2017.08 «  - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.10
TOP > 今年活躍した声優2010
 ← Angel Beats! 第14話『Stairway to Heaven』 | TOP | ハートキャッチプリキュア第44話で花咲薫子がキュアフラワーに変身!

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


今年活躍した声優2010 

2010年12月21日 ()
年始に今年活躍する声優2010と題して予想をしてみましたが、結果はどのようになったのでしょうか。先の記事を参照しつつ振り返ってみたいと思います。

・ミュージックレイン

言わずもがな。

全国ツアーも終わり武道館ライブも成し遂げ、そして年明けにはソロライブとスフィアとしてのレインは留まることを知りません。声優個人としても申し分のない実績が付いてきましたしもはや本当に語ることが無くなってきたような気がします。


・プロダクションエース

本気で日常に生存声優をぶつけてきました。まぁ、この辺は角川ということもあって、割と大勢の方が予想していたわけですが、それでも日常キャスト発表とほぼ同じタイミングでピンポイントに堀中さんがエースを離れるその所業はもうちっとどうにかならなかったのかと小一時間問いつめたいです。

ただまぁ、現状を見るとやはりエースの中心は野水伊織さんかなと個人的には思っています。『これはゾンビですか?』でメインヒロインが決まっている野水さん。アニメ自体は恐らくこけると思いますが、その中で何かを掴むことが出来れば来年のエース野水は安泰だと思います。

・響

ミルキィ一択。FRIPSIDEとしては南條愛乃さんも頑張っていましたが、ミルキィ関連の力の入れっぷりを見ると、どうしてもスルー出来ない存在です。レースクイーンから見事に成り上がった方や良心緑とかなり癖は強いのですが、それでも基本スペックはそれなりに高いものを持っています。

マチアソビで見たミルキィのライブやオーディションを見る限りでは力を入れたくなるのも理解できます。以前書きましたが、ラムズの良かったところを更に特化したグループ。それがミルキィホームズだと思います。


・マウスプロモーション

1回目のマチアソビでの講演会にて五十嵐裕美さんが来るとマウスの偉い人が言っていたように五十嵐裕美さんが頑張っていました。会長はメイド様での葵ちゃんはかなりハマっており、ライブで歌詞を忘れておろおろしている五十嵐さんからは想像もつかないものであり、役者なのだと再認識しました。

ただまぁ、以前も書いたようにマウスの戦略は地味すぎます。

つきねこはそれはそれで魅力的でありイン・ザ・プールのように割と本気で凄いこともしているのですが、現状のドル声優市場を見るとやはり若干難しい。

レインみたく派手に行けとは思いませんし、81みたく変化球勝負したら絶対駄目なのですが、それでもひとつ確実に三振を取れる決め球が欲しいところ。まぁ、それが五十嵐裕美さんだったり森谷里美さんだったりするのでしょうけども・・・。

・アイム・アーツ系

ツイッターアンケートでも票数を獲得したように今年のブレイク声優と言っても差し支えないであろう竹達彩奈さんが今年は大活躍でした。当初はあやにゃん、あやにゃんと持ち上げられていたものの後半は出過ぎと叩かれるようになるいつもの流れは人気ドル声優の歩む道なのでしょう。

そして、早見沙織さん、日笠陽子さんの大器晩成型コンビもしっかりと活躍していました。堅実な演技でその土台を着実に固めていっている早見さんはもとより、日笠さんもこの1年で大きく成長。ラジオでのはじけっぷりから芸人枠にカテゴライズされがちですが、なかなかどうして先の長い横道な役者だと思います。

・81プロデュース

なんだかんだ言ってLISPが頑張っていたと思います。阿澄佳奈さん人気にあやかるために組まれた感のあるLISPでしたが、蓋を開けてみればやっぱり阿澄佳奈人気でしかなく、他二名が致命的に霞んでいるような気がします。

というか、片岡あづささんはドル売り中心ではなく役者中心の仕事をするべきだと思います。イカ娘で棒がいるなと思えば片岡さんでミルキィホームズでソニアが棒だと思ったらやっぱり片岡あづささんだった時の衝撃は忘れることは出来ません。声質は非常に良いものを持っているので、役者スキルを身に付けることが一番の課題だと思います。

・青二

青二を支える若い世代と言われていた白石良子さんや野中藍さんが若干の低空飛行を見せる一方で伊藤かな恵さんや佐藤聡美さんのジュニア組が台頭してきました。そしてこれに斉藤佑佳さんを加えた三藤が今年の青二だったと思います。

