2017.04 «  - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - » 2017.06
TOP > 第4次アイドル声優市場におけるi☆Risの可能性
 ← 『マニア研究所EX』が総アクセス数200万HITを達成 | TOP | 【イベントレポート】にじどこ夏 ~にじどこ!ずんどこ!!どんどこ祭2013~

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


第4次アイドル声優市場におけるi☆Risの可能性 

2013年08月24日 ()
アイドルを叩く一方でスタイルキューブのようなアイドル畑から転職したアイドル声優に簡単になびく。恥ずかしげもなく声優DDであることを胸を張って言い放ち、他店を落として自分たちを持ち上げる。

節操の無さ、ここに極まれりという声オタではあるのですが、そんな需要が需要として成り立っているのが、今の第4次アイドル声優市場なのでしょう。

そしてそんな第4世代市場において注目とまでは言えないものの、知っておいて損にはならない存在がi☆Ris(アイリス)だと考えています。

芹澤優さんの存在が一部の人に見つかってしまいましたし、アニサマにもi☆Risが出演とここらで一度事前情報というか、彼女らの立ち位置を知っておくべきでしょう。

山北早紀(やまきた さき)
芹澤優(せりざわ ゆう)
茜屋日海夏(あかねや ひみか)
若井友希(わかい ゆうき)
久保田未夢(くぼた みゆ)
澁谷梓希(しぶや あずき)


メンバー全員が81プロデュースということで否が応でもどこぞの声優ユニットを連想してしまいがちですし、レーベルもDIVEIIということで完全にLISPがフラッシュバックするのですが、現状における立ち位置としてはアイドルであり、アイドルの領域で活動しているのでそこまで悲観することは無いでしょう。

ただし、コンセプトというか最終的な到着地点はメンバー全員が個々で声優(アーティスト)として活動することとなっているので、なかなかに一悶着ありそうなユニットではあるのですが…。


芹澤優のスタートダッシュはそれなりに成功しているので今年の後半から来年にかけて追いかけるのは非常に面白いものだと思いますが、何が当たって何がコケるかわからないドル声優市場。i☆Risの可能性と言った所で予想ですら難しいと言うのが正直なところではあるのですが、予測屋としてはそうも言ってられないのが辛い所…。



・アイドルとしてのi☆Risの知名度

i☆Risというよりも現状におけるアイドル(地下アイドル)ファンの母数がアイドル声優に比べると圧倒的に少ないということもあって、i☆Risをアイドルとして認識している人もまた少ないでしょう。逆に所属が81ということと、アニメのタイアップを担当しているということで現段階でi☆Risを声優ユニットとして捉えている人のほうがもしかしたら多いのでは無いのでしょうか。

そうであるのならば彼女たちの声優業へのシフトというのはそれほど高いハードルでは無いでしょうし、芹澤優さんの受け入れられ方を見受けるに拒絶反応を示す人というのはそうそう居ないでしょう。

言い方が悪いですがいわゆるアニソンのカバーで声オタに擦り寄っているところも加点ポイントだと思っていますし、アニサマでカバー曲を歌う可能性だって有り得ると思います。LISPの名前を出したら苦い顔をしたi☆Ris陣営ですので、それくらいのなりふり構わずなくらいが好感度は高いです。


・6人というメンバー構成

もとよりユニット先行での売り出しがドル声市場といえども向いてないことではあるのですが、その面子の多さはやはりマイナスです。ユニット4名構成ですら4名全てが活躍する確証がない市場において6名が個別という目標は誰が見てもハードルが高いです。

ましてや在庫を抱えている81プロデュース。もちろん、担当は違うでしょうがそれでもぶっ込むにしろ地道に育てるにしろ6名というのは非常に長い期間を要しますので、いくら最終地点としてのマルチ声優活動といえどもそこは難しいでしょう。

昨今の事例を考慮するとやはり最大で4名というのが関の山なのだと考えます。

・・・

・・



これらを考慮するとi☆Risとして声優事業へ参入(すでにしていますが)することに関してはそれなりの成功をするでしょうが、コンセプトである個別に関して言えば第4世代市場といえど、せいぜいが3名までなのかなと考えています。

i☆Risを持ち上げているようで結局は駄目出しした形にはなってしまいましたが、アイドル声優市場における声優ユニットは成功しないという持論を貫くためにもこういう形で結論づけるべきだと思った次第です。


スポンサーサイト

スポンサードリンク
[2013.08.24(Sat) 17:32] 声優Trackback(0) | Comments(1)
↑TOPへ


COMMENT

by 通り菅井
>アイドルを叩く一方でスタイルキューブのようなアイドル畑から転職したアイドル声優に簡単になびく。
逆何じゃないですか?。去年のももクロZのライブレポで、
声優からアイドルに流れるのも理解できると書いてるし。
A○Bには甘いし。

i☆Risもどうでしょうか。アニサマに出ますからお手並み拝見と。呑まれなきゃよいけど。

81プロデュースからすれば、LISPのリベンジでしょうから。

コメントを閉じる▲

 ← 『マニア研究所EX』が総アクセス数200万HITを達成 | TOP | 【イベントレポート】にじどこ夏 ~にじどこ!ずんどこ!!どんどこ祭2013~

COMMENT

>アイドルを叩く一方でスタイルキューブのようなアイドル畑から転職したアイドル声優に簡単になびく。
逆何じゃないですか?。去年のももクロZのライブレポで、
声優からアイドルに流れるのも理解できると書いてるし。
A○Bには甘いし。

i☆Risもどうでしょうか。アニサマに出ますからお手並み拝見と。呑まれなきゃよいけど。

81プロデュースからすれば、LISPのリベンジでしょうから。
[ 2013.08.24(Sat) 22:12] URL | 通り菅井 #- | EDIT |

COMMENT POST













コメントの編集や削除する時に必要です


管理者にだけ表示

 ← 『マニア研究所EX』が総アクセス数200万HITを達成 | TOP | 【イベントレポート】にじどこ夏 ~にじどこ!ずんどこ!!どんどこ祭2013~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。