2017.07 «  - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - » 2017.09
TOP > 【ライブレポート】STAR☆ANIS アイカツ!スペシャルLIVE TOUR 2015 SHINING STAR*【福岡公演】
 ← 戸松遥の集大成となる写真集『I may Me』 レビュー | TOP | 【戸松遥】子供は見ちゃダメ!!今週のFlash【初ビキニ】

【ライブレポート】STAR☆ANIS アイカツ!スペシャルLIVE TOUR 2015 SHINING STAR*【福岡公演】 

2015年06月13日 ()
15060603.jpg

全国5公演ツアーの3公演目で福岡にやってまいりました。

この日はAKB48Gの総選挙に花澤香菜さんの福岡公演と福岡が非常に熱い場所となっていました。


大阪、名古屋と参加してセトリ自体は予想できる範疇になりましたし、MCに期待できるメンバーではないことも承知しているのですが、それでも当日のワクワク感はいつになっても飽きるものはないですし、九州という当方が生まれ育った地に来てくれるという嬉しさはやはりひとしおです。

そして今回は紳士・淑女チケットによる昼の部も参加予定としているので、いつもとは違う楽しみ方が出来るのです。

※紳士・淑女チケットとは
本来であれば、子供連れでないと参加できない子供の為の昼公演だが、昼公演のチケットがあまりにも売れないために生み出された苦肉の策。

大人単体でも可能だけど、座席は後方、一切の声だし禁止、立ち禁止、クラップ禁止という早い話が黙って見ることだけが許された大人チケット。騒ぎたいだけの厄介系には苦痛だが、すみれちゃんとトリプルスコア並みに年齢が離れているアイカツおじさんには簡単に手が出せるチケットなのである。

15060604.jpg


OA01.Let's アイカツ!/るか・もな・みきfrom AIKATSU☆STARS!

OA02.Lovely Party Collection/るか・もな・みきfrom AIKATSU☆STARS!

OA03.ハロー!Winter Love♪/みき



・・・


・・





まさか、この時期に『ハロー!Winter Love』を聴けるとは思いませんでしたから、心の中でガッツポーズ決めてました。もっとも、大阪公演でみきがうりゃおい決めてしまった為に曲を変えられただけなのでしょうけども。

私は大阪夜公演のみきしか見ていなかったので、昼の部のみきを見るのは初めてだったわけですが、なるほど確かにこれを見て夜の部のうりゃおい聞いたら、白目剥いて棒立ちになりますね。

過去のスフィアライブで購入したオペラグラスを持参していたので表情もばっちり見えたのですが、子供に向かって手を振るみきは、まさに聖母のようで、「ああ、なるほど、これがバブみってやつなのね」と思うくらいでした。

M01.アイドル活動!/STAR☆ANIS

M02.Signalise!(short)/STAR☆ANIS

M03.fashion check!/STAR☆ANIS

M04.Growing for a dream/わか・ふうり・れみ・えり

M05.Blooming Blooming/えり

M06.Move on now/りすこ

M07.ダイヤモンドハッピー(Short)/STAR☆ANIS

M08.ハッピィクレッシェンド(Short)/STAR☆ANIS

M09.KIRA☆POWER(Short)/STAR☆ANIS

M10.オリジナルスター/STAR☆ANIS

M11.カレンダーガール/STAR☆ANIS

M12.SHINING LINE*/STAR☆ANIS


僕のゆなが当社比1.2倍くらいにふっくらしているような気がしたのですが、今日のところはスルーしましょう。スタアニが誇る不動の1,2番である不安定コンビの仕上がりが万全であれば十分です。

MCは子供の前だというのに相変わらずのへっぽこっぷりだし、もなですらミラクルを噛んでしまう始末。与えられたMC時間をきっちり守ろうとする姿勢は良いのですが、そろそろ台本に頼らないMCをしても良いのではないでしょうか。

えりが『Blooming Blooming』を歌ったことでこの日もMVPをえりがかっさらっていきそうです。
ただ、るかも公演をこなすごとにあかりちゃんのごとく成長していますし、昼の部だけでは甲乙つけがたい結果でした。

そしてもって三公演目にして初めて昼の部に参加したわけですが、これはこれでよいものですね。心を落ち着かせた尊い気持ちで見ることが出来ますし、オペラグラスを使えば、ゆなのムッチムチの二の腕も確認可能です。

もちろん、えりれみの濁ってない瞳だって確認することが出来ます。

とまれ、綺麗な心で見守ることが出来た昼の部が終了。

15060602.jpg

近場の一蘭とジェラート屋でi☆Risごっこをしてから夜の部へと挑みます。



OA01.Let's アイカツ!/るか・もな・みきfrom AIKATSU☆STARS!

OA02.Lovely Party Collection/るか・もな・みきfrom AIKATSU☆STARS!

