2017.05 «  - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - » 2017.07
TOP > 『AngelBeats!』DVD/BD第2巻レビュー
 ← 『真・恋姫†無双 萌将伝』フラゲ組により愛紗のイベントが無いことが判明で本スレ阿鼻叫喚 | TOP | 世紀末オカルト学院Episode.02『文明の到来』

『AngelBeats!』DVD/BD第2巻レビュー 

2010年07月20日 ()

abbd02-01.jpg


『AngelBeats!』DVD/BD第2巻が発売されました。


abbd02-03.jpgabbd02-02.jpg

基本的にツンデレのスタンスを貫く私ですが、ことエンジェルビーツに限っては最後までデレることはないと思います。


abbd02-04.jpg

特典として『Angel Beats! The Making~ 創り手たちの肖像~』というかんなぎの二番煎じ的なものが収録されており、のっけから、麻枝准を大々的に褒めるナレーションが入っています。というかこのころは本当に皆がABは良い作品になると心底思っていました。


abbd02-05.jpg

開始5分くらいは皆が麻枝、麻枝と持ち上げて心底ウザったいですが、そこを乗り切れば岸監督を中心としたインタビューやメイキング映像になります。

とはいえ、作画枚数自慢やアクションシーンやライブシーンに力を入れている、お客さんの目が肥えているといった、見ているものを軽くイラつかせる言動がありますのでご注意ください。

abbd02-06.jpg

第7話での岸監督と制作スタッフとのやりとりで、水面の質感について議論がされています。


全面的に言えることなのですが、製作側と視聴者側の需要と供給が一切噛みあってないんですよね。


それこそ第7話とか作画に関する話題など一切出ておらず、いつもの麻枝病とかAパートとBパートの整合性の無さとか、直井を受け入れているくせに天使を拒否ってる矛盾とかそういうストーリー的なものに文句をつけられていたんですよ。

ぶっちゃけ言えば、水面が粘液質っぽいとか心底どうでもいいのです。


それなのに、ワケの分からないところにこだわりを入れる。TTは体育館の床に反射するパンツを描くほどにこだわりを見せていましたが、こだわるならそのくらいまでやる必要があり、中途半端な作画のこだわりはいらないのです。


メイキングの中で岸がしゃしゃり出て交流をとか言っていましたが、だからダメだったんじゃないの?って正直思ってしまいます。TTにCANAANと二作だけですが、作画に関しては上位に位置する会社にはなっていたから、脚注の描写とかそこに意見を言うならまだしも作画関係に関しては手ぶらで良かったのではないかと思います。

そしてこちらが修正前と修正後の場面比較

abbd02-07.jpg

・・・・・で?


こんなどうでもいい場面の修正に限り有る時間をかけたのですか?


本当に使えない監督ですね。脚本にだけ口出ししとけよって言いたくなる・・・。



音楽関係
abbd02-08.jpg

この辺に関してはこれといってケチを付けるような所はないので、普通に楽しめました。



ライブパートの参考資料として撮られた実写ライブ映像。

abbd02-09.jpg

実写を元にライブ映像を仕上げるのであれば、アニメだと動かなくなるから動けという支持は本当に訳がわかりませんし、アニメならではの躍動感を見せたいのなら、それもまた実写映像で余計な動きは不必要だと思うのですが、当方は素人なのでよくわかりません。

私が言えることは、ライブ作画に関してはエンジェルビーツは今後一切語られないであろうと言うことです。


abbd02-10.jpg

役者たちが出てくるエピソード2は第7巻に収録予定とのことです。


スポンサーサイト

スポンサードリンク
[2010.07.20(Tue) 23:49] Angel Beats!Trackback(0) | Comments(10)
↑TOPへ


COMMENT

……ああ、これが原因か by かーな
演奏シーンがウソくさい原因がよく判りました。

……動き過ぎなんですよ。
ハルヒの学祭やけいおんのライブシーンはちゃんと静があるんですが、ABの演奏シーンにはキメとなる静がないんです。
静がないから、ウソくさくなる。
ランティスとか、上層部にバンド出身者がいる会社が関わってたら間違いなく制作に注文が出るレベルの仕事ですね。
これなら、マクロス7の書割のバサラのほうが良い動きしますよ。

管理人からの返信です by 管理人@くりゃーど
>>かーなさん
実写に近いバンドシーンをと狙った結果がこれなんでしょうね。。
アニメなんだから、アニメならではの表現だったり演出をする必要性が
あるのですが、何を勘違いしたのやら・・・

by -
どうして管理人さんはABのDVDとBDを買ってるんです?

