2017.09 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - » 2017.11
TOP > 翠星のガルガンティア 第02話『始まりの惑星』
 ← 革命機ヴァルヴレイヴ 第02『666を超えて』 | TOP | 【AKB0048】MUSIC JAPANに『NO NAME』が二回目の登場!【MJまとめ】

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


翠星のガルガンティア 第02話『始まりの惑星』 

gargantia02-01.jpg

AI搭載ロボ『チェインバー』の素敵能力によってここが地球であることを知ったレド。

言語の壁もこれまたチェインバーのおかげでなんとかなったものの、敵対する意志がないことを伝えることしか出来ませんでした。

gargantia02-02.jpg


そんな彼に対してエイミー側のほうから歩み寄ります。


gargantia02-03.jpg

チェインバー「水生生物の死骸である。」


いや、確かに間違ってねぇけども・・・


gargantia02-04.jpg

取引材料に使えるからという理由でガルガンティア船団のピンチを助けるために立ち上がったレド。文明規模でレベル差がありすぎるために、敵勢力を一人残らずサクッと殲滅してしまいます。

戦争しかない世界に生まれた戦うことしか知らない彼であるので、殺るか殺られるかの選択肢しかないというのは、理解出来ますし納得も出来るのですが、いわゆる文明規模で俺TUEEEEなので緊張感というものがまったくのゼロです。

とはいえ、地球が舞台である以上、文明のはるかに進んだレド側が無双することは仕方ないことですし、2話を見る限りではロボが本当におまけ程度にしか関わってこなさそうなので、これはこれで、コレとして視聴のチャンネルを合わせるしかないのかなという感じです。

続きが気になることにおいては秀でているガルガンティアでしたが、盛り上がりという意味ではちょっとばかしパンチが足りないかなと思った2話でした。

スポンサーサイト

スポンサードリンク
[2013.04.19(Fri) 23:39] 2013春アニメTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 革命機ヴァルヴレイヴ 第02『666を超えて』 | TOP | 【AKB0048】MUSIC JAPANに『NO NAME』が二回目の登場!【MJまとめ】

COMMENT

COMMENT POST













コメントの編集や削除する時に必要です


管理者にだけ表示

 ← 革命機ヴァルヴレイヴ 第02『666を超えて』 | TOP | 【AKB0048】MUSIC JAPANに『NO NAME』が二回目の登場!【MJまとめ】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。