2017.09 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - » 2017.11
TOP > マニア研究所EXが選ぶ『声優5大ニュース2013』
 ← AKB48チームK佐藤亜美菜が声優の夢を目指して卒業 | TOP | 『EX大衆』2014年1月号にビューティ声優が大集合する

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


マニア研究所EXが選ぶ『声優5大ニュース2013』  

2013年12月21日 ()
特筆することが全く思いつかないのですが、毎年恒例のことですし個人的思考でなんとかひねり出しました。


1.事務所三つ巴開戦

StylipSからゆいかおりが卒業。そしてそのゆいかおりが事務所移籍ということで勢いに不安が見られるスタイルキューブ。アイカツ、アイマスを踏み台に知名度を上昇させた大橋、田所に加えて年明けのラジオが決まっている木戸、山崎と勢いに乗っているホリプロ。二期生オーディションの話は出たものの、その後の途中経過が無く、ようやく雨宮、夏川、麻倉の3名の名が表に出てきたミュージックレイン。

三者三様で非常に面白い序盤となった三つの事務所の戦いが非常に興味深かった一年でした。

個人的にはここに響を入れたいのですが、いかんせん三森さんに構いすぎてミルキィとしての勢いが感じられないのでグッと堪えて3強にしました。


2.ミュージックレイン二期生登場

上記ニュースに含めてのいいかなと思いましたが、やはりミュージックレインを応援するブログでもありますのでこれはこれで押さえておくべきでしょう。

現状一つのエントリとしてテキストを書ける段階にすら来ていませんが来年は一つのキモとなる可能性を秘めていますので逐一チェックを行う必要があるかもしれません。


3.国民的アイドルからの声優転身

アイドル畑からの声優転職は今に限った事ではありませんし、この程度で騒ぎ立てるほど愚かなことはないのですが、いわゆる再起をかけたラストチャンスではなく、声優になるという夢を諦めきれなくての再チャレンジであること。また、目につきやすい(叩きやすい)48Gというアイドルからの転身ということで注目を浴びました。

ミルキィオーディションに落ちた仲谷明香さんはその御縁もあってかアミュレートに所属しましたし、秦佐和子さんもモブ出演を見る限りではプロフィット臭い気がしないでもないですので着実に歩んではいるのでしょう。

ただし、声優も続けることが困難な職業ですので何かの役をもらったからといって安心することはせずに精進して欲しいです。


4.ラムズ崩壊

ブログでも取り上げましたし同人誌の方にも掲載していますが、記録にも記憶にも残しておくべき事柄

第4次アイドル声優バブルではありますが、一歩間違えば同じ結末を迎える可能性があることを各事務所は覚えておくべきでしょう。無論、潰れてしまっては記録には残りませんけども…。


5.ラブライブ大ブレイク

3年という月日は短くはありません。

馬鹿にされながらも継続してようやく日の目を見ることが出来た。3rdライブでのあの涙がそれを物語っているようにラブライブ出演声優にとっては大切な一年だったのでしょう。

ただし、厳しい言い方をすれば通用するのはここまでであり、来年は真価を問われる一年だと思います。二期があるのでひとまずは安泰ですがラブライブという一つのコンテンツにとらわれるか、声優(役者)として次のステップに移るのか。個人的には後者であって欲しいかなと思います。


・・・


・・






いつも以上に印象に残る出来事がなかった気がする一年でしたが、本格的に第四次アイドル声優バブルに入ったと思える一年でもあったと思います。

いわゆるアーティスト路線で評価をすることは私自身はしないのですが、そこで評価をしてそこで評価をさせるということに重点が置かれるのでしょう。確かにそれが悪いとは思いませんが、長い目で見た場合にメリットになるかデメリットになるかは運でしかないのかなと個人的には思っています。


声優は遅咲きが基本。

第三次ドル声優のあの時代はそれが通説ではありましたが、現在では、いち早くアーティストデビューさせることが正義みたいな風潮があるような気がしないでもない今の市場です。


