2017.09 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - » 2017.11
TOP > Angel Beats! 第12話『Knockin' on heaven's door』
 ← 『AngelBeats!』DVD/BD第1巻発売!! | TOP | 『電撃G's Festival! DELUXE Vol.7』付録のクドフィギュアは今度もエロかった

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


Angel Beats! 第12話『Knockin' on heaven's door』 

2010年06月20日 ()
ab!12-01.jpg


わからない、わからない言ってる奴なんなの?


これで理解出来ないとか単に読解力がないだけだろ。ただちょっと脚本が普通に糞だっただけじゃんよ。


ab!12-02.jpg

本当にCDを売るための存在でしかなかったガルデモがボーカル二人が居なくなったことでさくっと成仏したために、ここにきて成仏の定義がまた曖昧になってきました。いや、定義としては満足したら成仏という定義で正解だとは思うのですが、自ら成仏の取捨選択が出来ると言うのが本当に不毛。結局音無の演説が語られることはなかったし、ガルデモも音無の演説とか割と関係なしに逝っちゃったし・・・。

頑張って考えたラスボス予想も今となっては本当に無駄。SSSの誰かがラスボスとかそんなことは全く無く、結局ラスボスは無しという結果になりました。最も、後出しジャンケンになりますが、SSSのラスボス予想は私の中では全くの皆無でしたので途中でそこまで憤慨するほどでもなかったのですが・・・。

ab!12-03.jpg

最終決戦で音無達と共闘すべく現れるSSSメンバー。この辺は予定調和なので特に何もありません。ただ、哀しいかな恋姫を見た後だと、どうにも軽く見えてしまうのが難点。今までの積み重ねのなさというのが如実に現れています。ここにきて中途半端に笑いを取り入れてくる松下五段の激やせギャグもマイナスポイント。松下五段の途中参加は予想出来ましたが、だからと言ってこういった形でサプライズを見せる必要は無いと思う。予想出来る王道はそれを貫くことで王道以上の評価を得ることができると言うことを今一度知ってもらいたい。というか、この辺は監督が口出しすべき所だろうに・・・。

ab!12-04.jpg

ゆりに武器を託してチャーも成仏しました。ゆりにしてみれば、いくら武器をくれたからと言って目の前で成仏されても困るのですが、こいつらは自分が良ければ他人のことなど、どうでも良いのでしょうか。

ab!12-05.jpg

小休憩をとるゆり。奏にたいして、もっと早く気づいていたら友達になれたかもと一人呟きます。

いやいやいや

あなた、割と早くかなでが天使じゃないってことに気づいていたでしょうに。というか、早く奏に今までのことを謝罪しろ。話はそれからだ。


そんなことを考えているとゆりっぺさんが影に取り込まれてしまいました。

ab!12-06.jpg

ごく普通の学園生活を送るゆり。授業を受けて友人とくだらない話をして、そして恋をして・・・。普通だからこそ幸せでもある。生前に悪夢のような体験をしたゆりにとっては羨ましくもあり、眩しくもある。次に生まれ変わるときはこんな生活をゆりは送ることでしょう。


けれどもそれはゆりではない。

記憶も失い、性格も変わる。それはもう別の人間であり、ゆりである必要はない。

ab!12-07.jpg

ゆりにとってたった一度の人生。

押し付けることも

忘れることも

消すことも

踏みにじることも

笑い飛ばすことも

美化することも

何もできないありのままの残酷なゆりの人生。

大好きな妹たちを目の前で殺された無慈悲な人生。受け入れるしか無い、彼女にしか受け入れることが出来ない人生。だけど、彼女は受け入れることは出来ない。だからこそ戦う。そんな残酷な人生を与えたのが神という存在ならば神と戦う。自分の人生だけではない、大好きな妹や弟の人生をも滅茶苦茶にされたのだから。

ab!12-08.jpg

あやうくNPCに取り込まれてしまいそうになったゆりでしたが、ゆりの想いを受信した奏達の助けによって現実世界(と言っては語弊がありますが)に戻ってきました。ひょっこり天使ちゃんはともかくゆりっぺの太股はもっと評価されてもいいと思うんだ・・・


ab!12-09.jpg

なんかもう光の翼とか普通に装備している天使ちゃん達が影を引きつけている間にゆりがギルド最深部に作られていた第二コンピュータ室へと向かいます。そこには大量のパソコンと一人の男が存在していました。

皆が予想したとおりにポッと出の新キャラがラスボスかと思われたのですが、この男はエンジェルプレイヤーというソフトを作り出した何者かによって生み出されたプログラムで作られただけの存在でした。エンジェルプレイヤーはこの世界のマテリアルを作成、改変するためのソフトであり、ゆりたちが土から武器を作るのと同様の原理らしいのですが、ギルドのあれは現実世界の記憶を元に作られるのであって、この世界の理で作られたエンジェルプレイヤーとは矛盾するような気もするのですが・・・・。


影が現れている現状について問いただすゆり。


ab!12-10.jpg

「世界に愛が芽生えました」




00-09.jpg

まさしく愛だ!!



