2017.05 «  - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - » 2017.07
TOP > 『Tokyo Idol Gate 2014』 参加レポート
 ← 「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 1st LIVE WONDERFUL M@GIC!!」参加レポート | TOP | AnimeJapan 2014参加レポート

『Tokyo Idol Gate 2014』 参加レポート 

2014年04月07日 ()
二ヶ月近くも前から楽しみ過ぎて早くこの日が訪れないかとやきもきしていました。

日時は4月5日。アイドルたちのシンデレラ・ストーリー

そう

14040501.jpg

アイドルゲートだぁあああああ

・・・

・・



i☆RisもいるしBiSもいるし仮面ライダーガールズもいる。何を優先しても行くっきゃないじゃないですか。

いやまぁ、真面目な話、昨年の@JAMでi☆Risを見て、そして同じく昨年の秋のマチアソビで芹澤優さんと茜屋日海夏さんを見て、今のタイミングで彼女たちをもう一度見ておきたいという衝動に駆られて即参加を決め込んだ次第です。

i☆Risの出番は2番目でしたのでトップバッターのDorothy Little Happyもついでに見たのですが、ドロシー滅茶苦茶楽しいです。

基本的にどのアイドルも持ち時間は4曲、そのうちの1曲は花道使用という構成であり、私は花道の最前に位置していたのですが、なんかもう言葉に表せないくらいに楽しいです。特にドロシーに限った話ではなく単にタイミングの問題なのだとは理解していますが勢い余ってアルバム買いました。

14040502.jpg


そして次は本命i☆Ris

1曲目に花道使用のカードを使ってきた為にほぼゼロ距離で彼女たちの腋を堪能する結果に。


・・・


・・





僕、声オタでよかった。

81プロデュース、将来声優アーティストとしてソロで活躍、DIVEⅡと完全にドル声事業ですが、本人たちも言っているように彼女たちはまだアイドルです。そしてアイドルであればそれはそれとして完全に割り切れます。

ですので物販でライブDVDを購入して握手会に参加してもi☆Risにハマることはありませんし、ライブDVDを見てi☆Risワンマンに滅茶苦茶行きたくなってもi☆Risにハマってないと断言出来ます。これが後々訪れるであろうドル声事業部本格参戦となると話は別で説教対象になってしまうのですけども。

それにしても、芹澤優めっちゃええわぁ


その後仮面ライダーガールズの『咲いて』で軽く涙ぐんでラストのBiSへ・・・。

・・・


・・





良くも悪くも頭おかしい

ただ、クソ楽しいです。

ステージには簡易的に柵が設けられているのですが、途中でスタッフが柵とステージの中に入って何やら待機したのを見た時は何をしているのかと不思議だったのですが、花道使用曲になった時に理解出来ました。

曲途中でメンバーがハイタッチよろしく客を煽ってくるのですが、その時に客が柵を無視して雪崩れ込んでくるのですよね。そしてそれが終われば静かに去っていく。

その時に柵を元に戻す係として彼が配置されていたのでしょう。

サビに入るときに訪れるそのハイタッチタイムの度にごちゃごちゃになった柵をスタッフとファンが綺麗に直す様子は非常にシュールでした。

とまれ、そんなこんなで昼の一部のみでしたが、この日に使う予定の体力を6割ほど使用してしまったアイドルゲートでした。

スポンサーサイト

スポンサードリンク
[2014.04.07(Mon) 16:24] イベントれぽTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 1st LIVE WONDERFUL M@GIC!!」参加レポート | TOP | AnimeJapan 2014参加レポート

COMMENT

COMMENT POST













コメントの編集や削除する時に必要です


管理者にだけ表示

 ← 「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 1st LIVE WONDERFUL M@GIC!!」参加レポート | TOP | AnimeJapan 2014参加レポート