2018.01 «  - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 - - - » 2018.03
TOP > CATEGORY > 声優
BACK | TOP | NEXT

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


2016年の新人声優レースを振り返る  

2016年12月18日 ()
・高橋李依(81プロデュース)

『それが声優!』がいい具合に糞アニメでしたので機会を逃したかなと思いきや魔法つかいプリキュアで波に乗ることが出来た声優のひとりだと思います。DIVEⅡ組がいるなかで81の新人として今年を走りきることが出来たことは十分評価できると思います。

・高田憂希(マウスプロモーション)

アニメ単体で見ればNEW GAMEの一発屋ではあるのですが、ナナシスだったりイベントごとでことあるごとに名前を目にした記憶があります。いずれどこかで書きたいと思っている昨今のイベンター事情においてマウスのなんでも屋3号に選ばれたことは良かったのか悪かったのか・・・

マウスに新たな鉄砲玉“秦佐和子”が入った今、無駄に消費されないか心配です。

・花守ゆみり(スワロウ)


気づいたらなんかいて地味に存在をアピールしている気がする花守ゆみり。新田ひよりとツートップで今後を背負っていくのかなと期待していたのですが、後者がいまいちまだぱっとしていないので彼女ひとりが抜け出ているように感じます。

ポニーキャニオンということで現在の声優市場とマッチングしていますし来年再来年は安定のゆみりとなるでしょう。

・今村彩夏(WITH LINE)

ここで挙げるよりは2017年の候補として上げたい今村彩夏ですが、ここで挙げとかないと次がなくなってしまう気がするのでとりあえず。三者三様、卓球娘と存在感は示すことは出来たので、1っぴょうを投じるところではあるのですが、そのウェイトがイベントというのは、ちょっとモニョるところではあるのですが。

・長縄まりあ(アイムエンタープライズ)

アイム、アーツ系の勢いが弱い中でよく頑張っていると思います。小澤亜李とのラジオでもうちょい上位に食い込んでも良い気はするのですが、アニラジ情勢が芳しくない今では無理のないのかもしれません。

・豊田萌絵(スタイルキューブ)

StylipSが順調に消滅していることはさておいて、伊藤美来にしろ彼女にしろ、なかなかどうしてしぶといです。個人的には田辺留依をもっと使えと言いたいところではあるのですが。

・鈴木絵理(俳協)

無理やり挙げている感がなくはないですが、何げに安定していたことも事実。

Trefleについては……これは別にいいか

・・・

・・



今年はじめの予想と比べてどうなっていたかなと見返してみたら、今年はじめの予想をしていなかったというオチに軽くショックを受けました。

来年はもう少しテキスト屋としての人生を歩みたいと思います。


スポンサードリンク
[2016.12.18(Sun) 00:27] 声優Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


新田恵海さん、「ヴァンガードG」の安城トコハ役を降板する 

2016年10月01日 ()
豊口めぐみさんが所属事務所81プロデュースのブログにて数年前に結婚していたことと今現在妊娠中であることを伝え、出産準備のために一時休養することを報告しました。

豊口めぐみから皆様へ

豊口めぐみです。
私個人の情報ツールを持ち合わせていないので、
事務所のブログをお借りして、ご報告いたします。

私事ですが、数年前に結婚いたしまして、ただいま妊娠中です。
出産準備のために、しばらくお仕事をお休みさせていただくことになりました。

各作品の関係者の皆さまにはご迷惑をおかけし、申し訳ございません。
お休みの期間は代役を立てていただき、戻れるようになり次第復帰いたします。

視聴者の皆さまには、変わらず各番組を楽しんでいただけますと幸いです!!
これからも応援をよろしくお願いいたします。

豊口めぐみ



第三次声優ブームを支え、アニラジを支えた女性声優がまた一人ご報告の波に乗ってしまいました。

当時の声オタも今の声オタも若い声優に流れる節操の無さをいかんなく発揮しているので特にこの世代がご報告したところで荒れ狂うとも思えませんが、なにが起きるのかわからないのが声優市場。わざわざ波風を立てる必要もないのかもしれません。

野村香菜子さんが26歳の若さでご報告をしましたが、アイマスミリオンの中でもことさら知名度が低い人なのでとくに騒ぎにならないだけであったりするので、『アイマスPは紳士』などというクソの役にも立たないゴミ以下の理論を振りかざすのは恥ずかしいから止めましょう。

オタクはどんな時代になろうとオタクであり過敏に反応する輩はいるのです。もちろんその逆もあるのですが、メリットよりデメリットですので叩きすぎてホコリが出ないことに越したことはありません。

第三次声優ブームでスタートダッシュを決め込んだもののハメ撮りAV流出疑惑で微妙なラインを走り続けてなんだかんだ生き残っているみやむーもいれば、軌道に乗り始めたところで、売れない下積み時代に副業で出演したAVがバレてさっくりクビになった石原絵理子さん(当時81プロデュース所属)もいますので日和ったレールに乗ることがなんだかんだで幸せなのかもしれません。

とはいえ、声優のアダルトビデオ出演などそうそうありませんし、ほくろの位置で特定されることも限りなくゼロに等しいことなのでごく普通に生活していれば炎上することも無いのでしょうけども…。