ただ歌手活動に関しては私個人で言えばやっぱりNGで今は着実に役者としてのスキルを身に付けることとラジオパーソナリティとしてファンを獲得するだけでいいのだと思います。売り上げだったり長い目で見ての歌手活動は視野に入れておらず、個人CDを出せばイベント関連がやりやすいから出しているだけなのでしょうけども。

・スペースクラフト

平野綾さんが話題にはなりましたが、その一方で明坂聡美さんも何かと活躍していました。錬金ぽか~んにGAる~んと平野綾さんとの抱き合わせで売ろうとしたにもかかわらずパッとしなかった明坂さんでしたが、ここに来てツイッターを通してですが花が開いたように思います。ブレイクした声優という観点で言えば私は明坂さんに一票を投じたいと思います。


・大沢事務所

言わずもがなの花澤香菜さんと井口裕香さんです。長らく川澄能登政権が続いたように今後もやはり花澤井口の時代であり堅実な仕事っぷりを見せてくれることでしょう。あまりにも堅実すぎるために書いても面白くないので大沢枠はこの辺で。

・シグマ・セブン

歌手活動で一番というか唯一成功しているのがやはり水樹奈々さんであり今年のメディア進出も十分すぎるほどに成功していました。プリキュアという強いパイプも出来たことだし掛け値なしに水樹さんは安泰だと思います。

そのかわり他の若手が若干蔑ろになっているのかなというのが正直な感想。その年どしによって出演作品数が大きく増減する声優の枠に収まっている井上麻里奈さんはそれほど心配ではないのですが、他に時間を割ってもいいと思います。

というか、大亀あすかさんをプッシュしろ


・バオパブ

ソラノヲトで金元寿子さんが来るかと思いきやところがどっこいイカ娘でした。今年ブレイクする声優としてソラヲトだけでは心もとないので挙げなかったのですが、まさかまさかのイカ娘ということで、本当に何がきっかけで知名度が上がるか本当にわからない世界だと思います。

あとはバカテスにひだまりに出演した原田ひとみさんでしょうか。


・その他

悠木碧さんは言わずもがなとして、小見川千明さんが頑張っていたという印象を受けます。マカ棒と言われていた小見川さんでしたが、彼女もまた良い棒の部類に入る人でした。あの特殊ボイスも色々と需要がありそうですので、経験を積めば来年、大当たりするかもしれません。



※参考:
今年活躍する声優2010(ブログ内)
今年活躍している声優~2010上半期~(ブログ内)


スポンサーサイト

スポンサードリンク
[2010.12.21(Tue) 22:01] 声優Trackback(1) | Comments(3)
↑TOPへ


COMMENT

by 音声おしさん
伸びる人がいれば、その分凋む人もいるのはいつの世でも言えることですが、年初との比較で見ますと、ハルヒ以降維持されてきたG6(堀江・田村・坂本・平野・水樹・茅原)という構図にも綻びが生じた年になったといえます。平野さんの大迷走は言わずものがなですが、残り5人が30の坂を越えた今、来年はこの構図も一気に変化していくのではないでしょうか。

個人的には絶対にそうなってほしくないのですが、本記事で上げられた面々の中で、最も有力なのはあいなまなのでしょう。あと有力なのは団地妻さんと粗末さん(黒い人はノンタイの実績がないので評価不能)、本当に嫌になりますね。

男性陣に目を向けても神谷浩史が好発進のCDデビュをする一方で、鈴村健一が長期低落傾向を脱することができず、結婚で大打撃を蒙った宮野真守は完全に不人気声優の集団に埋没しました。

安定の時代が続いた後の激動は歴史において幾度も繰り返されてきたことであり、評論家と称する連中を気取って安易に激動という言葉を使いたくないのですが、来年はハルヒのあった06年以来の激動の年になる予感がします。

by 通り菅井
まあ、俺も明坂さんのプチブレイクには驚きですが。
スフィアは来年がキーですな。声優は5年毎に色々と起きて、今年がそうだった訳で、来年は今年の勢いを維持するか、それとも、AK○に潰されるか?。
しかし、声優アイドルの処○信仰を始め、アニメ、声優ファン(ヲタ)の保守的思想は何とか成らんか・・・?。

by ちほ
記事がつまらないのは今年の声優業界自体がつまらなかったからかねえ
アニメ自体もけいおんを多少引きずったくらいで目新しいムーブメントも起こらなかったし良くて安定(スフィア、花澤)。
竹達が面白い動きをしたくらいで特にサプライズなし。
前期は盛り上がりを感じたんだけどそれが後半不完全燃焼のままだった。
ニューカマーもほとんど居なかったなぁ。
東山奈央はプッシュする気満々で少し面白そうかな。
ミルキィは化石みたいな売り出し方でどうしようもない。
ブシロードと心中しとけば良いよ。
水樹は去年も何か大きな事(歌が話題になったからとか一般的な話題性)を成してから紅白に出たわけでなく
まだ紅白に出た事自体が話題の人でしかない時点でもう期待できない。

