2017.03 «  - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - » 2017.05
TOP > 【ライブレポート】STAR☆ANIS アイカツ!スペシャルLIVE TOUR 2015 SHINING STAR*【東京公演】
 ← A応Pから小森 未彩、清水川 沙季の2名が卒業する | TOP | 戸松遥の集大成となる写真集『I may Me』 レビュー

【ライブレポート】STAR☆ANIS アイカツ!スペシャルLIVE TOUR 2015 SHINING STAR*【東京公演】  

2015年06月29日 ()
15062800.jpg

早く来てほしい。でもまだ終わって欲しくない。

そんな複雑な気持ちを抱いてやってきましたNHKホールですが、そうは言ってもコレが最後です。彼女たちはきっとSTAR☆ANISとしての集大成を見せてくれることでしょう。

15062804.jpg
15062803.jpg
15062802.jpg


まずは昼のファミリー会。

オープニングアクト


OA01.Let's アイカツ!/AIKATSU☆STARS!

OA02.Lovely Party Collection(short)/AIKATSU☆STARS!

OA03.Poppin' Bubbles/みき・みほ・ななせ・かなfromAIKATSU☆STARS!


6人揃ってのスターズを見るのは何気に初めてなのですが、スタアニに負けず劣らず、よく出来たユニットであると思います。もちろんまだまだ稚拙な部分もありますが、ベースがスタアニ以上にしっかりしているので、彼女たちもまた今後どんどん伸びていくでしょう。

そしてLet's アイカツ!で何故か涙が流れてしまいました。

なんだかんだでこのツアーを通して涙することはなかったのですが、ここに来て私の感情のリミッターがぶっ壊れたようです。

るか、もなが下がっての3曲目で振りつけ講座をみき主体でやったのですが、みきが完全に聖母です。うりゃおいかましたみきなどマボロシかと思うくらいに綺麗に輝いています。

ひなきちゃんがイロモノ枠だけに先輩からの人気はおそらく今ひとつなのですが、そんなのを払拭するくらいにみきみきです。

そして相変わらず動きにキレがあるみほですが、私は多分ななせが好き。


M01.アイドル活動!/STAR☆ANIS

M02.Signalize!/STAR☆ANIS

M03.fashion check!(short)/STAR☆ANIS

M04.G線上のShining Sky(short)/わか・ふうり・れみ・えり

M05.恋するみたいなキャラメリゼ/れみ・えり


・・・

・・




   。  。
  / /  
 ( Д )


  スポポポポーン!(1ヶ月ぶり3回目)


ミニアルバム発売後、そしてファミリー回ということである程度は予想の範囲ではあったのですが、まさか本当にれみえりのキャラメリゼが聞けるとは思っても見ませんでした。

3階席は紳士淑女チケットのアイカツおじさんお姉さん組だったのですが、流石にこの時ばかりはざわめきましたし、フルとわかった時のあの動揺っぷりは記録にも記憶にも残して良いと思います。

そんでもって完全に号泣しました。

M06.笑顔のSuncatcher/りすこ・もな

M07.キラキラデイズ(short)/わか・ふうり

M08.ダイヤモンドハッピー(short)/わか・ふうり・ゆな

M09.ハッピィクレッシェンド(short)/STAR☆ANIS

M10.KIRA☆Power(short)/STAR☆ANIS

M11.オリジナルスター☆彡/STAR☆ANIS

M12.カレンダーガール/STAR☆ANIS

M13.SHINING LINE*/STAR☆ANIS


笑顔のSuncatcherでは横から大きな風船が先輩たちの席に放りこまれたのですが、先輩はステージ上に向かって叩き返すものだから、もなとりすこの前に風船がワチャワチャなって二人共かるく笑いながら歌っていました。

振付が更に踊りやすくするために軽く変わっていましたが、お馴染みのSHINING LINE*でファミリー回終了。

基本的に全曲通して泣いていたと思います。


そして泣いても笑ってもラストとなる夜公演です。

オープニングアクト
OA01.Let's アイカツ!/AIKATSU☆STARS!

