の始まりのゴングが鳴るのでした。


・・・



・・






imas24-03.jpg

プロデューサーに怪我を負わせてしまった引け目から千早と同じく引きこもってしまった春香でしたが、これまた千早と同じく、自身の幻影が現れて、山場もなく万事解決した今週のアイドルマスターでした。


スポンサードリンク
[2012.01.21(Sat) 16:10] アイドルマスターTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


THE IDOLM@STER 第23話「私」  

2012年01月10日 ()
imas23-01.jpg

モンデンキントのidol引渡し拒否に対して強行策に出るトゥリアビータ。千早さんもインベルと出撃できるとあって、大喜び。白い花を手にとってウフフと笑うその様子は流石の雪歩もドン引きです。

imas23-02.jpg

インベル、ネーブラ、ヒエムスの3体のidolと相対するは伊織が搭乗するネーブラのみだったのですが、伊織とネーブラのコンビは以前フルボッコにされたヒエムスをも圧倒。

伊織の「傷つけたら嫌われるんじゃないかってずっと思ってた。でも今は違う。私の中にネーブラがいる、ネーブラの中に私もいる。傷つかなきゃいけないのなら一緒に傷つける!!」という台詞は伊織とネーブラだからこそ言える台詞だと思います。


そして春香たちの頭上にディバイディングドライバーを放とうとするインベルへの切り札としてテンペスタースの不協和音を投入するのですが、千早はインベルの音に関する回路を遮断していたのでした。

imas23-03.jpg

しかし、我らが春香ちゃんはそんなことでは挫けません。言いたいことを伝えるために生身一つでインベルの前に立ちはだかります。そして春香ちゃんの大胆発言。

imas23-04.jpg

春香「私・・・あなたが・・・好きです!!」


何言ってんのこの娘ぉー!!??


なんというかロボットにガチ告白じゃないですか!!


変態だ変態だと思っていましたが、淫ベル以上の変態春香ちゃんです。


そして春香ちゃんと同レベルの淫ベルさんも春香ちゃんの告白に対して変態的にお返事をします。


imas23-05.jpg

○ミ千早スポーン


なんとコクピットから千早さんを強制排出しました。


すごいぞ淫ベル!!


頬を染めて笑う春香ちゃんと病んで更に年を取った千早さんが対照的だ!!



・・・



・・







imas23-06.jpg

本家でも春香ちゃんが原因でPが舞台下へスポーンと落ちました。



スポンサードリンク
[2012.01.10(Tue) 20:40] アイドルマスターTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


THE IDOLM@STER 第22話「聖夜の夜に」 

2012年01月09日 ()
imas22-01.jpg

モンデンキント本部の特殊部隊によってモンデンキントジャパンは制圧。アイドルチームも半強制的に解散されられます。

その間、春香は相変わらずウジウジしていましたし、千早さんはインベルに触れた雪歩の手を払いのける病的なまでの潔癖症を発揮。正直春香よりキモいです。

imas22-02.jpg

トゥリアビータのidol引渡し要求に対するモンデンキント本部の答えはidolを誰の手にも触れることのできない虚数領域に隠すこと。それに異を唱えたジョセフを筆頭とした元idolチームはモンデンキントJPとidolの奪還を決意。

imas22-03.jpg

保険医蛍さんのセンター返しを基本とする四番バッターの活躍と虚数領域への侵入が思うようにならない朔の引き際の良さでJP、idol共に奪還することに成功。ネーブラも無事に伊織の元に戻って来ました。そして次はいよいよ春香の出番となるのでした。


・・・


・・





imas22-04.jpg

雪歩ハッピーバースデー



スポンサードリンク
[2012.01.09(Mon) 14:10] アイドルマスターTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


THE IDOLM@STER 第21話「まるで花が咲くように」 

2012年01月07日 ()
imas21-01.jpg

ロボに恋した引きこもりに

犬の用な雌奴隷に

ロボに発情するヤンデレ年増


もはや、説明不要のゼノマスですが、ここにきて新たな変態が登場です。

imas21-02.jpg

THE・ファザコン

なんということでしょう。アイマスキャラで一番良心的なあずささんがまさかまさかの変態トーナメントに出場です。

そして、物語は佳境に入ります。4体のidolを所持するトゥリアビータがモンデンキントジャパンに対して残る全てのidolを渡すように要求。要求が飲めない場合は武力を持って対抗することを示唆します。

更にはモンデンキント本部からの通達によりモンデンキトジャパンのidolチームは解散することとなったのでした。


・・・


・・





imas21-03.jpg

961社長の嫌がらせにも負けずにライブを成功させた如月千早。
そして961社長の手段を選ばない考えと自分たちをただの駒としか思っていないその思考にジュピターの面々は961を辞めることを決断しました。


・・・

・・



正直ガッカリです。

いや、何もジュピターとセックスさせろとか言っているわけでは無いですが、それでも多少なりとも物語の軸となるような絡ませ方をさせろってのよ。

ジュピターとオーディションで対決するわけでも無し。ジュピターを糧に成長するわけでも無し。本当にジュピターとプロデューサーの存在意義って何なのかと本気で小一時間問い詰めたいところです。、

imas21-04.jpg

あとは取ってつけたような小鳥さん回。

勿論、ゼノマスはゼノマスでクソアニメなのですが、個人的には冒険しない安牌アニメもダメアニメだと思っています。



スポンサードリンク
[2012.01.07(Sat) 16:49] アイドルマスターTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


TOP | NEXT