2017.07 «  - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - » 2017.09
TOP > 魔法少女まどか☆マギカ 第07話「本当の気持ちと向き合えますか?」
 ← 『俺の義妹がこんなにエロいわけがない』 レビュー | TOP | 名塚佳織さん、結婚する

魔法少女まどか☆マギカ 第07話「本当の気持ちと向き合えますか?」 

2011年02月26日 ()
madoka07-01.jpg

ソウルジェムの秘密を聞かされて怒り狂うさやか。どうして教えてくれなかったとナマモノに問い詰めるのですが、ナマモノの回答は「訊かれなかったから」でした。


まさに詐欺師の言い分ですね。


なんでも願いを叶えることやそれと引き換えに魔法少女になることは訊きもしないのにペラペラと喋りやがったくせに都合の悪いことだけ訊かれないから言わなかったでは、たまったもんじゃありません。感性の違いという一言で済ましていい問題ではないのです。

前回、まどかがよりにもよって友達を放り投げたソウルジェムを投げ飛ばしてしまった時に「普段から身に着けておくからそうそう起こる事ではない」とは言いましたが、裏を返せば可能性がゼロではなく、そして魔法少女に直接的な危険性があるからこそこういうことは事前に話しておかなければならないのです。マミさんでさえ気づかなかったとか訳のわからん言い訳をされても困ります。

madoka07-02.jpg

さやかのソウルジェムに直接攻撃してソウルジェムの理論を体で直接教え込もうとするナマモノ。


まどかはいち早くこのナマモノを焼却処分するように願えばいいと思います。

madoka07-03.jpg

このドゥーユーアンダスタン?ってな感じのドヤ顔に本気で殺意を抱くのですけど・・・・。


確かにナマモノの言いたいことはわかります。直接痛みを感じないと言うのは魔法少女は敵と戦うのになぜ紙のような防御力のフリフリドレスを着込むのかという長年の謎の回答でもあります。

ぶっちゃけ理路整然です。


ただ・・・・



物事には順序ってもんがあるんじゃ、このクソムシが!!


madoka07-04.jpg

そしていまだに魔法少女にならないたぶん主人公のまどかは今日も今日とてウジウジしながらほむらちゃんに人生相談をしていました。

そしてまどかの口から「キュウベぇはどうしてこんな酷いことするの?」という言葉が出てきましたが、この言葉を吐いた以上、まどかが魔法少女になるのは本当に難しくなってきました。それこそ、暗黒面へと堕ちたさやかを救うために魔法少女となるくらいの大義名分がないと苦しそうです。

まぁ、そうなった場合「さやかちゃんを契約する前の人間に戻して」とお願いすれば、まどかが魔法少女になるだけで解決してしまうので、もう少しひねりはあるのでしょうけど。


なんにせよ、救いなのは願い事を言わなければ魔法少女になることはないということでしょうか。魔法少女にさせることが目的とはいえ、手続き上は願い事が優先されるので願い事が無ければ魔法少女になることも無いのです。


madoka07-05.jpg

人間を止めてしまったことでふさぎこんでいるさやかに杏子が接触してきました。三度の接触でしたが、今度は戦いではなくて何故か杏子が自分語りをおっぱじめました。


今度はこいつが死ぬのですか?

madoka07-06.jpg

父親の為に願い事をして魔法少女になった杏子。しかし結果的には家族を含めて不幸に陥ってしまったことで、彼女は自分自身のために魔法を使っていくことを選択しました。同じ過程で魔法少女になったさやかにも自分のためだけに魔法を使えとアドバイスをするもさやかはこれを拒否します。

自分のしたことに後悔はしない。これからも人の為に魔法少女であり続ける。もはや彼女の中の正義は揺るがないでしょう。あとは正義が暴走しないことを祈るだけです。


それと杏子さん。


りんごをぎっておきながら食べ物を粗末にするなと憤られても、体を張ったギャグにしか聞こえません。そりゃ、さやかも拒否しますよ。

madoka07-07.jpg

松葉杖つきではあるものの、なんとか登校するまでに回復した上條君は完全にさやかをスルーしていました。幼い頃からの友人であるのならば、何か一言くらいあってもいいのではないかな、上條君。さやかに同情するつもりはありませんが、流石にそれは不義理です。


そんな上條君の態度が伝わったのか、さやかも自分から上條君のところに行こうとはしません。そしてそれを見て仁美が動き出します。


「ずっと前から私、上條恭介君のことお慕いしてましたの」


NTRだー!!!


いやまぁ、前後の様子から見て仁美がさやかに発破をかけるために一芝居売ったのでしょうけど、いかんせんタイミングが悪すぎます。さやかはもう人間ではなくそして自分の為に魔法は使わないと決めた魔法少女なのです。


「恋したり遊んだりしてる暇もなくなっちゃうよ」


本当にマミさんは何でも良く知っています。何でもではなく、知っていることだけなのかもしれませんが、マミさんは本当に素晴らしい魔法少女でした。

そして仁美はさやかを後押しするためにああいうことを言ったのですよね?確かに4話で魔女に魅入られたという事柄もあるけど、まさか本気で寝取る気であんなことを言ったのではないよね?

脚本家が脚本家だから可能性はなくはないですが、そこはほらハートフル魔法少女なのですから多分大丈夫ですよ。ハートフルというかハートブレイクな魔法少女のほうが合ってはいますけど・・・。

madoka07-08.jpg


まどかの胸で想いをぶちまけるさやか。
そうしてすっきりした彼女は「もう大丈夫」と言って魔女狩りへと行くのでした。






madoka07-09.jpg

全然大丈夫じゃありませんでした。


スポンサーサイト

スポンサードリンク
[2011.02.26(Sat) 11:45] 魔法少女まどか☆マギカTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 『俺の義妹がこんなにエロいわけがない』 レビュー | TOP | 名塚佳織さん、結婚する

COMMENT

COMMENT POST













コメントの編集や削除する時に必要です


管理者にだけ表示

 ← 『俺の義妹がこんなにエロいわけがない』 レビュー | TOP | 名塚佳織さん、結婚する