OA02.チュチュ・バレリーナ(short)/AIKATSU☆STARS!

OA02.Lovely Party Collection(short)/AIKATSU☆STARS!

OA03.Poppin' Bubbles/みき・みほ・ななせ・かなfromAIKATSU☆STARS!


おい、ちょっと待て

明らかになんかきな臭い感じのセトリが漂っているのですけど!?

ここに来てチュチュ・バレリーナ初披露とかなんかもう他公演行った人も、ここが初参加な人もどちらも殺しにきてますよね?


M01.アイドル活動!(Ver.Rock)/STAR☆ANIS

おい、ちょっとカメラ止めろー!!!


公演初日の大阪でアイドル活動のロックverが博打勝負で来たら面白いなぁとは言いつつも、通常verだったので、流石に無理あるねと談笑していたのですが、まさかここに来てこれを持ってきますか。

そしてもって不慣れなしょっぱいMCもこれで最後かと思うと感慨深いです。

M02.Signalize!/STAR☆ANIS

M03.fashion check!/STAR☆ANIS

M04.恋するみたいなキャラメリゼ/れみ・えり





   。  。
  / /  
 ( Д )


  スポポポポーン!(5時間ぶり4回目)

あくまでファミリー回であるからこそ歌うことが出来るキャラメリゼであり、そのファミリー回でフルに歌ったからこそ、夜の大人回では無理だと思っていましたし、ほとんどの人がそう思っていたに違いありません。最初のMCでえりがここねちゃんでコールアンドレスポンスをしましたが、だからといってここでキャラメリゼが来るとは誰が予想していたでしょう。

そしてAメロで客席に向かってコールを要求したあまふわなでしこでしたが、いかんせん残念ながらこのNHKホールはピンチケの割合が多く、CDも出たばかりとあってそれについていける人がほとんど居ませんでした。

とはいえ、完璧とも言えるれみえりのパフォーマンス。

今回のMVPは誰がなんと言おうとこの2人で決まりでしょう。そしてやっぱりここでもキャラメリゼで号泣しました。


M05.右回りwonderland(short)/わか

M06.ミトレジャーノ(short)/わか・ふうり

M07.G線上のShining Sky(short)/わか・ふうり・れみ・えり

M08.Thrilling Dream/りすこ・ゆな

M09.真夜中のスカイハイ/りすこ


はぁ、もう最高かよ

参加した4公演通してステージから一番近い場所だったので、ただただひたすら演者に集中できて本当に楽しいひとときでした。


M10.prism spiral/ふうり

M11.マジカルタイム(short)/ゆな

M12.永遠の灯/れみ

M13.Take Me Higher/りすこ・れみ・ゆな

M14.Wake up my music/わか、ふうり


永遠の灯が初めてフルverでした。今まで硬くなにshortであり、だれもが今回もshortであることを疑わなかったことのこの仕打。会場全体がフルとわかり頭を抱えだした時の、れみのしてやったりの顔が今でも忘れられません。

そして僕のゆなは減量に成功していました。


M15.Kira pata shining(short)/えり

M16.アラビアンロマス(short)/えり

M17.オトナモード/もな

M18笑顔のSuncatcher/りすこ、もな

M19.Sweet Sp!ce/わか、ふうり

M20.オリジナルスター☆彡/るか


後半戦も休むことを許さないテッパン激アツセトリ。

ファミリー回と同じく風船が降ってわき、会場全体でビッグウェーブを作った笑顔のSuncatcher。一緒に歌って!の掛け声と共に大合唱となったオリジナルスター。おそらくフレンドで来るだろうと思っていたらまさかのわかふうり枠でのSweet Sp!ce。

オリジナルスターは左打席で完璧にライトスタンドに叩きこみましたし、本当にスタアニツアーのセトリは良い意味で裏切ってくれまs(ry

M21.輝きのエチュード/わか


( ゚д゚)


( ゚д゚ )彡



ウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン!!!!

