2017.03 «  - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - » 2017.05
TOP > 金月真美さんと國府田マリ子さんによるユニット「MK-CONNECTION」のカバーミニアルバム感想
 ← 『謎の彼女X』 第1巻レビュー | TOP | 6月後半の気になった記事

金月真美さんと國府田マリ子さんによるユニット「MK-CONNECTION」のカバーミニアルバム感想 

2012年07月01日 ()
なんだかんだ言って私の得意な守備範囲は第三次アイドル声優ですので、反応するかしないかと問われればそりゃ全力で反応します。クソみたいなまとめブログが萌えニュース入りしたから予定調和で取り上げるのとはわけが違うのです。

12070101.jpg

そんなわけで、金月真美さんと國府田マリ子さんによるユニット「MK-CONNECTION」のカバーミニアルバム『MK-CONNECTION Mk-I』を購入しました。

いやもう、なんていうかね・・・

割と本気で第三次ドル声優のカムバック年にするべきだと思うんだ。

國府田マリ子コピペはもちろん心の片隅に留めておくべき言葉ですが、だからと言って躊躇しては駄目なのです。好きな異性とデートするだけが青春ではありません。恋だけではなくファンもいつだって盲目です。そんな気持ちを同じく心の片隅に置いている人だっているはずです。

何もいまいる若手を差し置いて最前線に放り出せって言っているわけではなく、若手新人声優のアーティスト化は新鮮なようで二番煎じの飽和化にすでになりつつあるので、ここらで私ら世代のロートルを取り込む勇気をどこよりも早く取り入れた所がこの横一線のレースを制することが出来ると思います。


・SHOOT!

ぶっちゃけRO-KYU-BU!は糞だと思っているし、あれを認めたら自分の中の何かが崩壊するので今後も認めることは決してありませんが、曲に関しては申し分なく、ラップ部分のマリ姉は悶え死にます。

・ハナノイロ

金月さんにしろマリ姉にしろ、どちらかと言えばこういった曲調の方が領域ですので、掛け値なしに心を抉ります。

・ハレ晴レユカイ

正直な所、一番厳しい曲ではありますが、金月真美、國府田マリ子の経験値で乗り切っている感じ。や、もちろん涼宮ハルヒの分裂を50冊ほど購入している(過去ログは見事に消えていますが)人間ですのでハルヒというだけでテンション上がるのも事実ではあるのですが・・・

・only my railgun

若干無理あるのじゃねぇかな?って思わせてくれる曲パート2。
ただし、一度でも聴けばそんな思いはどこへやらと思わせてくれるスルメ曲

・secret base ~君がくれたもの~

確実に涙腺を抉ります。

あの花では決して泣きませんでしたし、あれで泣けると言われても人間性を疑ってしまうのですが、40を過ぎた声優がこれを歌っているということを思うと、何故かウルッときます。

サビ部分の歌詞がハマりすぎてヤバイというのもあるのですが・・・・

・もうひとりの私


・・・


・・






・゚・(つД`)・゚・


田村ゆかりさんと堀江由衣さんのユニット曲を金月真美さんと國府田マリ子さんがカバーして歌っているのです。


泣かない方がおかしい


・総評

とりあえず、何も言わずに黙って聴け。

私から言えることはそれだけです。



スポンサーサイト

スポンサードリンク
[2012.07.01(Sun) 20:32] 声優Trackback(0) | Comments(4)
↑TOPへ


COMMENT

私も買いました by うそこばん
>割と本気で第三次ドル声優のカムバック年にするべきだと思うんだ。

というのは確かに考慮に値する提案ですね。
ラジオ大阪(というかかねやん)の動きは面白すぎます。
先日の夏の陣復活(とニコ生での岩田&みやむー番組配信)といい、今日も平然と生放送のゲストに飯塚まーちゃんを放り込んできたところといい、「何か」を狙っているのかもしれません。


by 音声おしさん
もはや言葉もありません。私がこの道に入る以前(まーちゃん最盛期や、やまなこはストライクです)、世の中は本当に楽しかったんでしょうね。

管理人からの返信です by 管理人@くりゃーど
>>うそこばんさん
おお、素晴らしいです!!
ニコ生夏の陣は私も見ましたが、今でも十分通用すると思いました。。

1回限りの復活ではなくて、今後もずっとやってほしいですよね。。

>>音声おしさん
今のような若干ギスギスしたものではなく、
純粋に楽しんでいた時期なのかもしれません。。


業界全体として by かーな
技術や話術がない人間にやらせていた反動で、まーちゃんやみやむみたいな人がここ最近ピックアップされるんでしょうね。
彼女たちは自分で構成台本書けるぐらい、ラジオをやるうえでの技術をそれぞれの初期にディレクターなり構成なりに鍛えられているので。
最近終了しましたが、「ぶるらじ」って杉田、ミンゴス、近藤佳奈子のやっていた人気番組ありましたが、これの構成が三重野でしたが、やったのは杉田、ミンゴスの展開に合わせた本作りとハガキの選択だけって言いますが、これも脚本が書ける杉田がいるから出来るネタですし。
なので、今年の後半は年始で言っていたように、埋もれた声優にピンスポが当たると予想します。

コメントを閉じる▲

 ← 『謎の彼女X』 第1巻レビュー | TOP | 6月後半の気になった記事

COMMENT

>割と本気で第三次ドル声優のカムバック年にするべきだと思うんだ。

というのは確かに考慮に値する提案ですね。
ラジオ大阪(というかかねやん)の動きは面白すぎます。
先日の夏の陣復活(とニコ生での岩田&みやむー番組配信)といい、今日も平然と生放送のゲストに飯塚まーちゃんを放り込んできたところといい、「何か」を狙っているのかもしれません。

[ 2012.07.01(Sun) 23:09] URL | うそこばん #mQop/nM. | EDIT |

もはや言葉もありません。私がこの道に入る以前(まーちゃん最盛期や、やまなこはストライクです)、世の中は本当に楽しかったんでしょうね。
[ 2012.07.02(Mon) 12:35] URL | 音声おしさん #- | EDIT |

>>うそこばんさん
おお、素晴らしいです!!
ニコ生夏の陣は私も見ましたが、今でも十分通用すると思いました。。

1回限りの復活ではなくて、今後もずっとやってほしいですよね。。

>>音声おしさん
今のような若干ギスギスしたものではなく、
純粋に楽しんでいた時期なのかもしれません。。

[ 2012.07.02(Mon) 21:28] URL | 管理人@くりゃーど #mfp4U/NQ | EDIT |

技術や話術がない人間にやらせていた反動で、まーちゃんやみやむみたいな人がここ最近ピックアップされるんでしょうね。
彼女たちは自分で構成台本書けるぐらい、ラジオをやるうえでの技術をそれぞれの初期にディレクターなり構成なりに鍛えられているので。
最近終了しましたが、「ぶるらじ」って杉田、ミンゴス、近藤佳奈子のやっていた人気番組ありましたが、これの構成が三重野でしたが、やったのは杉田、ミンゴスの展開に合わせた本作りとハガキの選択だけって言いますが、これも脚本が書ける杉田がいるから出来るネタですし。
なので、今年の後半は年始で言っていたように、埋もれた声優にピンスポが当たると予想します。
[ 2012.07.04(Wed) 07:31] URL | かーな #- | EDIT |

COMMENT POST













コメントの編集や削除する時に必要です


管理者にだけ表示

 ← 『謎の彼女X』 第1巻レビュー | TOP | 6月後半の気になった記事