2017.03 «  - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - » 2017.05
TOP > 声優ユニット『ワンリルキス』始動
 ← 「アイドルマスター シンデレラガールズ」キャスト公開 渋谷凛:福原綾香、双葉杏:五十嵐裕美、高垣楓:早見沙織 | TOP | 徳島市待望の映画館『ufotable CINEMA』オープンレポート

声優ユニット『ワンリルキス』始動 

2012年03月20日 ()
実はというかここだけの話、昨年のゆるゆりイベントの前日に喜多村英梨さんのCD発売記念の握手会にも参加していたのですが、あまり面白いレポートにならなかったのでお蔵入りと化していました。無論、それを今更掘り起こす気は更々ないのですが、そのときの書き出しが今見るとちょっと面白かったのでご紹介。


私はいまだにキタエリって聞くと『BLOOD+』のイメージが強いのですが、現状のキタエリ人気ってどのような感じなのでしょうか。

彼女も以前述べた三本柱でカテゴライズするとアニメ声優とアニラジパーソナリティの2本で支えている声優であり歌手活動はそれほど重要視しない声優です。まぁ、阿澄佳奈さんとは違い、完全にデッドラインがあるわけではないので、アーティストしようがユニット組もうがそれほど思うところはないのですけども。

ただ、そっち方面では高確率で報われない結果が待っているのでどこかのタイミングで綺麗さっぱり清算するのがいいと思います。声優名義のCDなんて2000売れれば御の字なのですし・・・。




LSIPをディスっているくだりはこの際無視するとして、今こんなことを言おうものなら多分鼻で笑われることでしょう。スタシャのガチプッシュがあるものの、ハピガが10倍の2万近く売り上げているのですから・・・。

そんなわけで、アーティスト活動エントリーでも述べましたが、加速した第四世代がユニットを越えて個人でのアーティスト活動の領域に突入しました。

だからこそ、私はこのように説教をするでしょう。

遅い!と・・・・


年末の年末にStylipSが始動してしまったからまだまだユニット生産期のように思われがちですが、多分もうユニットが生産される時代は終わってます。あっという間な感じでしたが、むしろ2年近く続いたことに喜ぶべきでしょう。そしてその結果を踏まえた上で、そこらへんの声優をかき集めるユニットよりも一枚看板を作ってプッシュする方法が取られつつあります。

この辺は(ユニットも含めて)ちょっと前の堀江、田村、水樹という御三家が上がってきた時と同じ流れですので、殊更特別第四世代の特徴ってわけでもないのですが・・・。


とまれ、本筋に戻して『ワンリルキス』です。『声優バラエティーSAY!YOU!SAY!ME!』の企画から生まれたこのユニットで、メンバーは

古木のぞみ(マウスプロモーション)

藤村 鼓乃美(AIR AGENCY)

森 千早都(AIR AGENCY)

三上 遥香(81プロデュース)

の4名から形成されています。

・・・

・・



81の文字を見るだけでそこはかとなく胃が痛くなってくるのはさて置くとして、見てもお分かりのようにドがつく新人ばかりであり、いかんせんどういう目的で結成されたのか、背景がまったく見えません。

ただまぁ、彼女らのUST配信を見ると、LISPの時にもいた、若くて可愛い声優なら心底誰でも良いのだなぁと思われる輩もちらほら見かけることがありましたし、需要は無くはないのでしょう。ひとまとめにしてカテゴライズしたほうが、わかりやすいといえばわかりやすいですし・・・。

そんなこんなで、恐らく最後まで別段何も起きずに空気のままで終わってしまうであろうユニットですが、単純に経験を積ませるという意味での結成であるのなら、多少の意義はあるのかなと思ったり思わなかったりする次第です。


スポンサーサイト

スポンサードリンク
[2012.03.20(Tue) 21:01] 声優Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 「アイドルマスター シンデレラガールズ」キャスト公開 渋谷凛:福原綾香、双葉杏:五十嵐裕美、高垣楓:早見沙織 | TOP | 徳島市待望の映画館『ufotable CINEMA』オープンレポート

COMMENT

COMMENT POST













コメントの編集や削除する時に必要です


管理者にだけ表示

 ← 「アイドルマスター シンデレラガールズ」キャスト公開 渋谷凛:福原綾香、双葉杏:五十嵐裕美、高垣楓:早見沙織 | TOP | 徳島市待望の映画館『ufotable CINEMA』オープンレポート