2017.07 «  - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - » 2017.09
TOP > 豊崎愛生 デビューシングル発売
 ← スニーカー大賞受賞作品はこれだ!ザ・スニーカー12月号! | TOP | 化物語 第二巻『まよいマイマイ』感想

豊崎愛生 デビューシングル発売 

2009年10月31日 ()
すでに休刊してしまった雑誌、ヤングマガジンアッパーズに『全日本妹選手権!!』という漫画が掲載されていました。血の繋がったお兄ちゃんのことが大好きな妹達が登場する作品でひとつ間違えば大問題になってしまうものなのですが、やっている内容はオタネタばかりでお兄ちゃんもほとんど出ず、妹属性など欠片もない内容でした。

とはいえ、その内容も宮崎ア○メの声優起用に文句を言ったり、堀江由衣が堤さ○かに似ていると言っていたりと違う方向で問題ではあったのですけど・・・。

さておき、そのアッパーズに『イヌっネコっジャンプ!』という漫画が掲載されていました。ヘッドフォン少女と童貞大学生のドタバタ生活を描いたラブコメで、主人公の女子高生のブルマを枕に装着させて使うという変態性が素敵な作品。ヘッドフォンを装着しているときは傍若無人な態度なのにヘッドフォンをはずすとおとなしくなるヒロインもなかなかに良いものでした。

連載終了後、アッパーズにて『おとぎのまちのれな』が掲載されます。
ふとしたことから発情してしまいそれを沈めるためにオナニーをする少女が主人公のこれまたラブコメでしたが、その基本プロットの所為でかなりエロいものに仕上がっていました。

その後、アッパーズが休刊したことでマガジンに移籍。『ケンコー全裸系水泳部 ウミショー』が掲載されました。エロを抑え目に、けれども露出は多めという少年誌の方向性を理解したこの作品はそこそこ人気作品となり、そしてアニメ化されました。

そして、そのアニメのヒロインに大抜擢されたのが、当時まったくの無名だった豊崎愛生さんでした。アニメのクオリティは低くはなかったものの、結果的に話題性、売り上げ共に爆死。豊崎愛生の知名度はそれほど上がることはありませんでした。しかしながらウミショーとあわせて放送された、ネットラジオは生天目仁美さんの力もあって非常にすばらしい内容となり一部の人の間に豊崎愛生という名前は印象深く残ったのでした。


ここで少し話題を外れてミュージックレインを持ち上げるお話。プロダクションエースの話の時に書いておかなければならなかったのですが、ラジオパーソナリティとしてのお話です。

レインを始めとした超若手クラスが叩かれる原因として下積み時代がない(もしくは養成所時代がない)ことが挙げられます。下積み時代の経験がない→先輩方の演技を見て勉強する機会がない→だから演技が下手という単純すぎる3段活用があるからなのですが、これは別段演技に限った話ではなくどのような仕事に対してもそうですし、そしてパーソナリティとしての枠でも同じことが言えます。

言わずもがなですが、昨今のドル声優にラジオはひとつのステータスです。アイドル声優だけでなく美少女ゲーム声優のラジオまでもが乱雑しているこの現状を見れば明らかで、ことドル声優の売り方という点ではアニメ以上のファクターであると私自身は考えています。だからこそパーソナリティースキルというものは非常に大切で、演技と同様に育て方が難しいのですが、レインはこれもまた、非常にうまく育て上げました。まぁ、パーソナリティーの育て方はマニュアルが出来ているのでそれに当てはめればいいだけであって、プロダクションエースみたいに新人3人をいきなりラジオに放り出すほうがおかしいのですけど・・・。


09102801.jpg


とまぁ、久しぶりにグダグダと前置きを書いたところで本題に入りますが、豊崎愛生さんの1stシングルが発売されました。ほっこりという言葉が良く似合う曲調ではあるものの、正直上限2000だと思っていたのですが、オリコンデイリー9位という結果となりました。とはいえ、昨今のオリコンなどまったく当てになりませんので、数字が出るまでは手放しで喜ぶべきではないのでしょう。

09102802.jpg

ちなみにヤフオクではCD発売記念イベントの握手会整理券が1万超えしています。けいおん効果によるところが大きいとはいえ、立派になられました。

そういえば、今年ブレイクする声優を今年の初めに予想したのですが、見事に外してしまいました。戸松クラスのブレイクは無いと言って置きながらそれ以上の活躍っぷりを見せた豊崎さんのことを欠片も予想できていない体たらく。

何かもうダメダメですね。

09102803.jpg

なにはともあれ、全然レビューになっていない豊崎愛生デビューシングルCD話でした。


スポンサーサイト

スポンサードリンク
[2009.10.31(Sat) 17:47] 声優Trackback(0) | Comments(2)
↑TOPへ


COMMENT

by アルピ
グダグダと前置きステキですよ。
テレビCMも結構流れていて、作業中でも
思わず見てしまいます。

2009の振り返り楽しみにしてます。

管理人からの返信です by 管理人@くりゃーど
>>アルピさん
まぁ、ぶっちゃけ前置きが本題だったりするのですけどね^^;

コメントを閉じる▲

 ← スニーカー大賞受賞作品はこれだ!ザ・スニーカー12月号! | TOP | 化物語 第二巻『まよいマイマイ』感想

COMMENT

グダグダと前置きステキですよ。
テレビCMも結構流れていて、作業中でも
思わず見てしまいます。

2009の振り返り楽しみにしてます。
[ 2009.11.01(Sun) 05:18] URL | アルピ #- | EDIT |

>>アルピさん
まぁ、ぶっちゃけ前置きが本題だったりするのですけどね^^;
[ 2009.11.02(Mon) 22:01] URL | 管理人@くりゃーど #q0fimlRY | EDIT |

COMMENT POST













コメントの編集や削除する時に必要です


管理者にだけ表示

 ← スニーカー大賞受賞作品はこれだ!ザ・スニーカー12月号! | TOP | 化物語 第二巻『まよいマイマイ』感想