2017.03 «  - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - » 2017.05
TOP > StylipSのゆいかおり卒業から見るスタイルキューブのアイドルへの呪縛
 ← 銀河機攻隊 マジェスティックプリンス 第03話『奇襲』 | TOP | 革命機ヴァルヴレイヴ 第02『666を超えて』

StylipSのゆいかおり卒業から見るスタイルキューブのアイドルへの呪縛 

2013年04月21日 ()
聖人君子な私ではあるのですが、そうは言っても人間ですので好き嫌いというものはありますし、アイドルを勉強している中でSKE好きになってはいますが、だからと言ってStylipSを好きになるかと言うとそこは前から言っているように宗教上の理由で嫌いです。

さて、ご存知の方もいるかもしれませんが、StylipSから石原夏織さんと小倉唯さんが卒業することが発表されました。

StylipSからのお知らせ

アイドルだからと言う理由で毛嫌いしない私がことスタイリップスもといスタイルキューブを嫌いという理由はこれです。

ハイスクールDDや咲-Saki-阿知賀編でねじ込んできた云々で嫌いという意見を見ますが、私からしてみれば声優という枠組みである以上バーターは当たり前ですので、特に気にする必要はないのですが、あそこはいわゆるアイドルの理屈を声優の理屈に当てはめて物事を進めようとするからクソなのです。


StylipSはStep OneからStep Twoへ

いけしゃあしゃあと書いてのける神経の図太さは感服しますが、完全に後付でありペテン師の理論にほかなりません。

ゆいかおり人気に便乗させてのStylispというよりも、StylipSの看板を捨てきれないところが女々しさを表していると思います。それこそHAPPY!STYLEのくだりは声優事業を考えていて声オタを相手にしているのであれば完全に要りません

ユニットが売れることが大事ではないと書いていますが、現状のドル声優のユニットにおいてはユニットが売れることが大事であり、売れることが優先でないのであれば単体で売るべきです。

本業が声優である以上、ユニット売りすることで声優業が(疎かとは言いませんが)時間をとられることも事実です。そのデメリットを考慮した上でユニットにする以上は売れて還元されないと割に合いません。結果として売れてよかったなんて思えるユニットはアイドル線上におけるユニットであり、それこそアイドルの理論です。

言っちゃ悪いが残された二人はStylipSの名前がある以上、不良債権としか見られません。そして今後新しく人が入ってきても4名という少数で構成されている以上は、ゆいかおりの影がフラッシュバックすることも致し方無いでしょう。

箱推しなんて言葉がありますが、そんなものはまだまだドル声優には当てはまりません。

小倉唯さんが石原夏織さんが好きだからゆいかおりに興味を持って、ゆいかおりが好きだからStylipSに興味を持ち始めるのです。あくまで下位から上位への興味であって上位から下位への興味というのはいくら第4世代市場とはいえ難しいでしょう。

どこかで書きましたが、近いようで遠い距離。高いようで低い壁。それがアイドルと声優でありドルオタと声オタだと思っています。

それを認識できずにアイドル理論でドル声優を育てようとしたところで、ホリプロはおろか、ポニーキャニオンとのBクラス争いをするのが関の山なのかなと思ってしまった次第です。


※参考:
スタイルキューブから声優ユニット『StylipS』始動
声優ユニット『StylipS』デビューイベントレポート



スポンサーサイト

スポンサードリンク
[2013.04.21(Sun) 20:55] 戯言Trackback(0) | Comments(2)
↑TOPへ


COMMENT

by -
以前ここでスタイリップスのユニットとしての弱点を
あげたものです
今回の件に関しては予想通りというかいつかは当然こうなる
だろうと思っていたので特にいうことはないです
スタイルキューブはこれからどう舵取りすればいいのかそれを
考えています
すでにスタイルキューブとそれを指揮するたかみゆきひさは
理想だけを追い求め夢物語を語ることしかできずかつての野心
がなりをひそめてしまいました後続の研修生を育ててはいますがそれに大きな可能性を見出すことは僕にはできません
(勿論、駄目とは思っていないし、今後の展開は見守りたい)
またタレント側にも売れないといけないとか必死さが最近は消えてきたように感じます
なんというかやってくる仕事を受けるだけというか学業や趣味の方に必死みたいな…社長の野心の衰退がそのまま表れてしまっているのではないか
(一応擁護すると最年長の能登と年少の小倉は一応売れようとする意識をまだ感じることができる)
これはあくまで自分の見解なので妄想と独断が入っていますので批判してもらって結構です
今後ゆいかおりをアニサマの出演させたりとまだまだ続けるつもりはあるようですがこのユニットも売上的に停滞感が感じられますこれからどう舵取りするのかは分かりませんがやはり個人個人の活動を重視すべきではないか手始めに小倉のソロ(能登を中心とするなら新たなスタイリップスも)活躍がどうなるかでしょうこれが今後の方針の参考になるかもしれません
無責任でまとまりのない長文すいません

by やま
実験としては面白いと思います。
例えとしては不適切かもしれないけど、けいおん!が始まる前にスフィアから戸松ちゃんとあやひーが抜けちゃったようなものでしょ。
「売れない人だけ残った」と言うのは簡単だけど、いつブレイクするかわからない世界だからね……。

コメントを閉じる▲

 ← 銀河機攻隊 マジェスティックプリンス 第03話『奇襲』 | TOP | 革命機ヴァルヴレイヴ 第02『666を超えて』

COMMENT

以前ここでスタイリップスのユニットとしての弱点を
あげたものです
今回の件に関しては予想通りというかいつかは当然こうなる
だろうと思っていたので特にいうことはないです
スタイルキューブはこれからどう舵取りすればいいのかそれを
考えています
すでにスタイルキューブとそれを指揮するたかみゆきひさは
理想だけを追い求め夢物語を語ることしかできずかつての野心
がなりをひそめてしまいました後続の研修生を育ててはいますがそれに大きな可能性を見出すことは僕にはできません
(勿論、駄目とは思っていないし、今後の展開は見守りたい)
またタレント側にも売れないといけないとか必死さが最近は消えてきたように感じます
なんというかやってくる仕事を受けるだけというか学業や趣味の方に必死みたいな…社長の野心の衰退がそのまま表れてしまっているのではないか
(一応擁護すると最年長の能登と年少の小倉は一応売れようとする意識をまだ感じることができる)
これはあくまで自分の見解なので妄想と独断が入っていますので批判してもらって結構です
今後ゆいかおりをアニサマの出演させたりとまだまだ続けるつもりはあるようですがこのユニットも売上的に停滞感が感じられますこれからどう舵取りするのかは分かりませんがやはり個人個人の活動を重視すべきではないか手始めに小倉のソロ(能登を中心とするなら新たなスタイリップスも)活躍がどうなるかでしょうこれが今後の方針の参考になるかもしれません
無責任でまとまりのない長文すいません
[ 2013.04.21(Sun) 22:58] URL | #- | EDIT |

実験としては面白いと思います。
例えとしては不適切かもしれないけど、けいおん!が始まる前にスフィアから戸松ちゃんとあやひーが抜けちゃったようなものでしょ。
「売れない人だけ残った」と言うのは簡単だけど、いつブレイクするかわからない世界だからね……。
[ 2013.04.22(Mon) 14:23] URL | やま #RQ.tHLaA | EDIT |

COMMENT POST













コメントの編集や削除する時に必要です


管理者にだけ表示

 ← 銀河機攻隊 マジェスティックプリンス 第03話『奇襲』 | TOP | 革命機ヴァルヴレイヴ 第02『666を超えて』