2017.05 «  - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - » 2017.07
TOP > 雑誌『BLACKBOX MAX』に吉田豪が語る「アイドル声優」の記事が掲載
 ← 水樹奈々の太ももに注目!今週のFRIDAY!! | TOP | 世紀末オカルト学院Episode.10『暖炉のあかり』

雑誌『BLACKBOX MAX』に吉田豪が語る「アイドル声優」の記事が掲載 

2010年09月16日 ()
10091600.jpg

ブラックボックスマックスマックスという雑誌に吉田豪氏が語るアイドル声優の記事が掲載されていたので思わず購入しました。内容には平野綾さんのグータンヌーボでのあの事件から始まりアイドル声優について語られれています。

雑誌が雑誌なので以前の『ENJOY MAX』のようなものかと心配したのですが、なかなかどうして面白いです。てなわけで、面白そうなところをピックアップしつつ、私の意見を交えつつ記事内容を紹介したいと思います。


10091601.jpg10091602.jpg



相相手がビッチであればあるほど、そしてショックを受けたファンが減れば減るほど競争率が減って自分にチャンスが訪れるとポジティブに考えればいいのに、どうにも声優オタは打たれ弱すぎる。




確かにこれは言い得て妙です。しかしながら、表立って声を出している輩は基本的に打たれ弱い人種ばかりなので、今回の事件になっているのです。それこそ、倍率が下がったと喜んでいる人は恐らく影でほくそ笑んでいるのだと思います。そして大きな声で叩いている人の中にはこの祭りに乗じて騒いでいるだけの人種もいるということも理解する必要があります。もちろん、平野さんがビッチだと本気で思い込んで本気で叩いている素で気持ち悪い人種もいるからこそのこの騒ぎではあるのですけど・・・


アイドル声優とは、二次元のアニメキャラと三次元のアイドルの中間に位置する存在であり、生年月日の年を消すところから始まる特殊なビジネス。生身の人間らしさよりも実年齢とは関係ない「永遠の17歳」的キャラが求められるファンタジーの中のいきものだからこそ、普通のアイドルオタよりも相手に過剰な幻想を抱きがちになり、「騙された!」的な発想に陥りやすいわけなのだろう



始まりは恐らく80年代の第二次アイドル声優時代から始まっているのでしょう。それこそアイドル声優というよりもアイドル的な立ち位置であった声優がそうであり櫻井智を筆頭に現在のアイドル声優ですら若干引いてしまいようなことをさせられていました。おそらく処女性に対する拒否反応は今よりも酷いと個人的には思っています。


90年代に入ると『声優グランプリ』が発売されたりバブル期に突入。アイドル声優がジャンルとして定着し、とうとう水樹奈々が紅白に出場するまでになった




私が度々言っていますが、この時代の声優が第三次アイドル声優です。第二次アイドル声優のアイドル性を若干薄めて表舞台というか、声優ファンへと一歩踏み込んだ声優達。彼女らはルックスとエンターテイナー性が求められ、アニメ声優だけでないものが市場に求められてきました。基本的には76年黄金期に生まれた女性声優が中核を担っていたのでした。(過去記事参照


いや、もちろんボクも声優の音楽活動は大好きで、大槻ケンヂ、鈴木慶一、小西康陽、平沢進、戸川純といった曲者たちに楽曲をオファーしたり、カステラをカヴァーしたりと趣味丸出しだった宮村優子や、菅野よう子とのコラボレーションで音楽マニア誌でも高く評価された坂本真綾、原田知世ばりに無謀にもスウェーデンのタンバリンスタジオでレコーディングを敢行した飯塚雅弓の例を挙げるまでもなく、音楽的に面白いことをやっている声優はいくらでもいる。




吉田豪氏と対談するにはどうすればよいのでしょうか?