管理人からの返信です by 管理人@くりゃーど
>>※1873さん
ABが好きだからですよ。。

by -
//>>※1873さん
//ABが好きだからですよ。。
今更(というか今日初めてここに来た)だが、ここまで説得力のない管理人の返信初めて見た。
流し読みでAB系全部読んだ感想。
作品一つたたくために時間だけでなくお金まで捨てた変わり者。しかも別段共感や批判のできるレベルにない、始めたから叩きに行っているテンプレかつ適当な批判ばっかり。
あげく、鍵っ子といいつつわざわざ鍵の過去作品まで引っ張り出しての批判。鍵のお家芸もギャグも知っていて、しかもその通りに展開したことへの批判。そもそも、しょっぱなからCLANNAD以下とか言いつつそのCLANNADのカテゴリーすらないですしね。2期の時期、既にここありましたよね?1期がなかったがいいわけで出てくるようでは、少なくとも敬虔なかぎっ子ではありませんしね。
あなた、鍵っ子じゃなく、鍵の作品わざわざやっては批判してる暇人の間違いでは?いろいろゲームのレビューサイト見てますが、普通鍵っ子は、少なくともお家芸くらい100も承知です。
はっきり言って、感想には先入観が入ります。特に終始一貫してその人の評価が変わっていない作品には、それが顕著に表れます。
それも、特に負の方向に限った話ではありません。まぁ、それくらい、名の売れた作品では信者とアンチが必ず相応数双方とも存在することからも容易に推測できる話ですが。
あなたの感想の入り方は、確実にアンチのそれで、しかも評価も終始変わっていません。いくら事前の評価が低くとも、本当に鍵が好きならこの感想の入り方にはならないでしょう。1話の感想にして、まったく先の挽回に期待する雰囲気が取れません。
人の感性はそれぞれ。鍵作品が嫌いなら嫌いで構いませんが、それならそれで、もっと有効に時間を使うことを強くお勧めします。まぁ、人を不快にするのが趣味だというのなら、それはそれで止めませんけどね。

管理人からの返信です by 管理人@くりゃーど
>>※2278さん
つーか、コメントなげーし、本当に今更だし、、、
鍵っ子だからってクラナド扱わないといけない理由があるのかな?
あと流し読み程度でガチ文句を言われても真面目に返す気も起きないのですけど・・・

まぁ、わざわざコメントを書きこんで人を不快にするのが趣味だというのなら、
それはそれで止めませんけども・・・

by -
//鍵っ子だからってクラナド扱わないといけない理由があるのかな?
ないですよ?でも、反論にその理屈が出てくる時点で…。
//あと流し読み程度でガチ文句を言われても真面目に返す気も起きないのですけど・・・
ガチで読めば真面目に返信返ってくるなら読むけど?ガチで読んでようがなかろうが、どうせ返す気ないでしょう?

管理人からの返信です by 管理人@くりゃーど
>>※2281さん
真面目に読んでくださってきちんと反論をくださるのであれば
私も誠心誠意を持ってコメントをお返ししますよ。。

by -
管理人が米欄でマジメに反論しないのは理由があってのことだと過去に...。ここは批判が多いみたいだし。
ただ僕みたいな閲覧者の批判が楽しみな人もいますよ

by -
//管理人が米欄でマジメに反論しないのは理由があってのことだと過去に...。ここは批判が多いみたいだし。
なるほど、詳しくは知りませんが、理由があっての行為なら、これ以上何か書いてムリに反論させるのも野暮ですね。
ならば、今回は素直にこちらから身を引かせていただきます。

コメントを閉じる▲

 ← 『真・恋姫†無双 萌将伝』フラゲ組により愛紗のイベントが無いことが判明で本スレ阿鼻叫喚 | TOP | 世紀末オカルト学院Episode.02『文明の到来』

COMMENT

演奏シーンがウソくさい原因がよく判りました。

……動き過ぎなんですよ。
ハルヒの学祭やけいおんのライブシーンはちゃんと静があるんですが、ABの演奏シーンにはキメとなる静がないんです。
静がないから、ウソくさくなる。
ランティスとか、上層部にバンド出身者がいる会社が関わってたら間違いなく制作に注文が出るレベルの仕事ですね。
これなら、マクロス7の書割のバサラのほうが良い動きしますよ。
[ 2010.07.22(Thu) 22:30] URL | かーな #eB8LGbjE | EDIT |

>>かーなさん
実写に近いバンドシーンをと狙った結果がこれなんでしょうね。。
アニメなんだから、アニメならではの表現だったり演出をする必要性が
あるのですが、何を勘違いしたのやら・・・
[ 2010.07.24(Sat) 17:33] URL | 管理人@くりゃーど #mfp4U/NQ | EDIT |

