2017.07 «  - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - » 2017.09
TOP > 【ライブレポート】~Sphere's eternal live tour 2014~【in神戸】
 ← 【ライブレポート】Wake Up, Girls!~1st Live Tour「素人臭くてごめんね」~【in大阪】 | TOP | Wake Up, Girls!第10話『登竜門』

【ライブレポート】~Sphere's eternal live tour 2014~【in神戸】 

2014年08月12日 ()
14081002.jpg

スフィア神戸ライブに参加しました。

思い返せば2年前の徳島スフィア最前ど真ん中を引き当てたばかりにその後は縁がなかったスフィアライブですが、最近のアイドル声優事情もあって今一度スフィアライブをこの目で見たくなり参加を決め込みました。

14081001.jpg

物販はほぼほぼスルーしてガチャだけ3回ほど回してペナントゲット


この日は台風の影響で生憎の天気であり、公演が実施されるかどうかすら不安でしたが、15時を過ぎたあたりから雨は上がり無事に開演することとなりました。

M01.Eternal Tours
M02.Now Loading...SKY!!
M03.LET・ME・DO!!


・・・

・・



なんだろう。楽しすぎて死ぬ。

10列目という恵まれた座席位置と非常に見やすい場所ということもあってスフィア全員が見事に華麗に見ることができます。

戸松は相変わらずペロペロしたい脚ですし、豊崎は異常にデカいですし、彩陽は光が当たっているにも関わらず黒々と光っていますし寿先生に至っては天までとどけの母親役といっても差し支えないくらいに熟ってます。

本当にこの素晴らしい安定感がスフィアであり、私のホームはここなのだと再認識しました。

MCでは寿さんが中心となった挨拶。スフィア4人でこの神戸の地に立つことは初めてということもあり、本当に今回参加してよかったです。

彩陽の「ナウい」発言に古いと突っ込みを入れる豊崎さんら年長組。初期の頃は笑い話にもできた年長組ですが、すでにアラサーの域に足を踏み入れていることもあり、そろそろ覚悟を決めないといけません。

豊崎さんはともかく彩陽のセックス想像するだけで泣いてしまいそうです。



M04.Jolly Dolly's Music!!!
M05.Feathering me, Y/N?
朗読劇


いつもの寸劇は"Eternal Stone"を探して宇宙旅行をしているという設定。

コウベの地に降り立った4人。戸松が一人はぐれてその土地の住民とわちゃわちゃするというもの。宝塚歌劇団口調(というよりも中二病口調?)のほか三人と戸松のコントで最後にエターナルマントを手に入れた4人はまた次の目的地目指して旅立つのでした。

一時期はだれるだけだった寸劇ですが、短くメリハリもあり非常に良い寸劇でした。長く続ければ良いというものではありませんが、ここにきて良い意味で安定感が出てきたというところでしょうか。

M06.叶えたまえ/豊崎愛生
M07.Fantastic Soda!!/戸松遥
M08.Next Destination/高垣彩陽
M09.girly highester!/寿美菜子


豊崎さんの衣装チェンジの時間稼ぎは戸松、寿、彩陽の3パートに分かれてそれぞれダンス。

ソロパートもバラードを一切持ってこない鬼セトリで会場はヒートアップ。

しかしここで俺選手、前半戦で調子に乗りすぎて戸松の時に両肩がつるというアクシンデントでポコツ化してしまう失態を晒してしまいました。これは今日の反省点であり次はしっかりしたいと思います。

そして寿ソロで前にいた女子が激しくヘドバンしていたことが本日のハイライト。


M10.Ding! Dong! Ding! Dong!

アルバムでこの曲を聴いたときからライブで聴きたいと思えるくらいにネタ曲だったこの曲。アルバムというチャレンジをすることが出来るからこその楽曲であり、スフィアの可能性がまた一つ開けた瞬間でした。もちろん、シングル曲でこんなことされた日にはぶち切れ案件なのですけども。


バックバンド紹介(衣装チェンジ)

M11.微かな密かな確かなミライ
M12.synchronicity
M13.スペシャルメドレー
(君の空が晴れるまで~Brave my heart~Stop Motion~PRINCESS CODE~サヨナラSEE YOU)
M14.MOON SIGNAL
M15.GENESIS ARIA
M16.STAR'S ELEMENT


後半戦もトップギアのまま突き進みます。

M17.Pride on Everyday
M18.GO AHEAD!!
M19.NEVER ENDING PARTY!!!!



EN1:Sincerely(ライブバージョン)
EN2:Sticking Places


全体通してバラードがSincerelyのみという体力の限界に挑戦するかのような鬼畜セトリでスフィア神戸ライブは無事終幕。

久々に全力を出し切って心から「スフィアって楽しい」と思えるスフィアライブでした。


以下、個人的感想。

ツアー初日にひそかに話題になっていた振りコピについて。
昔(といってもそんなに古いわけでもないですが)はそんなに振りコピしていた記憶もないですし、前回の徳島は最前すぎて後ろの状況が全く見えなかったこともあり、今回参加しての素直な感想は「振りコピすげーな」という一言でした。

もちろん、それが悪いわけではないですし、演者と一体感になれる振りコピは楽しいですが、言わんとしていることもわからないではないかなとも思ってしまうのも事実。

とはいいえ、コールをいれることが正義ではないですし地蔵であったとしても叩かれる必要性はなく、演者、スタッフ、ファンとが最後に笑顔でいられるライブであれば良いのかなと思った次第です。

そして、一周まわってスフィア現場が落ち着いて良い意味で安定したという感想を持ちました。一時期は荒れに荒れてたスフィア現場でしたが、目に障るものもなく最後まで演者に集中することが出来ました。それでいて若い人もいましたしひとまずは安心できる集合体になったのかなという感想。

神戸はレア度が高かったのでチケも完売していましたが、他会場がほぼ根こそぎダダ余りだったのでちょっと心配していただけに一安心でした。

だからと言って長々とユニットを続けることは別ですので、早々にユニットを切り上げることについての意見は変わらずではありますけども。

とまれ、ライブ後はスフィアが「お好み焼 道とん堀」とコラボをしているとういことでお好み焼きでこの日を締めくくりました。

14081003.jpg

・・・・

・・・

・・

ツッコミがないので自分で言いますが「道とん堀」とは関係ないお好み焼き屋です。

スポンサーサイト

スポンサードリンク
[2014.08.12(Tue) 20:49] イベントれぽTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 【ライブレポート】Wake Up, Girls!~1st Live Tour「素人臭くてごめんね」~【in大阪】 | TOP | Wake Up, Girls!第10話『登竜門』

COMMENT

COMMENT POST













コメントの編集や削除する時に必要です


管理者にだけ表示

 ← 【ライブレポート】Wake Up, Girls!~1st Live Tour「素人臭くてごめんね」~【in大阪】 | TOP | Wake Up, Girls!第10話『登竜門』