2017.10 «  - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - » 2017.12
TOP > 【ライブレポート】「15th Anniversary Live ランティス祭り2014」関西公演二日目
 ← 巻頭グラビアに三森すずこが登場!週刊少年チャンピオン35号 | TOP | 【ライブレポート】「NANA MIZUKI LIVE FLIGHT 2014」 in香川【水樹奈々】

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


【ライブレポート】「15th Anniversary Live ランティス祭り2014」関西公演二日目 

2014年07月30日 ()
14072701.jpg
人生で初めて万博記念公園とやらに行ってきました。

目的は勿論ランティス祭り大阪

二日目であるこの日はSTAR☆ANISが出演するということで全力で参加することを決意しました。

フェスとはいえスタアニにとっては初となる大型ライブ。そしてフェスだからこそのアウェーな会場。アイカツという現象や事象を知っている人はいてもSTAR☆ANISという存在までを知る人は少ないのではないかと思います。

だからこそ行く。

この後にも関東、東北と控えている彼女たちの力になるのであれば、這ってでも駆けつけて全力で応援する次第ですよ。

14072702.jpg

朝から不安定な天気となったランティス祭り大阪二日目。

開演前に大雨となりましたが、天気予報では15分程度で雨が上がるとのことで15分押しの13時15分から始まりました。

nano.RIPE
 01.面影ワープ
 02.透明な世界

StylipS
 03.もってけ!セーラー服
 04.NOVAレボリューション
 05.純粋なフジュンブツ

飛蘭
 06.Errand
 07.東京ゼロハーツ
 08.鋼のレジスタンス


わかっていたけど再確認。スタイリップスは敵です。

前半戦の最初の加速役。会場を盛り上げるという点においてはスタイリップスは最適であり、そして『もってけ!セーラー服』という選曲は唸るしか出来ません。

nano.RIPE、飛蘭の二組の相乗効果もあって会場の盛り上がりは初っ端から絶好調。スタイリップスのニューアルバム告知という無駄なMCで尺を使った以外は概ね問題のない滑り出しでした。

畑亜貴
 09.千本千女の刃毬唄
 10.図書館ロケット

milktub
 11.バカ・ゴー・ホーム
 12.有頂天人生
 13.恋のミクル伝説

麻生夏子
 14.エウレカベイビー
 15.ダイヤモンドスター☆

喜多修平
 16.世界で一番恋してる
 17.JUSTxxx


畑亜貴のスーパー休憩タイム

畑亜貴自身が踊れなくてごめんねと言ったことからも察するように一回目の休憩タイムがここでした。ラストの全員挨拶で栗の子のパイオツを揉んだこともそうですが、基本的にこの人は表に出すと事故率高いです。

milktubは通天閣着ぐるみで登場する出落ちっぷりと恋のミクル伝説という選曲で安定の盛り上がりを披露。喜多修平さんもそうですが、フェスになると男バンドはやはり強いですね。

STAR☆ANIS
 18.アイドル活動!~ハッピィクレッシェンド~オリジナルスター☆彡(メドレー)
 19.SHINING LINE*


・・・

・・



今日は死んでもいいや

一緒に盛り上げてくれるであろうスタイリップスファンが先ほどのスーパー休憩タイムもあってアテにはならないし、ラブライバーはそもそも最初からアテにはしてないし、女子は明らかに知らない言うてるしで完全にアウェー感はんぱないです。

更には休憩に入る前の最後の一組ということでフライング休憩に入る人も多数いるこの状況は完全に不利といわざる得ません。

でもだからこそのこのセトリなのでしょう。

知らない人に知ってもらうという意味ではメドレーはありですし、8人の様々なパフォーマンスを見てもらう意味でも意義はあるでしょう。この後には関東、仙台と控えていますし、アニサマだってあるので、まずは興味を持ってもらうことが最善なのです。

スタイリップスがMCでいい具合に時間を使ってくれたおかげで自己紹介すらも出来なかったスタアニちゃんですが、ここにいた人たちの心に少しでも彼女たちが焼き付いていれば幸いです。

fhána
 20.divine intervention
 21.いつかの、いくつかのきみのとせかい

ヒャダイン
 22.ヒャダインのカカカタ☆カタオモイ-C
 23.ヒャダインのじょーじょーゆーじょー

新谷良子
 24.ロストシンフォニー
 25.MARCHING MONSTER


スタアニで持っている体力をすべで出し切ってしまったので、この辺は割とおとなしく観覧していたのですが、新谷良子の女子ファン率の高さはなんなのだろうね。

いわゆるアーティストとしての新谷良子って安定感はあれど、それでも説教対象にくらいしか思ってなかったのですが、なかなかどうして支持率高いです。へそを出していた女子が応援していたことも評価高いですね。

鈴村健一
 26.あすなろ
 27.月とストーブ (コラボレーション:鈴村健一&飯塚昌明)
 28.シロイカラス

Printemps from μ's
 29.sweet&sweet holiday
 30.Pure Girl Project

栗林みな実
 31.ZERO!!
 32.moving soul
 33.君の中の英雄
 34.Shining☆Days

GRANRODEO
 35. The Other self
 36. サマーGT09 
 37. RIMFIRE
 38. modern strange cowboy

ALL ARTIST
 39.Starting STYLE!!


最後は安心安定の怒涛のラッシュで、残る体力を振り絞り楽しみました。アンコール後の『Starting STYLE!!』で、スタアニとスタイリップスが並んで手をつないで歌っている姿を見た時は普通に涙流していましたね。

とまれ、本当に心からSTAR☆ANISのワンマンライブを行ってほしいと思わざる得ないランティス祭り関西公演二日目でした。

最後に、スタアニでこれだということは関東二日目の飯塚雅弓嬢の時はどうなるのか現場で見ることは叶わないのですが、今からすでに胃が痛いです。

スポンサーサイト

スポンサードリンク
[2014.07.30(Wed) 20:23] イベントれぽTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 巻頭グラビアに三森すずこが登場!週刊少年チャンピオン35号 | TOP | 【ライブレポート】「NANA MIZUKI LIVE FLIGHT 2014」 in香川【水樹奈々】

COMMENT

COMMENT POST













コメントの編集や削除する時に必要です


管理者にだけ表示

 ← 巻頭グラビアに三森すずこが登場!週刊少年チャンピオン35号 | TOP | 【ライブレポート】「NANA MIZUKI LIVE FLIGHT 2014」 in香川【水樹奈々】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。