スポンサーサイト

スポンサードリンク
[2013.12.21(Sat) 20:47] 声優Trackback(0) | Comments(2)
↑TOPへ


COMMENT

by proser
どうも、お世話になってます。

>いち早くアーティストデビューさせることが正義みたいな風潮があるような気がしないでもない

ありますねえ、これは。最近放課後ティータイム最後の1人のソロデビューが発表されましたが、満を持してというよりはそろそろやっとかないと損、やっておくべきみたいな急かされた印象を受けました。

声優としてはともかく、声の良いシンガーがデビューするのは私としては好ましいことですが、適性を考慮しない急かされたようなリリースは良い結果をうまないのですよね、崩壊したラムズの酒井さんにしろ宮崎さんにしろ

適性があるにしても小松さんはやや歌が先行している印象があるのが心配です。結局それなりにキャリア&声優としての力があってなおかつ歌が上手い方が満を持してのデビュー、という点で喜多村さんみたいなデビューが理想ではないでしょうか、ポニキャ&ランティス時代をなかったことにするならば

何だオイ・・・ by スライディングD
声優5大ニュースと期待しながら、アイドル系かい。何だよ。
俺が選ぶのは・・・。
1.今年もやっぱり女性声優結婚ラッシュ。
去年程では無いが、やはり多かった。
千葉千恵巳さん、遠藤綾さん、斎藤千和さん、真田アサミさんが結婚しましたね。しかし、金朋さんの結婚には驚いた。まさか・・・と思ったし、おまけに相手は年下。いやあ・・・冗談かと思った。みんな幸せになって欲しいですね。松来さんは今年も・・・。
その一方で去年の女性声優結婚ラッシュの口火を切ったうりょっちはスピード離婚と言う事も。

2.声優の訃報相次ぐ。
今年は本当に多かった。
納谷悟朗さん、内海賢二さん、石森達幸さん、来宮良子さんと言った大御所だけは無く、本多智恵子さん、嶋村カオルさん、滝下毅さん、壇臣幸さんと言った中堅でこれからの声優さん達の早すぎる死も有りましたね。

3.ラムズ崩壊。
まあ、こればかりは管理人と同じか。
ラムズの隆盛は02年から06年辺りで現在の声優人気の直前だったので早すぎた。その時になった時は斜陽へと進んで行ったんだな。栄枯盛衰か。

4.AKB関連からの声優転向。
まあ、何と言うか・・・。更に佐藤亜美菜もだと?。
舐めてるのか!。
しっかし、「AKB0048」がこけなきゃ辞めずに済んだのに。AKBしながら演歌歌手してる岩佐美咲と同じ状態で。恋愛しても従順なマスゴミ守られたのになあ・・・。まあ、頑張れや。ただ、AKBの冠は捨てろ。さっきも書いたがアニメが失敗して、AKBのお偉いさんは日本のアニメから撤退して、海外のアニメにくっ付き始めたし。
だが、「ラブライブ」のしかこやりっぴーもグラビアで活躍してるし、みかこしにいず様だって元々はアイドルだったし。

5.宮野真守、男性声優初の日本武道館ライブ
女性声優は何人かしたが男性声優は始めて。結婚した時はどうなると思いきや、全然衰えない。
そう言えば、武道館発表のとき、俺は温泉ホテルで集まりが有って、その後の呑み会で知り合ったコンパニオンのお姉ちゃんと二次会で男性声優話で盛り上がったな。
彼女、マモのファンだったから、もうすこし早く知って報告したらどんな反応したのか。
話は元に戻すが、マモは他にMJに出演して芸人振りを発揮するなど。

他には、水樹奈々さん、西川のアニキとコラボ、上坂すみれ、益々ロシアキャラが濃くなる、りえりえ、アニメのイベントでどうしょうもない声オタに襲われる、まめぐ来年の3月で音楽活動停止、いず様、好きな餃子で地上波顔出しデビュー、ゆいかおりの移籍など。



コメントを閉じる▲

 ← AKB48チームK佐藤亜美菜が声優の夢を目指して卒業 | TOP | 『EX大衆』2014年1月号にビューティ声優が大集合する

COMMENT

どうも、お世話になってます。

>いち早くアーティストデビューさせることが正義みたいな風潮があるような気がしないでもない

ありますねえ、これは。最近放課後ティータイム最後の1人のソロデビューが発表されましたが、満を持してというよりはそろそろやっとかないと損、やっておくべきみたいな急かされた印象を受けました。

