2017.08 «  - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.10
TOP > マチアソビVol.3 イベントレポート~1日目~
 ← マチアソビVol.3 イベントレポート~2日目~ | TOP | 「マチアソビvol.3」を記念してJR徳島駅で記念入場券が発売

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


マチアソビVol.3 イベントレポート~1日目~ 

2010年05月04日 ()
machiasobi3-0103.jpg

マチアソビVol.3に行ってきました。

1回目、2回目と参加して大満足で終わり、回し者かと思う程にこのブログ上でも取り上げた徳島県での大型アニメイベント。今回もその名に恥じないイベントでした。

machiasobi3-0102.jpg

JR徳島駅では『劇場版 空の境界』、『テイルズ オブ シンフォニア 』、『ヘタリア』のデザインがされた3種類の限定記念入場券を発売されるいうことでJR徳島駅には早い段階から行列が出来ていました。

販売は10時30分からなので9時頃行けばいいかなぁ、とか思っていたのですが、ツイッター上でかなり早い段階から並んでいるとのツイートを見たので、8時前くらいに並ぶことに・・・。今回はツイッターで交流のあるirispicaさんと一緒にマチアソビに参加したのですが、販売前の待ち時間でずっと声優について喋っていました。

すっげぇ楽しいの

や、ネット上で繋がりのある人とも基本的に声優話で盛り上がることはあるのですが、その内容が飯塚雅弓さんという私の声優オタ人生のど真ん中ストライクの話題だったのが、本当に素晴らしかったのですよね。今では私の中での格付けが戸松遥さんに成り代わっていますが、それでもやっぱり飯塚雅弓さんは私の人生を支えるパーツの一部なのです。

これ以上は完全に脱線するので終了しますが、そんな感じで非常に有意義な時間を過ごしながら待っていると、駅構内から歓声とざわめきが・・・

machiasobi3-0104.jpg

販売開始のテープカットをする小野坂昌也さんと小西克幸さんが登場したのでした。

なんというかね、黄色い悲鳴が凄い。

2回目の時で女子パワーは理解していたのですが、それでもやはりその凄さを再確認。

machiasobi3-0105.jpgmachiasobi3-0106.jpgmachiasobi3-0107.jpg

記念きっぷはこんな感じ。空の境界は阿波踊りバージョン、シンフォニアは四国バージョンとなっております。


すでにヤフオクにさっくり出されていたり、駅を出ると反日教組団体がチラシを配っていたり、右翼が演説していたりと、若干ろくな事もありませんでしたが、それでもこういう記念に残る物というのはそれはそれで、いいことだと思います。

ちなみに、先のチラシには大分県が名指しで批判されていました。別に日教組をかばうつもりはさらさらありませんが、こいつらは死ねばいいと思う。

その後、つきねこのトークショーに参加。

マチアソビ1回目以来の再上陸になる坂巻学さんが参加したのですが、割と普通に下ネタで面白かったです。

収録の途中で阿久津加菜さんを呼ぶ「あくっちゃーん」という声がしたので何気なくその声がした方向を見るとなんと小野坂昌也さんと小西克幸さんが通り過ぎてめちゃくちゃ驚きました。というか、ゼロ距離で観ることが出来てちょっと感動していたり・・・。


収録が終わり昼食を取っていたところ、ツイッター上でDNEの偉い人と坂巻さんが客を交えての雑談をしているとのツイートを見かけたので慌てて戻ると、坂巻さんを交えてラジオのコーナーでやっているネタで盛り上がっていました。とりあえず後方から眺めていると、ムチャぶりをさせる人を探すDNEの偉い人と目が合ってしまいました。

・・・

・・



そんなわけでムチャぶりをされるハメになる私・・・。


お題は「なんでもベスト3」というある事象に対するベスト3を答えるというもの。お題と、私がどういう回答をしたかについては、ブログと言う枠ですら割と普通にNGが出てしまうので割愛しますが、あのような無茶振りでも間髪入れずに答えるつきねこの皆さんは本当に凄いです。

というか、あんなお題を一般客に出す坂巻さんは普通に鬼だと思います。

そして通常のスケジュールに戻り、15時からつきねことMOSAIC.WAVの公開録音があったのですが、その後に控える小野坂昌也さんと小西克幸さんのトークショーの為に女子比率が物凄いことになっていました。2回目の近藤隆さんの比ではないです。後ろの方で控えてるMOSAIC.WAVファンの集団が可愛く見えるくらいです。まぁ、この集団が真価を発揮するのは次の日のMOSAIC.WAVのライブなのでここで弄ることはしませんが・・・。

そしてつきねことの公録が終わると初日のキモである小西、小野坂両名のトークショーが・・・

つきねことMOSAIC.WAVがはけると同時にわれ先にと前のほうに詰め寄る女子たち。なんというか、1回目のマチアソビの豊崎愛生さんの光景と一緒でした。

普段は相容れない人種ですが、この辺をみると普通に同類項だということがわかります。

で、このトークイベントなのですがめちゃくちゃ面白い。

そりゃアワードでパーソナリティー賞も取るはずです。トーク内容は割愛しますが、次のマチアソビがあればお野坂さんが眉山を登るなんて話もでました。それが叶うと嬉しいですね。

トークイベント終了後、私はすぐにはけてつきねこの一人である市来光弘さんの一般客とのKOF大会に向かったですが、そこでもなんと楽屋(?)に戻る小野坂さんと小西さんに遭遇しました。余韻に浸る女子たちは本当に勿体無いことをしたと思います。

ゲーム大会では市来さんだけでなく、つきねこメンバーもKOFをしてお客さんと触れ合ってたり、その隣ではサイン会が開かれていたりで、いつものつきねこらしくアットホームなイベントでした。こういうゼロ距離での触れ合いができるのは、本当につきねこだけではないでしょうか。善し悪しはあるかもしれませんが、それでも私はつきねことこのようなイベント形態を支持したいと思います。

最後に二日目にあるつきねこ組のライブのリハーサルを観覧して一日目が終了。

文章力が無いので伝えたいことの半分くらいしか書くことが出来ませんでしたが、このマチアソビというイベントは本当に素晴らしいイベントだと思います。声優だけでなく、他にも様々なイベントがあり、興味がない人でも楽しめ、興味がある人はもっと楽しめる。普段褒めない私が言うと本当に回し者にしか見えませんが、それでもこのマチアソビと言うイベントは全国に誇れるオタクなイベントだと思いました。

二日目、三日目のレポートもあるので締めに入るとあれなのでここで切り替えますが、本当に素晴らしくも楽しいマチアソビ一日目でした。


二日目に続く・・・
スポンサーサイト

スポンサードリンク
[2010.05.04(Tue) 07:33] イベントれぽTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← マチアソビVol.3 イベントレポート~2日目~ | TOP | 「マチアソビvol.3」を記念してJR徳島駅で記念入場券が発売

COMMENT

COMMENT POST













コメントの編集や削除する時に必要です


管理者にだけ表示

 ← マチアソビVol.3 イベントレポート~2日目~ | TOP | 「マチアソビvol.3」を記念してJR徳島駅で記念入場券が発売
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。