2017.10 «  - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - » 2017.12
TOP > PCfanの表紙にノりにノってる竹達彩奈さんが登場!
 ← NHKウイークリーステラの表紙に“アニソン界の歌姫”水樹奈々が登場! | TOP | ヨスガノソラ 第05話「ヤミアキラカニ」

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


PCfanの表紙にノりにノってる竹達彩奈さんが登場! 

2010年11月04日 ()

10110301.jpg


PCfanの表紙に竹達彩奈さんが登場しました。

OVA『kiss×sis』のキャスト発表時には「誰だよ!」と総突っ込みを受けていた竹達さんですが、けいおんの中野梓役を皮切りに全国区となり、今年の後半は花澤さん並の当たり年声優となりました。

ラジオでの変態性に加え、雑誌インタビューでのM発言と現状のアイドル声優市場のニーズに合致したキャラクター性はまさに王道であり、今年のアイドル女性声優を語る上でなくてはならない存在です。

10110302.jpg


6月時に行ったアンケートでは竹達さんを挙げる意見が多数あったように年間通してみても今年ブレイクした声優はちと早いかもしれませんが、竹達さんで決まりでしょう。

そんなあやにゃんこと竹達さんでも出過ぎた杭はへし折られるという女性声優の人気が出るとよくあるいつものパターンを辿っていました。この辺は本当に不毛な議論であり正直書くのも面倒臭いですし、私自信もどちらかというとゆっこ寄りなのですが、それでも竹達さんが無駄に叩かれる最近の状況は見ていて辛いものがありますので、サラッと軽くテキストです。


10110303.jpg


基本的に、戸松、豊崎叩きと一緒の流れではあるのですが、ひとつだけ決定的に違うところは、一極集中してしまうところです。

レインの場合はスフィアだったり、事務所だったり、はたまたファンだったりと叩きが各所へ拡散するのですが、竹達さんの場合はそういった拡散場所が無いため、叩かれ方が非常に目立ってしまいます。もちろんレインの坊主憎けりゃ袈裟まで憎いという理屈も普通に考えて気持ち悪いですし、傾向が違ったところで叩かれている方にしたら理不尽この上ないので、割とどうでもよかったりするのですけど・・・。


とまれ、あずにゃん初登場時には戸松でなくてよかったと安堵していた人たちが今度は出過ぎだと戸松と同じ理由で批判する。


毎度いつもの流れではあるのですが、本人にとってもファンにとっても理不尽で不毛な世界だと思います。


ラジオでのキャラクター性はある程度受けがいいので、もうしばらくは竹達さんの時代が続くかなと思うのですが、個人的にはそんなに長くはもたないかなと考えていたりもするのでよくわかりません。

スポンサーサイト

スポンサードリンク
[2010.11.04(Thu) 22:51] 雑誌Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← NHKウイークリーステラの表紙に“アニソン界の歌姫”水樹奈々が登場! | TOP | ヨスガノソラ 第05話「ヤミアキラカニ」

COMMENT

COMMENT POST













コメントの編集や削除する時に必要です


管理者にだけ表示

 ← NHKウイークリーステラの表紙に“アニソン界の歌姫”水樹奈々が登場! | TOP | ヨスガノソラ 第05話「ヤミアキラカニ」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。