2017.08 «  - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.10
TOP > 【イベントレポート】京都国際マンガ・アニメフェア2014【京まふ】
 ← 三森すずこ&楠田亜衣奈が登場!週刊少年チャンピオン43号 | TOP | 【ライブ感想】「15th Anniversary Live ランティス祭り2014」関東公演

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


【イベントレポート】京都国際マンガ・アニメフェア2014【京まふ】 

2014年09月25日 ()
14092000.jpg

意識高いWUGファンなので京まふに参加するために京都に行ってきました。


昼過ぎに会場に到着し、まず向かったのは抽選ステージである七つの断罪トークショー。

演者に雨宮天さんと梶裕貴さんということで男子女子共に比率は多く、整理番号だけをみるのであれば1000人を超える人員となってました。

とはいえ、座席数としては250程度ですので後方はなんかよくわからない具合にスタンディングになっていましたが。

その後オープンステージのエイベックスライブへ

小林竜之さん、i☆Ris、Wake Up, Girls!の3組によるライブ。

i☆RisとWUGのせいで完全にドル現場と化していましたが、今更いちいち説教したところで詮無いのでここは臨機応変に対応。

i☆Risは芹澤優さんが欠席、WUGがフルメンバーということでこの日はWUGがトリをつとめました。

外へと出てイングラムのデッキアップを観賞。

14092002.jpg
14092004.jpg
14092003.jpg

16時から会場外のレッドカーペットにて再度エイベックスメンバーによるライブがありました。

面子は小林君、i☆Risから若井友希きさん、WUGから吉岡茉祐さん、永野愛理さんの4人。

二日目のWUGはまゆしぃとあいちゃんのみということである意味予習になりましたし、若井さんのNeed Cool Quality(ハナヤマタ)からのコドクシグナルを回収できたのがこの日の一番の収穫でした。

その後MANPAちゃんのトークショーイベもレッドカーペットで行われていたので、M・A・Oと新田ひよりを回収して京まふ一日目は終了です。

この日は平安神宮にてライブも行われていたのですが、90分のライブに7500円は流石に高すぎたので断念・・・と思いきや直前になって京まふ入場券のバーコードに記載されている番号の下一桁が1または2の人は無料で招待するという完全に人が集まらなかったが為の対応を見せてくれたので、無料でチケットゲットです。

この日はいわゆるアイドルdayとなっており、私がもらったチケットは7500円で売られているチケットと同じでBブロックの最前でした。

14092001.jpg

座席配置から察するに前売りは前方のAブロックしか埋まらなかったとみてよいでしょう。

実際のところこの日は夜に予定が入っていたので参加はしてないのですが、7500円払ってAブロックの後方をつかまされた人本気で怒っていいと思います。

平安神宮を後にして反省会へ。

14092005.jpg

「水源亭」というお店で贅沢をしてこの日は終わりました。

14092006.jpg
14092007.jpg


14092008.jpg

i☆RisのCDを購入してもらえる直筆ポストカードとWUGのBD購入でもらえる直筆サイン色紙。


次の日は朝一から行われる抽選ステージの人生イベントへ。

単なるトークショーかなと思いきやそれぞれのキャラソン(ショートver)&OP曲(フル)という内容で非常に満足でした。そして新田ひよりちゃん可愛いです。

今年初めの新人声優レース予想では完全にスルーしてしまったのですが、なんとかして彼女を今年の総括でランクインさせたいところですね。

その後は同じく抽選ステージのエイベックスライブへ。

走るな言うてるのにダッシュをかますワグナーにオープンステージのエイベックスイベの最前確保のために終わった途端にダッシュをかますi☆Risファンと、ため息しか出ない民度の高さを見せつけてくれましたが、こういうステージ構成にした京まふ運営にも責任は多少はありますし、京まふ運営に文句を言い出したらキリがないので割愛。

噂通りの運営だったと言ったところでしょうか。

その後はオープンステージ、レッドカーペットでエイベックスライブを回収。都合5回のエイベックスライブを経験するという充実した京まふでした。


この日の平安神宮ライブは座席数が若干増加。

14092009.jpg

Bブロック後方3~4列がごっそりと空席だったことと、無料チケットがCブロックだったことから察するにこの日はABブロックが通常席、Cブロックが後方追加席(半額)&京まふチケ無料招待席で確定でしょう。

これもまた7500円で購入した人は怒っていいと思います。

平安神宮ライブに関しては特にこれといってありませんが、確かにi☆Risのセトリミス感は否めません。

無論これはアイドルだからどうとかいうクソみたいな言い訳ではなく単純にここにいる人たちに対する知名度がなかったということを認識すべきです。

新参でもあり一組目でもあるのですから、言い方悪いですが単純に盛り上げるための打ち曲でいいのです。それこそ極端な話、i☆Risファンにミックスでも入れさせとけばそれで十分だったのです。

何度も言っているように節操もなければ良識もないのがアニオタ(声オタ)です。

なんかもう勝手に盛り上がって楽しければ大概の人は満足するし、それを行えるだけの実力がi☆Risにはあるのです。

そこを盲目してアイドルだからとかアウェイだからと言って自分たちで壁を作っているようでは、それこそi☆Risはファンによってつぶされるでしょう。

とまれ、この辺は別件で書きたいところであるので割愛。

最後のfripsideでバックダンサーとして来ていたわか様を回収して今回の京まふイベントは終了です。

・・・

・・



ステージ構成だったり数だけは多い無能スタッフだったりと文句を言い出せばキリがありませんが、割と充実したイベントでした。とはいえ、Animejapanと同様に遠方から無理して来るようなものでもありませんけども。

スポンサーサイト

スポンサードリンク
[2014.09.25(Thu) 20:14] イベントれぽTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 三森すずこ&楠田亜衣奈が登場!週刊少年チャンピオン43号 | TOP | 【ライブ感想】「15th Anniversary Live ランティス祭り2014」関東公演

COMMENT

COMMENT POST













コメントの編集や削除する時に必要です


管理者にだけ表示

 ← 三森すずこ&楠田亜衣奈が登場!週刊少年チャンピオン43号 | TOP | 【ライブ感想】「15th Anniversary Live ランティス祭り2014」関東公演
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。