2017.05 «  - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - » 2017.07
TOP > マチアソビvol.7 イベントレポート~そのさん~
 ← マチアソビvol.7 痛車展示紹介 | TOP | マチアソビvol.7 イベントレポート~そのに~

マチアソビvol.7 イベントレポート~そのさん~  

2011年10月13日 ()
machiasobi0703-01.jpg

クライマックスラン三日目。
そしてマチアソビ全体としてもこの日が最終となりました。

machiasobi0703-03.jpgmachiasobi0703-02.jpg

午前は特に何も無いため、フェイトのラッピングバスを堪能。

machiasobi0703-04.jpgmachiasobi0703-05.jpg

ちょうど、フェイトのドールを持っている人がいてご一緒させて頂きました。レポートへの掲載にも許可して下さり、本当に感謝です。


machiasobi0703-06.jpg


時刻はまだ午前であり時間もまだまだあるために、つきねこでお馴染みのDNEのブースへと訪れると山本綾さんと水野愛日さんが売り子をしていました。つきねこ3と町長選挙は購入していたのですが、TwinkleGirls関係のCDは購入していなかったので購入。

machiasobi0703-07.jpg

そして山本綾さんと水野愛日さんのサインをいただきました。



・・・


・・





え、なにこれ、めっちゃ嬉しい。

サインもそうなのですけど、水野さんとの会話の内容が飯塚雅弓さんですよ。


まなびーとまーちゃんの話をする。

恐らく私しか理解出来ないと思いますが、本当にありえないくらいに凄いのです!

そうですね、例えるならば、戸松ちゃんと豊崎の同棲事情について話すくらいに凄いのです!!


・・・


・・




この件については後日扱うとして、まなびーですよ。


名前が何故かペロペロ先生になっていることに疑問を抱きつつも、本当に素晴らしい時間でした。山本綾さんに至ってはえろえろ先生になっていますが、全然okですよ。


むしろ、扱いがいつもち○こネタでごめんなさいって言いたいくらいです。


付いてなくてごめんね」とか言われた気もしますが、きっと気のせいです。


もちろん、この場合の正解は


私「え?何が付いてないの・・・?」


綾姉「そ、それはその・・・アレが・・」


私「先生、馬鹿だからアレじゃよくわかんないよ?ほら、ちゃんと自分の言葉で言ってごらん」


綾姉「えと、その・・・お、おちんちんが・・・」


って言わせるのが大正解なのですが、いかんせん、私はヘタレ大明神なので土下座するしか出来ませんでした。

machiasobi0703-08.jpg

他にも阿久津加菜さんや坂巻学さんともお話をさせて頂きました。


いつも思うことですが、本当につきねこの皆様は温かくて居心地が良く、ついつい私も調子にのってしまいます。


machiasobi0703-09.jpg

そして午後になり、マチアソビ最終イベントの開始です。
トップバッターを飾るのはLiSAのライブ。

私もガルデモライブに参加したことのある身なのでわかるのですが、盛り上げ方がやはり上手で、そして盛り上がり方が尋常じゃないです。山頂に行くために少々早く離脱したのですが、ラストはABのcrow songで盛り上がったようですね。


山頂では俺妹の大反省会イベントに参加。

伏見先生が「全員孕ます」とか発言したり、電撃の三木さんがロウきゅーぶに対抗して「俺達はエロゲが大好きだ!」と会場全体に叫ばしたりと本当に酷かったです。

某まとめブログと言いつつ普通にやらおんのスクショを出してきたときには素で気持ちが悪かったですが、これがマチアソビでの俺妹なので、気にするだけ無駄なのかもしれません。


そしてそれが終わると個人的にこの日最大のイベントへ・・・・


そう、つきねこライブです。


MOSAIC.WAVさんのライブは俺妹の前なので、もちろん愚民の皆様はいなく、前方にいるのはつきねこクラスタ+αのみ。

今回は後方支援に回る人がほとんど、というか一人もいません。


しかし、ライブが始まると颯爽と現れる白帽子を被ったピンク野郎。


・・・


・・





そう、俺です。


いやだって、楽しいのだもの。

マウスプロ納谷さんのツイキャスを見たらお分かりになると思いますが、普通にいい曲ばかりであり、ライブで盛り上がるには本当に最高なのです。そりゃ、全力で支援するに決まっているじゃないですか。

なんか、前にも書いたような気がしますが、今回はそれ以上に頑張った。多分だけど、絶対にスフィアやミルキィ以上に厄介していた気がします。

けれども、その甲斐あってうどん屋のおばちゃんを店から引きずりだしてノリノリにさせることが出来ましたし、ライブが終わった後に「初めてだったけど、おかげで楽しく盛り上がることが出来ました」という感謝の言葉も頂きました。

更には、下山の為のバスの中で、俺妹とつきねこに興味があったから来たと言う会話も耳にしました。会話を聞くにその子は地元の高校生で若干遠いところから自転車でわざわざ参加したそうです。

それなのに俺妹イベではいい年こいた大人が孕ますとかエロゲーとか平気な顔して抜かしやがるから本当にクソですね、あいつら・・・。

閑話休題。
とまれ、今時の(と言っては失礼かもしれませんが)高校生とは思えぬほどに素直でピュアな心を持ち合わせた少年であり、彼のような子を是非ともつきねこファンとして囲いたいところです。なんだかんだ言って時代は進んでいるのです。私のようなオッサンではなく、彼のような新しい時代を担う子が今後のつきねこを支えていくのだと思います。

綺麗な顔立ちをしていたので、阿久津さんあたりにパックリ喰われないか心配ですけど・・・


そんなこんなで、最後は良い事を言うと見せかけてオチがひどい事になった私のマチアソビは終わりです。



マチ★アソビ vol.07 10/10参加レポート(内藤ブログ)



スポンサーサイト

スポンサードリンク
[2011.10.13(Thu) 21:55] イベントれぽTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← マチアソビvol.7 痛車展示紹介 | TOP | マチアソビvol.7 イベントレポート~そのに~

COMMENT

COMMENT POST













コメントの編集や削除する時に必要です


管理者にだけ表示

 ← マチアソビvol.7 痛車展示紹介 | TOP | マチアソビvol.7 イベントレポート~そのに~