飯塚雅弓を出してくることにその本気度が伺えます。第三次アイドル声優を語る上で、飯塚雅弓、水野愛日、山本麻里安、水樹奈々と言ったパイオニア四天王は外すことは出来ません。4人が4人ともパイオニアLDCというスタートを切ったにも関わらず、ゴールしてみれば今のような結果になっている。第三次アイドル声優という縮図がこのパイオニア四天王には詰まっているのです。

「言うまでもなくルックスのレベルも過去最高レベルになってきているというか、もはや可愛くなかったら声優にはなれないんじゃないかって気がするぐらいだし、「実力派声優」とか呼ばれたらブスってことなんだろうなって思うほどだ




そして現在は第四次アイドル声優の時代に入っています。アニメ声優、ラジオパーソナリティ、音楽活動の三本柱を軸にして雑誌のグラビア、TV出演、写真集とまさに何でもござれという状態になっています。このアイドル声優の波がどこまで続くのか、このままアイドルとしての質を高めつつ押し切るのか、今一度声優という濃度を高めていくのか、まだまだアイドル声優という市場は開かれたばかりなのかもしれません。

・・・

・・



ごめんなさい、内容紹介というよりもいつもの声優テキストになってしまいました。



スポンサーサイト

スポンサードリンク
[2010.09.16(Thu) 22:49] 雑誌Trackback(1) | Comments(8)
↑TOPへ


COMMENT

by eiza
今回の論争?は、男子校の生徒がクリスマスに等身大ポップを持ってデートスポットを巡るようなノリでバカやっていたら、彼女を連れた共学校の生徒に真顔でツッコまれたような感じです。
声オタの大半は等身大ポップなんて所詮紙だと知りつつ全力ではしゃぎ、ドル声優もわかってそれに付き合う。
わりと平和な均衡が成り立ってたと思うんですが、吉田氏の記事に限らずどうも声オタは劣勢のよう。
ネットで非モテ文化が廃れても底辺の声優界は閉じられた男子校のままだと信じてたんだけどな。
ネタにマジレスばかりじゃ世知辛いです。

もうこの手の記事はいいって感じです by katase
騒いでるのは周りばかりでファンも綾ちゃん自身も置いてきぼりな感じ、第三者感覚で評論ぶる週刊誌の記事ももういいよ。


吉田豪さんらしいなぁ by やま
 吉田さんは取材対象を綿密に下調べするので有名ですが、声優に関しても細かいですね。アイドル声優の記事なのに、古谷徹や市原悦子まで引っ張り出すとは。
 個人的にツボなのは、「水樹奈々の間違ったロック観」と「桑島法子はヤバすぎる!」という部分。
 久々に彼の原稿を読んだけど、やっぱり吉田豪は凡百のライターとはレベルが違うなぁ。
 雑誌は読まないので、記事紹介をしてくれなければ見逃すところでした。ありがとう。

もう・・・ by 通り菅井
「グータン事件」はもう、放っといてやれよ。
ネタにしてもたかが知れてるし。

さすが、吉田豪さんと言うべきか。
以前、ラジオで坂本真綾さんについて語ってたし。
しかし、桑島さんはアイドル声優のグループでは無いような・・・まあ良いけど。

吉田さん、小学生の頃に「ガンダム」に嵌ったが、中2でパンクに目覚め、好きだったアニメ封印。
専門学生時代は反戦、反核、反オタクをベースにしたパンクバントをして、アニソンをパンク調に歌い、オタク批判して、大学の漫画研究会のクイズ大会に殴り込みをして、優勝と言う、有る意味真逆を生きてるのに、
何故にアイドル声優か?。
プロレスと並んで、アイドルも書いているので、アイドル声優の存在が無視出来なかったのか?。

「パイオニア四天王」か。まあ、それぞれの地位に居ますけどね。

でも、どうしてか、「マイケル・ジャクソンは生きていた!?」と言う見出しに目が行ってしまう。

吉田豪氏自体が by -
「アイドル声優という幻想」という幻想を抱いてしまっているので、ここからは何も生まれないって感じですね。それにしても笑うのが「間違ったロック観」というアレ。氏が思っている間違っていないロック自体も人工物だしまがい物なので、これは正当コレは間違ってるってのも違う気がするんだけど。

by -
ビッチなら競争率減る(キリッ
最近日本ではヤリマンマンセーが異常に増えてるけど
フェミニストのロビー活動がよほど活発なんだろうね
ほんまでっかTVでロシア人にすら日本の女は股がゆるすぎって
思いっきり馬鹿にされてたけど