あと青二の斉藤さんは俺も期待してたが全然駄目だったじゃん。
三藤なんておこがまし過ぎるでしょ。まだ三上の方が今後に期待できる。
来年は津田さんなんてまったくノーチェックな所から出てきそうだし今後もどうなるやら。

あと大亀は来年春電波女と青春男で主役じゃないかなんで触れない?
まぁ全体的ないまいち感を来年に持越しして期待するしかないって感じか。

コメントを閉じる▲

 ← Angel Beats! 第14話『Stairway to Heaven』 | TOP | ハートキャッチプリキュア第44話で花咲薫子がキュアフラワーに変身!

COMMENT

伸びる人がいれば、その分凋む人もいるのはいつの世でも言えることですが、年初との比較で見ますと、ハルヒ以降維持されてきたG6(堀江・田村・坂本・平野・水樹・茅原)という構図にも綻びが生じた年になったといえます。平野さんの大迷走は言わずものがなですが、残り5人が30の坂を越えた今、来年はこの構図も一気に変化していくのではないでしょうか。

個人的には絶対にそうなってほしくないのですが、本記事で上げられた面々の中で、最も有力なのはあいなまなのでしょう。あと有力なのは団地妻さんと粗末さん(黒い人はノンタイの実績がないので評価不能)、本当に嫌になりますね。

男性陣に目を向けても神谷浩史が好発進のCDデビュをする一方で、鈴村健一が長期低落傾向を脱することができず、結婚で大打撃を蒙った宮野真守は完全に不人気声優の集団に埋没しました。

安定の時代が続いた後の激動は歴史において幾度も繰り返されてきたことであり、評論家と称する連中を気取って安易に激動という言葉を使いたくないのですが、来年はハルヒのあった06年以来の激動の年になる予感がします。
[ 2010.12.21(Tue) 23:03] URL | 音声おしさん #dcJU4M0Q | EDIT |

まあ、俺も明坂さんのプチブレイクには驚きですが。
スフィアは来年がキーですな。声優は5年毎に色々と起きて、今年がそうだった訳で、来年は今年の勢いを維持するか、それとも、AK○に潰されるか?。
しかし、声優アイドルの処○信仰を始め、アニメ、声優ファン(ヲタ)の保守的思想は何とか成らんか・・・?。
[ 2010.12.22(Wed) 15:03] URL | 通り菅井 #- | EDIT |

記事がつまらないのは今年の声優業界自体がつまらなかったからかねえ
アニメ自体もけいおんを多少引きずったくらいで目新しいムーブメントも起こらなかったし良くて安定(スフィア、花澤)。
竹達が面白い動きをしたくらいで特にサプライズなし。
前期は盛り上がりを感じたんだけどそれが後半不完全燃焼のままだった。
ニューカマーもほとんど居なかったなぁ。
東山奈央はプッシュする気満々で少し面白そうかな。
ミルキィは化石みたいな売り出し方でどうしようもない。
ブシロードと心中しとけば良いよ。
水樹は去年も何か大きな事(歌が話題になったからとか一般的な話題性)を成してから紅白に出たわけでなく
まだ紅白に出た事自体が話題の人でしかない時点でもう期待できない。

あと青二の斉藤さんは俺も期待してたが全然駄目だったじゃん。
三藤なんておこがまし過ぎるでしょ。まだ三上の方が今後に期待できる。
来年は津田さんなんてまったくノーチェックな所から出てきそうだし今後もどうなるやら。

あと大亀は来年春電波女と青春男で主役じゃないかなんで触れない?
まぁ全体的ないまいち感を来年に持越しして期待するしかないって感じか。
[ 2010.12.22(Wed) 22:50] URL | ちほ #HfMzn2gY | EDIT |

COMMENT POST













コメントの編集や削除する時に必要です


管理者にだけ表示

Trackback


1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/06/15(土) 22:32:09.14 ID:tBwStiMCP ?2BP(3545)KOBEぽっぷカルチャーフェスティバル、今年も開催 9月21日~23日に人気アニメが神戸に集結h...
 ← Angel Beats! 第14話『Stairway to Heaven』 | TOP | ハートキャッチプリキュア第44話で花咲薫子がキュアフラワーに変身!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。