OA03.ハロー!Winter Love♪/みき



よかった。みきがうりゃおい言わない。

いやまぁ、それを言わせないためのセトリ変更なのですが、ニコ動で踊ってみた投稿しているみしゅえるの心の強さは半端ないですね。

昼夜ともにサビ部分の「~ハロー!Winter Love♪」をみきのお願いもあって会場で合唱することとなりましたが、これがみき自身が考えたものなのかが、非常に気になるところです。


M01.アイドル活動!/STAR☆ANIS

M02.Signalize!/STAR☆ANIS

M03.fashion check!/STAR☆ANIS


都合3回目のアイドル活動を含めたセトリですが、まったく飽きませんね。
言い方悪いですが、歌も踊りも不安定な部分はまだちょくちょくとみられるスタアニだからこそ、1回1回の公演が非常に新鮮で見ていて本当に楽しいです。

M04.CHU-CHU RAINBOW(short)/れみ・えり

M05.放課後ポニーテール(short)/れみ・えり

M06.右回りwonderland/わか

M07.ミトレジャーノ(short)/わか・ふうり

M08.Growing for a dream/わか・ふうり・れみ・えり

M09.Thrilling Dream/りすこ・ゆな

M10.真夜中のスカイハイ/りすこ

M11.prism spiral/ふうり

M12.マジカルタイム(short)/ゆな

M13.永遠の灯(short)/れみ

M14.Take Me Higher/りすこ・れみ・ゆな

M15.Wake up my music/わか・ふうり

M16.Kira pata shining(short)/えり

M17.アラビアンロマス(short)/えり

M18ダインシング☆ベイビー(short)/ゆな・えり

M19.オトナモード/もな

M20.笑顔のSuncatcher/りすこ・もな

M20.Sweet Sp!ce/わか・ふうり

M21.オリジナルスター☆彡/るか

M22.ダイヤモンドハッピー/わか・ふうり・ゆなfrom STAR☆ANIS

M23.ヒラリ/ヒトリ/キラリ/STAR☆ANIS

M24.ハッピィクレッシェンド/STAR☆ANIS

M25.KIRA☆Power/STAR☆ANIS


通常であれば飛行機に乗った際のエピソードがMCにて話題になるのですが、そこは子供の部ですらフニャフニャ言ってしまうスタアニちゃんですので頭の中で一生懸命考えた台本を一生懸命言ってしまうMCでした。

るかが明太子笑顔って言ったときは会場ふくめてスタアニ側もぽかーんとしていましたが、あかりちゃんだってたまに奇行に走りますので、これまた気にしちゃダメでしょう。

そして今回のキモは何と言ってもわかふうりによるSweet Sp!ceでしょう。千秋楽の東京公演ではフレンドを持ってくる可能性が高いだけに、ここでこの曲を回収できたことだけでも福岡に参加した意味はあります。

名古屋に続き今回もるかソロでオリジナルスター☆彡ということで本日は右中間を見事に抜けるツーベースヒットを叩きだしました。俺選手の今期の成績は1安打1本塁打1犠打(子供の部)です。

今回もCメロで大合唱となりましたが、後半に差し掛かるにつれて明らかに会場がソワソワしだし、“みんな一緒に歌って”が無かったらどうしようみたいな空気を醸し出していましたが、そこは我らがるかぴょんですので、きっちり煽って大合唱です。

笑顔のSuncatcherでは会場でウェーブを作ったり、SHINING LINEでは竹の子ダンスを踊ったりと、コール合唱振りコピというなんでもござれなスタアニ(アイカツ)現場となりました。

良くも悪くもいいとこ取りではあるのですが、アニソン系ライブでお馴染みのコール論争が起こらないのは本当に興味深いですね。や、それらを言い出す面倒臭い人がいないっていうのと、基本的に方向性が言うほどまとまってないってだけなのですけども。


アンコール

EN26.輝きのエチュード/わか

EN27.カレンダーガール/STAR☆ANIS

EN28.SHINING LINE*/STAR☆ANIS



ここまで来るともはや何も言うことはありません。

スタアニ全員が個々で出来ることを最大限にやり遂げ、そしてチームとして一体感で盛り上げる。ツアーとしては、まだまだ折り返し地点ではありますが、彼女たちのアイドル活動はひとまずの形になったのだと思います。

とはいえ、これを良しとするのか、さらなる上を目指すのか。それは彼女たちがする選択ですし、仙台、東京でそれに対する答えを出してくれると信じています。

仙台行けませんけども。


スポンサーサイト

スポンサードリンク
[2015.06.13(Sat) 20:46] イベントれぽTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 戸松遥の集大成となる写真集『I may Me』 レビュー | TOP | 【戸松遥】子供は見ちゃダメ!!今週のFlash【初ビキニ】

COMMENT

COMMENT POST













コメントの編集や削除する時に必要です


管理者にだけ表示

 ← 戸松遥の集大成となる写真集『I may Me』 レビュー | TOP | 【戸松遥】子供は見ちゃダメ!!今週のFlash【初ビキニ】