00-10.jpg

愛!?


せっちゃん懐かしいね。


この世界に愛があってはならない。この世界で愛が芽生えれば満たされた気持ちになってすぐにでも消える。けれども愛が芽生えたのであれば、この世界に居続けたいと願います。奇しくもユイの成仏回に突っ込んだではありませんか、日向の告白を受けたユイはどうして日向のいるこの世界に残りたいとは思わなかったのかと・・・。


その矛盾こそが今回のバグであり原因。過去に愛を知った男が出ていってしまった彼女を待ち続け発狂し、そして耐えることができなくなってNPC化するプログラムを作成した。その彼こそが唯一のNPC化された人間。高松の存在がさっくり忘れ去られていますが、気にしたら負けなのでしょう。


ここに辿り着いたゆりに対して男はエンジェルプレイヤーの主導権を渡そうとします。製作者は否定した楽園の存在を肯定するか否か。この世界に不満を持つゆりにとってその申し出は喉から手が出るほどのものです。


ab!12-11.jpg

天使なんて目じゃない、なんでも思うがまま。そう私は新世界の神に

ab!12-12.jpg

なりませんでした。


ゆりが仲間を想う愛。

言いたいことは判らんでもないのですが、ゆりが仲間を想う描写というものがあまりに稚拙だったのでやはり説得力に欠けます。というか、先週までは音無視点だったのに今週になってゆり視点というのが大問題。


ab!12-13.jpg

妹達を想う姉とは別に仲間を想う感情を抱いてしまったゆりっぺさん。仲間への愛をおぼえたことで、成仏条件を満たした彼女はこの度めでたく成仏・・・・・


ab!12-14.jpg

しませんでした。



スポンサーサイト

スポンサードリンク
[2010.06.20(Sun) 15:06] Angel Beats!Trackback(2) | Comments(8)
↑TOPへ


COMMENT

by -
ギャグも戦闘もシリアスもまだ恋姫の方が上に思えた。
期待が大きすぎたのがいけなかったかな。とりあえず最終回に期待

by -
うわーこれはあれるなww
信者発狂期待

by -
毎回チョコチョコ入ってくるギャグのりが寒すぎる。
信者にはおもしろいのか?

by -
万が一の逆転ホームランあるかなって見てたんだけどやっぱり駄目だった

久しぶりに1クール見続けたアニメがこんなんだなんて・・・

by -
このアニメが売れる事実こそホラー

つうか by か~な
彰、自重www

管理人からの返信です by 管理人@くりゃーど
>>※1774さん
私も恋姫の方がアニメの出来としては全てが上回っていると認識しています。。
確かに製作者側が自らハードルを上げすぎたというのはあるかもしれませんが。。

>>※1775さん
そこまで影響力のあるブログじゃないので
大丈夫ですよ。。

>>※1776さん
お心遣いありがとうございます。
今のところそういう人はいないみたいです。。

>>※1777さん
私は鍵っ子ですが、
あのギャグはほとんど受け付けませんでした。。

>>※1778さん
まだあと1話残っていますよ!
web予告見た限りでは期待できませんが・・・。

>>※1782さん
でも悲しいことに売れてしまうのですよね。。
売り上げ=面白さではないことは重々承知なのですけど。。

>>か~なさん
石田さんは売れすぎているが故に
もはや石田彰としか認識できないのがつらいですね。。

by if
第12話を視聴しての感想は、くりゃーど氏に全面同意です。
肯定派やアンチのブログやスレを幾つか見ましたが、私的には氏の批評が一番的確で適切と感じました。
(よいしょの意図はありません、あしからず)

いきなりのガルデモ成仏然り、SSSメンバーの共闘然り、武器屋(?)のチャー成仏然り。

『ゆりっぺの太股』は、もっと早くに出すべきだったと思います。

『世界に愛が芽生えました』は、もう許してあげましょう。高松のNPC化の件も。

ただ、エンジェルプレイヤーを手に入れたら神になれる的な描写には、「???」です。
「エンジェルプレイヤーはこの世界のマテリアルを作成、改変するためのソフト」
であるならば、何故その程度の代物で神になれるのか?
私には天使ちゃんの護身用プログラムという認識しかないのですけど……。

ゆりが成仏しなかったのは、一応(?)メインヒロインなので、最終話まで登場させるべきと『まえだ』氏が(誰かの助言で?)気づいたからではないでしょうか?