あと○○はロックだ××はロックじゃないなんて
海外でこんなこと言ったら馬鹿にされることすらなく完全スルーされるレベル

管理人からの返信です by 管理人@くりゃーど
>>eizaさん
ドル声優もまだ開かれたばかりの市場ですからね。。
大きな動きはニーズにとっては、あまり良いものでは
ないのかもしれません。。
まぁ、極少数なのでしょうけど・・・

>>kataseさん
まぁ、今回の記事に関しては、あーやの件は
導入部に過ぎませんから、そこまで
否定するものでも無いと思いますよ。。
この手の物にしては珍しく、煽ってばかりの内容でもないですし。。

>>やまさん
恥ずかしながら私は吉田氏を初めて知ったのですが、
そのセンスには脱帽です。。
このへんのセンスは是非とも見習いたいものです。。

>>通り菅井さん
彼もまた守備範囲が広いのですね。。
やはりその手の幅広い知識があるからこその、
こういう書き手なのでしょうか・・・

>>※2087さん
ある程度の主観は仕方ないでしょうね。。
どっちかに意見を置いていないと、こういう事を
書く事は出来ませんし。。

>>※2092さん
ヤリマンマンセーというか、しょじょ厨の声が異様に
デカイからそう聞こえるのだと思います。。

どうして吉田豪は by -
ここまで「スゴイ」と絶賛されるのか、理解できない。

「吉田豪はスゴイ」といわないと、わかってない感が醸されてしまう。
だから、とりあえず「スゴイ」と言っておく
……みたいな連中も少なくない印象。

レベルの低いライターがいるのは事実だが、
このレベルの記事をかけるライターだって
数多く存在しているのも、また事実。
吉田のネームバリューで評価が底上げされているだけのような。

記事は後半、論旨や展開が雑になってきている。
正直、吉田の記事の中では出来のよくない部類。

世渡り上手、日和り上手な吉田豪。
それも才能のウチなんだろうが、過大評価されすぎ。

コメントを閉じる▲

 ← 水樹奈々の太ももに注目!今週のFRIDAY!! | TOP | 世紀末オカルト学院Episode.10『暖炉のあかり』

COMMENT

今回の論争?は、男子校の生徒がクリスマスに等身大ポップを持ってデートスポットを巡るようなノリでバカやっていたら、彼女を連れた共学校の生徒に真顔でツッコまれたような感じです。
声オタの大半は等身大ポップなんて所詮紙だと知りつつ全力ではしゃぎ、ドル声優もわかってそれに付き合う。
わりと平和な均衡が成り立ってたと思うんですが、吉田氏の記事に限らずどうも声オタは劣勢のよう。
ネットで非モテ文化が廃れても底辺の声優界は閉じられた男子校のままだと信じてたんだけどな。
ネタにマジレスばかりじゃ世知辛いです。
[ 2010.09.17(Fri) 05:35] URL | eiza #53XLvETc | EDIT |

騒いでるのは周りばかりでファンも綾ちゃん自身も置いてきぼりな感じ、第三者感覚で評論ぶる週刊誌の記事ももういいよ。

[ 2010.09.17(Fri) 06:08] URL | katase #EGTCt1XI | EDIT |

 吉田さんは取材対象を綿密に下調べするので有名ですが、声優に関しても細かいですね。アイドル声優の記事なのに、古谷徹や市原悦子まで引っ張り出すとは。
 個人的にツボなのは、「水樹奈々の間違ったロック観」と「桑島法子はヤバすぎる!」という部分。
 久々に彼の原稿を読んだけど、やっぱり吉田豪は凡百のライターとはレベルが違うなぁ。
 雑誌は読まないので、記事紹介をしてくれなければ見逃すところでした。ありがとう。
[ 2010.09.17(Fri) 08:45] URL | やま #- | EDIT |

