2017.09 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - » 2017.11
TOP > 氷菓の評価について考える
 ← 5月前半の気になった記事 | TOP | Vステ夏の陣が復活

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


氷菓の評価について考える 

2012年05月13日 ()
氷菓の評価が割と割れているような気がする今日この頃、皆様如何お過ごしでしょうか。京アニの話題作である氷菓の放送が始まりましたが、先にも言ったように辛口な感想を目にすることが多いような気がしたので、キーボードを叩いた次第です。

当方、原作も全く知らないアニメ組ではあるので、素っ頓狂なことを言っているかもしれませんが、そこはいつもにようにご愛嬌ということで・・・・


さて、つい最近、夏色キセキについてのテキストを書きましたが、その中でチャンネルという言葉を使ったように、この作品もまた視聴のチャンネルが違うからこその不平不満なのではないかと思っています。

夏色キセキはプリキュアという視聴チャンネルでしたが、ではこの氷菓という作品は何になるのか。


答えは多分わかんない。


身も蓋もない回答ですけど、現状ではやっぱりそれが言い得て妙なのだと思います。


確か、この氷菓ですが私の知る限りの情報で言えば古典シリーズというミステリー小説が原作になっていると聞きましたが、それからもわかるようにこれはライトノベルでは無いのです。昨今、ラノベ原作アニメが乱雑してしまった影響でこの作品もそういったラノベの系統として見ている人がいるのでは無いでしょうか。

だからこそ、話が地味という意見を目にするのでしょう。

未来人や宇宙人や超能力者がでなければ、熱膨張って知ってるか、なんて香ばしい台詞も吐きません。世界の敵が出てきてワイヤーで切り刻まれることもなければ、怪異なんてもっての外です。

ラノベとは書きましたが、もしかしてクラナドを連想してクラナドと同系統のチャンネルに合わせた人もいるもいるかもしれません。主人公(CV中村悠一)と悪友(CV阪口大助)に謎めいた少女。割と直結させる要素は持っています。


そしてそのチャンネルに合わせてしまったがゆえに主人公と悪友の会話のテンポに退屈さを感じてしまったのでは無いのでしょうか。私自身はクラナドのというか鍵全般におけるあの会話劇が面白いとは露欠片も思わないのですが、それでも視聴のチャンネルをそこに合わせていると、どことなく物足りないと感じてしまうのも事実でしょう。


ラノベではなくエロゲでもなくミステリだからこそ起承転結がはっきりしており、初っ端から突き抜けた話にはならない。そしてだからこそ通してみないと評価が出来ない。奇しくも夏キセ1話の時に感じたようにここで結論づけてはいけないのです。


では、バリバリのミステリーとして視聴したら良いのかというとそうでもありません。


とりあえず1話における謎を抽出してみましょう。


hyouka01.jpg

密室の謎と七不思議が二つ

・・・

・・



え?これってミステリー??


おそらくはそう思った人も多いのではないかと思います。ラノベでもエロゲでもなく、ミステリーとして視聴したら、自作自演の謎解きを見せられる。だからこそ、ここでも不満が出る。結果、またチャンネルを掛け間違える。


では、このアニメの視聴チャンネルは何なのかという問いかけになり、冒頭に言ったようにわからないという結論になるのではないかと思ってます。だって、今までの経験にないジャンルのアニメだから。


それこそ古典シリーズにおける『氷菓』という作品(何話までがそれかはわかりませんが)が終わらないことには評価することも出来ないし、チャンネルを合わせることも出来ないのです。


ただし、それをもってしても視聴後の評価は真っ二つに割れるでしょう。

あくまで個人的にではあるのですが、私はこの作品におけるチャンネルをある程度、当たりをつけています。

それは西尾維新の領域であるということです。それも化物語ではなく戯言シリーズの領域。


そう思った理由の一つがコチラ

hyouka02.jpg

十文字家、百日紅家、千反田家、万人橋家からなる桁上がりの四名家

こういった文字遊びというか言葉遊びって西尾の得意分野ですし、ミステリーでも無いのにミステリーに仕立て上げるというのも戯言の領域です。無論、あそこまで突き抜けないでしょうし、最終的にバトル物にはならないでしょうが、それでも現状は戯言として見るのが一番ダメージが少ないのかなと思います。

だからこそ人を選ぶ。


そしてもう一つ目にするのが、過剰演出の問題。

hyouka03.jpg

これも氷菓がミステリであり、現状が起承転結の『起』であるが故の弊害。ラノベでは無いがゆえに、そして導入部であるがゆえに現状は単なるテキストでしかないのですが、それをアニメとして魅せるには演出に頼るしか無いのです。ただ、哀しいかな京アニはキャラを動かすことは得意でもストーリーを動かすことは苦手なので、結果的に違和感のある演出になっているのでしょう。

もちろん、この場面も一枚絵の中でキャラを動かして主人公の一人称語りで済ますことも可能ですし、そちらの方が京アニの得意とするところではあるのですが、それだとラノベになってしまうから、避けたのではないかと思っています。原作ではどのような感じで書かれているのか私にはわからないので、あくまで個人的な感想ですけども・・・・

とまれ、原作組からしたら何いってんだコイツ?ってな具合になるかもしれませんが、それでも現状における氷菓の評価を考えた場合、これらのことを総合して評価することが大事なのではないかと思っています。


スポンサーサイト

スポンサードリンク
[2012.05.13(Sun) 22:57] その他アニメTrackback(0) | Comments(1)
↑TOPへ


COMMENT

by -
いや、氷菓ってもともとライトノベルでしょ

コメントを閉じる▲

 ← 5月前半の気になった記事 | TOP | Vステ夏の陣が復活

COMMENT

いや、氷菓ってもともとライトノベルでしょ
[ 2012.05.14(Mon) 13:26] URL | #- | EDIT |

COMMENT POST













コメントの編集や削除する時に必要です


管理者にだけ表示

 ← 5月前半の気になった記事 | TOP | Vステ夏の陣が復活
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。