2017.09 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - » 2017.11
TOP > 『@JAM2013 アニソンDay』参加レポート
 ← 『@JAM2013 アイドルDay』参加レポート | TOP | 上坂すみれさんにはロシア好きというよりも役者として売り出す戦略をして欲しいということ

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


『@JAM2013 アニソンDay』参加レポート 

2013年06月24日 ()
13062201.jpg

@JAMに参加しました。

今年から声優・アニソンアーティスト系とアイドルが分かれる形になったのですが、私は両日参加しました。

お目当てとしてはμ's(ラブライブ)ですが、色々なアーティストが出演するフェス系の楽しさもいつぞやのブシモライブで知りましたので@JAM自体を楽しむこととしましょう。

@JAMのシステムとして観覧フリーのイベント(Next Stage LIVE)も行っているのですが、それにアイカツの曲を担当している『STAR☆ANIS』が出演すると言うことでこれもまた目当てのひとつだったわけですが、観客層がアイカツから入った声オタと元々スタアニが好きなドルオタという非常にカオスな現場と化していました。


前方に声オタ。そして私を挟んで後方がドルオタだったのですが、なんというか文化が違う


アイドルとアイドル声優もなんだかんだで違うので当たり前と言えば当たり前なのですが、それでもここまで目に見える形で表れているとは予想外でした。もちろん僕はドルオタに混じってミックス入れていましたが・・・。


わか・ふうり・すなお・りすこ・れみ・もえ・えり・ゆな from STAR☆ANIS

・アイドル活動!

・ダイヤモンドハッピー

・ヒラリ/ヒトリ/キラリ

・カレンダーガール

カレンダーガールの時に1番ではコールが出来ていたのに2番になると目に見えて声が小さくなったのはとても面白かったと思います。ドルオタの人にも突っ込まれていましたし。


その後はまったりと時間をつぶしながらバール事件の情報を仕入れつつメインとなるメインステージの時間がやってきました。


会場はオルスタで中間付近。オルスタ会場ですのでステージはほぼ見えず。アイドルdayではステージのスクリーンに映し出していたのですが、アニソンdayではμ'sの時にPVが移されただけで、他のアーティストの時は活用されませんでした。アニソンdayではジャンプ・バルログ・閃ブレ禁止(閃禁止は今の時代仕方ないですが)が出ていましたしリスアニが噛んでいることがもしかしたら影響しているのでしょうか・・・。


さておき、開演時間となり登場するはアイドルマスターシンデレラガールから青木瑠璃子(多田李衣菜役)、大橋彩香(島村卯月役)、福原綾香(渋谷凛役)3名。

・・・

・・



そりゃテンションあがるわな・・・


特にアイマスPってわけでもないですし、どちらかというとアイマスは叩いている方なのですが、なぜかモバマスの娘達は応援してしまっている自分がいます。やはり現場に行きだしてからどことなく丸くなっているのでしょうか。グリマス(アイドルマスター ミリオンライブ)の方も麻倉もも、雨宮天、夏川椎菜というレイン二期生三人娘がいることですし、こちらも最後まで見届ける所存です。


とりあえずのセトリ

・アイドルマスター シンデレラガールズ
お願い!シンデレラ
Never say never福原綾香)
Twilight Sky(青木瑠璃子)
S(mile)ING!(大橋彩香)
THE iDOLM@STER

・choucho
DreamRiser
優しさの理由
空とキミのメッセージ
カワルミライ

・earthmind
ENERGY
アイズ
ARCADIA
B-Bird

・三森すずこ
会いたいよ...会いたいよ!
ミライスタート
約束してよ?一緒だよ!

・藍井エイル
MEMORIA
コバルト・スカイ
INNOCENCE
AUROLA

・μ's
僕らは今のなかで
僕らのLIVE 君とのLIVE
夏色えがおで1,2,Jump!
No brand girls



μ'sの安定感は鉄板になりつつあるはもちろん、個人的なキモはブシロライブの時にも書いたような気がするのですが三森さんだと思います。楽曲のおかげと言えばそれまでになるのかもしれませんが、それでも上手に歯車が噛みあっている印象をうけました。勿論、前から言っているように安易なソロアーティスト路線は嫌いです。


・・・

・・



さておき、私は中間付近だったので前方がどのようになっていたのか、まったく把握していなかったのですが、アニソンdayでもちょっとしたいざこざがあったようです。無論、この手の話は今に始まったことではないとはいえ、同じ日に二つ(内容はまったくの別物ですが)目を背けたくなるような事件が起きました。

『調教された声オタはヤバイ』とは現場にいたドルオタの方が言っていたのですが、それが悪い方向に出た一面だったと思っています。

アイドル声優第四世代を一言で言うならば『イベント』だと考えているのですが、そのイベントも考える時期になっているのかもしれません(確実に遅すぎですけども・・・

とまれ、これ以上は別の話になりますので割愛しますし、@JAM自体は非常に楽しかったので今後も開催されると嬉しいですね。


・・・


・・





確率低そうですが・・・


スポンサーサイト

スポンサードリンク
[2013.06.24(Mon) 22:00] イベントれぽTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 『@JAM2013 アイドルDay』参加レポート | TOP | 上坂すみれさんにはロシア好きというよりも役者として売り出す戦略をして欲しいということ

COMMENT

COMMENT POST













コメントの編集や削除する時に必要です


管理者にだけ表示

 ← 『@JAM2013 アイドルDay』参加レポート | TOP | 上坂すみれさんにはロシア好きというよりも役者として売り出す戦略をして欲しいということ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。