あと気になったのが、ゆりがいつの間にか立華かなでのことを『かなでちゃん』と呼んでいた事。
ついこの間まで敵対していたのに、唐突に『ちゃん』づけ。違和感ありまくりです。
『Track Zero』に何かしらの描写があるのでしょうか?

さて、最終話の視聴を、期待すべきか否か。

コメントを閉じる▲

 ← 『AngelBeats!』DVD/BD第1巻発売!! | TOP | 『電撃G's Festival! DELUXE Vol.7』付録のクドフィギュアは今度もエロかった

COMMENT

ギャグも戦闘もシリアスもまだ恋姫の方が上に思えた。
期待が大きすぎたのがいけなかったかな。とりあえず最終回に期待
[ 2010.06.20(Sun) 15:19] URL | #- | EDIT |

うわーこれはあれるなww
信者発狂期待
[ 2010.06.20(Sun) 18:24] URL | #- | EDIT |

毎回チョコチョコ入ってくるギャグのりが寒すぎる。
信者にはおもしろいのか?
[ 2010.06.20(Sun) 19:08] URL | #- | EDIT |

万が一の逆転ホームランあるかなって見てたんだけどやっぱり駄目だった

久しぶりに1クール見続けたアニメがこんなんだなんて・・・
[ 2010.06.21(Mon) 01:28] URL | #- | EDIT |

このアニメが売れる事実こそホラー
[ 2010.06.22(Tue) 10:48] URL | #- | EDIT |

彰、自重www
[ 2010.06.22(Tue) 20:08] URL | か~な #LkZag.iM | EDIT |

>>※1774さん
私も恋姫の方がアニメの出来としては全てが上回っていると認識しています。。
確かに製作者側が自らハードルを上げすぎたというのはあるかもしれませんが。。

>>※1775さん
そこまで影響力のあるブログじゃないので
大丈夫ですよ。。

>>※1776さん
お心遣いありがとうございます。
今のところそういう人はいないみたいです。。

>>※1777さん
私は鍵っ子ですが、
あのギャグはほとんど受け付けませんでした。。

>>※1778さん
まだあと1話残っていますよ!
web予告見た限りでは期待できませんが・・・。

>>※1782さん
でも悲しいことに売れてしまうのですよね。。
売り上げ=面白さではないことは重々承知なのですけど。。

>>か~なさん
石田さんは売れすぎているが故に
もはや石田彰としか認識できないのがつらいですね。。
[ 2010.06.24(Thu) 19:25] URL | 管理人@くりゃーど #mfp4U/NQ | EDIT |

第12話を視聴しての感想は、くりゃーど氏に全面同意です。
肯定派やアンチのブログやスレを幾つか見ましたが、私的には氏の批評が一番的確で適切と感じました。
(よいしょの意図はありません、あしからず)

いきなりのガルデモ成仏然り、SSSメンバーの共闘然り、武器屋(?)のチャー成仏然り。

『ゆりっぺの太股』は、もっと早くに出すべきだったと思います。

『世界に愛が芽生えました』は、もう許してあげましょう。高松のNPC化の件も。

ただ、エンジェルプレイヤーを手に入れたら神になれる的な描写には、「???」です。
「エンジェルプレイヤーはこの世界のマテリアルを作成、改変するためのソフト」
であるならば、何故その程度の代物で神になれるのか?
私には天使ちゃんの護身用プログラムという認識しかないのですけど……。

ゆりが成仏しなかったのは、一応(?)メインヒロインなので、最終話まで登場させるべきと『まえだ』氏が(誰かの助言で?)気づいたからではないでしょうか?

あと気になったのが、ゆりがいつの間にか立華かなでのことを『かなでちゃん』と呼んでいた事。
ついこの間まで敵対していたのに、唐突に『ちゃん』づけ。違和感ありまくりです。
『Track Zero』に何かしらの描写があるのでしょうか?

さて、最終話の視聴を、期待すべきか否か。
[ 2010.07.07(Wed) 01:02] URL | if #- | EDIT |

COMMENT POST













コメントの編集や削除する時に必要です


管理者にだけ表示

Trackback


影との戦い!そして、ゆりの卒業! ラスボスはとっても美形! 松下五段も実は美形?(*゚д゚*) 影を生み出したラスボスの正体は、愛を失った...
[ 2010.06.20(Sun) 21:17 ] 空色きゃんでぃ

Angel Beats!(エンジェルビーツ)ですが、ヴォーカルを失ったガルデモの他のメンバーも消えることになります。音無が立会いますが、直井は「下々のお見送りご苦労様です」と言い、日向と口論します。音無たちが大量の影と闘うなか、ゆりっぺはギルドを探索中です。(以下...
 ← 『AngelBeats!』DVD/BD第1巻発売!! | TOP | 『電撃G's Festival! DELUXE Vol.7』付録のクドフィギュアは今度もエロかった
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。