わかさま、、いいや、いちごちゃん!!

わかさまでありいちごちゃん。いちごちゃんでありわかさまな姿がそこにはありました。

『あなたの温もりを感じているの』の歌詞のところで“あなた”を“みんな”に変えて歌ってくれたわかさま。

いちごちゃん担当としてプレッシャーはあったと思いますが、本当にツアーの最後まで中心となって支えてくれたわかさまに「ありがとう」という言葉を捧げたいと思います。

M22.ハッピィクレッシェンド/STAR☆ANIS

M23.ヒラリ/ヒトリ/キラリ/STAR☆ANIS

M24.KIRA☆Power/STAR☆ANIS

M25.カレンダーガール/STAR☆ANIS


ラストはもちろんカレンダーガール。アイカツのエンディングといえばやはりこれ。ラストの締めにふさわしい曲です。

アンコールではちょっとした論争が起こった結果、『スターアニス』の掛け声で綺麗に統一されました。


EN26.Good morning my dream/わか・ふうり・ゆな


アンコールでソレイユが出てきたらそれまで歌ってなかったダイヤモンドハッピーだと思うじゃん!!!

なにこれ、もうなにこれ!!

完全に125話を完全再現してるよね!?

そりゃ、わかさまも『アンコールでソレイユだからダイヤモンドハッピーだと思ったでしょ?(ドヤ顔』って言うはずですよ。

EN27.ダイヤモンドハッピー/わか・ふうり・ゆなfrom STAR☆ANIS

EN28.SHINING LINE*/STAR☆ANIS


ここでも踊りに若干の修正が入っていましたが、気にせず通常振りコピしてました。


WEN29.アイドル活動!/STAR☆ANIS

ダブアンではアイカツと言えばのアイドル活動。完全にりすこゼロズレだったのでここだけはりすこに全てを捧げてコールしていました。


・・・


・・




とまれ、アニメ125話で『ソレイユを続けることがソレイユにとっての夢』と言っていましたがあの言葉がここに来て本当に心に突き刺さります。現状、アイカツの歌唱担当は確実にAIKATSU☆STARS!にシフトしており、はっきり言ってスタアニに出番はありません。告知にしても2月の渋谷公会堂と今回のツアーが収録される円盤の情報とアプリ化くらいであり、ライブどころかイベント的なものすらないでしょう。

あったとしてもスターズ。けれどもそこでオープニングアクトやゲスト的な扱いでスタアニを出すことは決して出来ないでしょう。

スタアニ側もそれは察しているのでしょう。バトンを渡すと言いつつも、次という言葉を口にしています。アイカツ初期段階は低空飛行であり、“次”が無いことを自らの口から言わされるほどに、『続けること』に関して彼女たちは敏感です。

アイカツは続くでしょう。けれどもSTAR☆ANISが続くかというとおそらく違います。

『声優ユニットに一番大事なのは継続すること』

私が同人誌の中で述べている言葉ではあるのですが、この言葉がスタアニにも突き刺さるというのはなんとも皮肉な話です。


さておき、最高のパフォーマンスを魅せてくれたスタアニ。短くも長いツアーの中でひとつの輝きとなったSTAR☆ANISの完成形。けれども決して完了形ではないと信じて最後の締めにしたいと思います。

スポンサーサイト

スポンサードリンク
[2015.06.29(Mon) 21:40] イベントれぽTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← A応Pから小森 未彩、清水川 沙季の2名が卒業する | TOP | 戸松遥の集大成となる写真集『I may Me』 レビュー

COMMENT

COMMENT POST













コメントの編集や削除する時に必要です


管理者にだけ表示

 ← A応Pから小森 未彩、清水川 沙季の2名が卒業する | TOP | 戸松遥の集大成となる写真集『I may Me』 レビュー