どうして管理人さんはABのDVDとBDを買ってるんです?
[ 2010.07.25(Sun) 00:07] URL | #- | EDIT |

>>※1873さん
ABが好きだからですよ。。
[ 2010.07.25(Sun) 18:11] URL | 管理人@くりゃーど #mfp4U/NQ | EDIT |

//>>※1873さん
//ABが好きだからですよ。。
今更(というか今日初めてここに来た)だが、ここまで説得力のない管理人の返信初めて見た。
流し読みでAB系全部読んだ感想。
作品一つたたくために時間だけでなくお金まで捨てた変わり者。しかも別段共感や批判のできるレベルにない、始めたから叩きに行っているテンプレかつ適当な批判ばっかり。
あげく、鍵っ子といいつつわざわざ鍵の過去作品まで引っ張り出しての批判。鍵のお家芸もギャグも知っていて、しかもその通りに展開したことへの批判。そもそも、しょっぱなからCLANNAD以下とか言いつつそのCLANNADのカテゴリーすらないですしね。2期の時期、既にここありましたよね?1期がなかったがいいわけで出てくるようでは、少なくとも敬虔なかぎっ子ではありませんしね。
あなた、鍵っ子じゃなく、鍵の作品わざわざやっては批判してる暇人の間違いでは?いろいろゲームのレビューサイト見てますが、普通鍵っ子は、少なくともお家芸くらい100も承知です。
はっきり言って、感想には先入観が入ります。特に終始一貫してその人の評価が変わっていない作品には、それが顕著に表れます。
それも、特に負の方向に限った話ではありません。まぁ、それくらい、名の売れた作品では信者とアンチが必ず相応数双方とも存在することからも容易に推測できる話ですが。
あなたの感想の入り方は、確実にアンチのそれで、しかも評価も終始変わっていません。いくら事前の評価が低くとも、本当に鍵が好きならこの感想の入り方にはならないでしょう。1話の感想にして、まったく先の挽回に期待する雰囲気が取れません。
人の感性はそれぞれ。鍵作品が嫌いなら嫌いで構いませんが、それならそれで、もっと有効に時間を使うことを強くお勧めします。まぁ、人を不快にするのが趣味だというのなら、それはそれで止めませんけどね。
[ 2011.01.12(Wed) 00:39] URL | #- | EDIT |

>>※2278さん
つーか、コメントなげーし、本当に今更だし、、、
鍵っ子だからってクラナド扱わないといけない理由があるのかな?
あと流し読み程度でガチ文句を言われても真面目に返す気も起きないのですけど・・・

まぁ、わざわざコメントを書きこんで人を不快にするのが趣味だというのなら、
それはそれで止めませんけども・・・
[ 2011.01.12(Wed) 00:53] URL | 管理人@くりゃーど #mfp4U/NQ | EDIT |

//鍵っ子だからってクラナド扱わないといけない理由があるのかな?
ないですよ?でも、反論にその理屈が出てくる時点で…。
//あと流し読み程度でガチ文句を言われても真面目に返す気も起きないのですけど・・・
ガチで読めば真面目に返信返ってくるなら読むけど?ガチで読んでようがなかろうが、どうせ返す気ないでしょう?
[ 2011.01.12(Wed) 01:11] URL | #- | EDIT |

>>※2281さん
真面目に読んでくださってきちんと反論をくださるのであれば
私も誠心誠意を持ってコメントをお返ししますよ。。
[ 2011.01.12(Wed) 01:37] URL | 管理人@くりゃーど #mfp4U/NQ | EDIT |

管理人が米欄でマジメに反論しないのは理由があってのことだと過去に...。ここは批判が多いみたいだし。
ただ僕みたいな閲覧者の批判が楽しみな人もいますよ
[ 2011.01.12(Wed) 01:38] URL | #- | EDIT |

//管理人が米欄でマジメに反論しないのは理由があってのことだと過去に...。ここは批判が多いみたいだし。
なるほど、詳しくは知りませんが、理由があっての行為なら、これ以上何か書いてムリに反論させるのも野暮ですね。
ならば、今回は素直にこちらから身を引かせていただきます。
[ 2011.01.12(Wed) 08:54] URL | #- | EDIT |

COMMENT POST













コメントの編集や削除する時に必要です


管理者にだけ表示

 ← 『真・恋姫†無双 萌将伝』フラゲ組により愛紗のイベントが無いことが判明で本スレ阿鼻叫喚 | TOP | 世紀末オカルト学院Episode.02『文明の到来』