声優としてはともかく、声の良いシンガーがデビューするのは私としては好ましいことですが、適性を考慮しない急かされたようなリリースは良い結果をうまないのですよね、崩壊したラムズの酒井さんにしろ宮崎さんにしろ

適性があるにしても小松さんはやや歌が先行している印象があるのが心配です。結局それなりにキャリア&声優としての力があってなおかつ歌が上手い方が満を持してのデビュー、という点で喜多村さんみたいなデビューが理想ではないでしょうか、ポニキャ&ランティス時代をなかったことにするならば
[ 2013.12.22(Sun) 21:22] URL | proser #jDCNsbos | EDIT |

声優5大ニュースと期待しながら、アイドル系かい。何だよ。
俺が選ぶのは・・・。
1.今年もやっぱり女性声優結婚ラッシュ。
去年程では無いが、やはり多かった。
千葉千恵巳さん、遠藤綾さん、斎藤千和さん、真田アサミさんが結婚しましたね。しかし、金朋さんの結婚には驚いた。まさか・・・と思ったし、おまけに相手は年下。いやあ・・・冗談かと思った。みんな幸せになって欲しいですね。松来さんは今年も・・・。
その一方で去年の女性声優結婚ラッシュの口火を切ったうりょっちはスピード離婚と言う事も。

2.声優の訃報相次ぐ。
今年は本当に多かった。
納谷悟朗さん、内海賢二さん、石森達幸さん、来宮良子さんと言った大御所だけは無く、本多智恵子さん、嶋村カオルさん、滝下毅さん、壇臣幸さんと言った中堅でこれからの声優さん達の早すぎる死も有りましたね。

3.ラムズ崩壊。
まあ、こればかりは管理人と同じか。
ラムズの隆盛は02年から06年辺りで現在の声優人気の直前だったので早すぎた。その時になった時は斜陽へと進んで行ったんだな。栄枯盛衰か。

4.AKB関連からの声優転向。
まあ、何と言うか・・・。更に佐藤亜美菜もだと?。
舐めてるのか!。
しっかし、「AKB0048」がこけなきゃ辞めずに済んだのに。AKBしながら演歌歌手してる岩佐美咲と同じ状態で。恋愛しても従順なマスゴミ守られたのになあ・・・。まあ、頑張れや。ただ、AKBの冠は捨てろ。さっきも書いたがアニメが失敗して、AKBのお偉いさんは日本のアニメから撤退して、海外のアニメにくっ付き始めたし。
だが、「ラブライブ」のしかこやりっぴーもグラビアで活躍してるし、みかこしにいず様だって元々はアイドルだったし。

5.宮野真守、男性声優初の日本武道館ライブ
女性声優は何人かしたが男性声優は始めて。結婚した時はどうなると思いきや、全然衰えない。
そう言えば、武道館発表のとき、俺は温泉ホテルで集まりが有って、その後の呑み会で知り合ったコンパニオンのお姉ちゃんと二次会で男性声優話で盛り上がったな。
彼女、マモのファンだったから、もうすこし早く知って報告したらどんな反応したのか。
話は元に戻すが、マモは他にMJに出演して芸人振りを発揮するなど。

他には、水樹奈々さん、西川のアニキとコラボ、上坂すみれ、益々ロシアキャラが濃くなる、りえりえ、アニメのイベントでどうしょうもない声オタに襲われる、まめぐ来年の3月で音楽活動停止、いず様、好きな餃子で地上波顔出しデビュー、ゆいかおりの移籍など。


[ 2013.12.22(Sun) 22:38] URL | スライディングD #- | EDIT |

COMMENT POST













コメントの編集や削除する時に必要です


管理者にだけ表示

 ← AKB48チームK佐藤亜美菜が声優の夢を目指して卒業 | TOP | 『EX大衆』2014年1月号にビューティ声優が大集合する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。