「グータン事件」はもう、放っといてやれよ。
ネタにしてもたかが知れてるし。

さすが、吉田豪さんと言うべきか。
以前、ラジオで坂本真綾さんについて語ってたし。
しかし、桑島さんはアイドル声優のグループでは無いような・・・まあ良いけど。

吉田さん、小学生の頃に「ガンダム」に嵌ったが、中2でパンクに目覚め、好きだったアニメ封印。
専門学生時代は反戦、反核、反オタクをベースにしたパンクバントをして、アニソンをパンク調に歌い、オタク批判して、大学の漫画研究会のクイズ大会に殴り込みをして、優勝と言う、有る意味真逆を生きてるのに、
何故にアイドル声優か?。
プロレスと並んで、アイドルも書いているので、アイドル声優の存在が無視出来なかったのか?。

「パイオニア四天王」か。まあ、それぞれの地位に居ますけどね。

でも、どうしてか、「マイケル・ジャクソンは生きていた!?」と言う見出しに目が行ってしまう。
[ 2010.09.18(Sat) 00:25] URL | 通り菅井 #- | EDIT |

「アイドル声優という幻想」という幻想を抱いてしまっているので、ここからは何も生まれないって感じですね。それにしても笑うのが「間違ったロック観」というアレ。氏が思っている間違っていないロック自体も人工物だしまがい物なので、これは正当コレは間違ってるってのも違う気がするんだけど。
[ 2010.09.21(Tue) 20:49] URL | #tQ725RIE | EDIT |

ビッチなら競争率減る(キリッ
最近日本ではヤリマンマンセーが異常に増えてるけど
フェミニストのロビー活動がよほど活発なんだろうね
ほんまでっかTVでロシア人にすら日本の女は股がゆるすぎって
思いっきり馬鹿にされてたけど

あと○○はロックだ××はロックじゃないなんて
海外でこんなこと言ったら馬鹿にされることすらなく完全スルーされるレベル
[ 2010.09.25(Sat) 02:17] URL | #- | EDIT |

>>eizaさん
ドル声優もまだ開かれたばかりの市場ですからね。。
大きな動きはニーズにとっては、あまり良いものでは
ないのかもしれません。。
まぁ、極少数なのでしょうけど・・・

>>kataseさん
まぁ、今回の記事に関しては、あーやの件は
導入部に過ぎませんから、そこまで
否定するものでも無いと思いますよ。。
この手の物にしては珍しく、煽ってばかりの内容でもないですし。。

>>やまさん
恥ずかしながら私は吉田氏を初めて知ったのですが、
そのセンスには脱帽です。。
このへんのセンスは是非とも見習いたいものです。。

>>通り菅井さん
彼もまた守備範囲が広いのですね。。
やはりその手の幅広い知識があるからこその、
こういう書き手なのでしょうか・・・

>>※2087さん
ある程度の主観は仕方ないでしょうね。。
どっちかに意見を置いていないと、こういう事を
書く事は出来ませんし。。

>>※2092さん
ヤリマンマンセーというか、しょじょ厨の声が異様に
デカイからそう聞こえるのだと思います。。
[ 2010.09.25(Sat) 18:17] URL | 管理人@くりゃーど #mfp4U/NQ | EDIT |

ここまで「スゴイ」と絶賛されるのか、理解できない。

「吉田豪はスゴイ」といわないと、わかってない感が醸されてしまう。
だから、とりあえず「スゴイ」と言っておく
……みたいな連中も少なくない印象。

レベルの低いライターがいるのは事実だが、
このレベルの記事をかけるライターだって
数多く存在しているのも、また事実。
吉田のネームバリューで評価が底上げされているだけのような。

記事は後半、論旨や展開が雑になってきている。
正直、吉田の記事の中では出来のよくない部類。

世渡り上手、日和り上手な吉田豪。
それも才能のウチなんだろうが、過大評価されすぎ。
[ 2011.05.07(Sat) 16:04] URL | #- | EDIT |

COMMENT POST













コメントの編集や削除する時に必要です


管理者にだけ表示

 ← 水樹奈々の太ももに注目!今週のFRIDAY!! | TOP | 世紀末オカルト学院Episode.10『暖炉のあかり』