さておき、今までの話とは全くもって何の関連性もありませんが、新田恵海さんが『カードファイト!! ヴァンガードG』安城トコハ役を降板することを発表しました。

株式会社S

【新田恵海】

ご報告

平素より新田恵海にご声援を賜りありがとうございます。

この度、本人と協議した結果、新田恵海は9月末をもって「カードファイト!! ヴァンガードG」安城トコハ役を降板させていただくことと致しましたので、ご報告させていただきます。

引き続き、新田恵海を応援していただきますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。

株式会社S



余談ですが、管理人のいまオススメのAV女優は藤井くるみちゃんです。

引き続き、新田恵海さんを応援して行こうと思います。


スポンサードリンク
[2016.10.01(Sat) 00:48] 声優Trackback(0) | Comments(1) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

by 通り菅井
豊口さんは年齢的には結婚しても良いし。
えみつんは来年のミュージカルに備えてかなあ。でも本当の所はどうなんだろか?。

しかし、管理人さんも声優好きと言っておいて48Gにうつつを抜かして、かと言えばA応Pにいつの間にかアイカツ!おじさん。
しかしAV女優にはまって、久しぶりにブログ見たらワルキューレ。幅が広いのか節操が無いのやら・・・。
管理人おすすめの藤井くるみちゃん、検索しても大した情報無かったぞ。

コメントを閉じる▲

小倉唯さん、シグマ・セブンを退所する 

2016年01月03日 ()
あけましておめでとうございます。

昨年はアイカツに気を取られすぎて冬コミに落ちたアイドルのチェキを買ったりと声優考察系テキストをメインとする人としてどうなのという感じでしたが、心機一転今年はあの頃の牙を取り戻すべくコツコツとやっていきたいと思います。

さておき、昨年末に駆け込みで色々と面白い話題が入ってきており、何から取り上げたらよいのか迷ってしまいますが、なんといってもまずはこれでしょう。

ご報告:(小倉 唯オフィシャルブログ「ゆいゆいティータイム」)

そして私から、
皆さんにご報告があります。


私、小倉唯は、2016年1月1日より
株式会社クレアボイスさんで
お世話になることになりました。



ご報告の使い方がわかっていないクソ女ですね。

てめーがご報告するべきは彼氏との交際を声オタにカミングアウトすることであって声優としての不甲斐なさをシグマ・セブンのせいにする事ではないのだ

・・・

・・



2013年にスタイルキューブからシグマ・セブン系列にFA権を行使して移籍したわけですが、1年目は二桁勝利を上げたものの2年目は5勝止まりの不甲斐ない成績に終わりました。また防御率は……ってこれは元より期待出来ないのでよいのですが、奪三振のタイトル争いでevery♥ing!程度に食い下がられたことがマイナス評価ではありました。

というか、声オタを釣るという唯一無二の存在意義山崎エリイに奪われてしまっては元も子もありません。

それもあって3年目の2016年は動向に注目していたのですが、この度見事に移籍しました。もちろん二十歳の小娘が通算二度の移籍をするのは勇気も決断もいるでしょうし、今本当に心配すべきなのは石原夏織でしょう。

ただ、移籍先がクレアボイスというところに輝かしい未来が見えませんし、高い年俸払って小倉唯を獲得するなら久保ユリカを起用しろと小一時間説教したいところです。

とまれ、彼女自信がブログで言っているようにゆいかおりの活動は続くのかもしれませんし、齢二十歳だからこそのこの中途半端感は寛容されるのかもしれませんが、秋の空以上にオタクの心は移り変わりやすい市場になっています。

DD市場に救われているだけで本当に彼女の需要はそれほどあるのか。

どの程度先の未来を見据えての今回の移籍なのか。

その辺をはっきりさせた信念を持っていないとevery♥ing!はおろか上坂すみれさんに固定ファンをごっそり持っていかれる自体になりかねないことを彼女は覚えておくべきだと思います。

スタイルキューブで培われた光り物至上主義はそうそう変わらないとは思いますけども……。


参考(外部リンク):キングレコード所属女性声優のPPM分析 −小倉唯の今後をめぐって−


スポンサードリンク
[2016.01.03(Sun) 12:43] 声優Trackback(0) | Comments(1) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

by -
野川さくらのような未来が待ってそう…。

光り物至上主義って何ですか?

コメントを閉じる▲

2015年の新人声優レースを振り返る  

2015年12月26日 ()
今年の私はアイカツにすべてをささげた感があるので今年の声優市場がさっぱりわかりませんが、それでも爪痕を残すためにもこのエントリーは残したいと思います。

2年連続で冬コミ落ちたこともあってそろそろ引退の時期になりつつある気がしないでもないですが……。

・水瀬いのり(ソニー・ミュージックアーティスツ)

・加隈亜衣(マウスプロモーション)


いわゆるブレイクという意味ではなくて今年活躍した若手声優という枠でのこの二人。

そういう意味合いで去年から2年連続でのランクイン。ロリ枠としても非常に使い勝手がよくなった水瀬いのり。一本調子な小倉唯さんの完全な上位互換であるため、たちまちは心配ご無用の活躍をするでしょう。

そして経験を積むごとに安定度が増す便利屋かくまっくす。

良くも悪くもあたりさわりがないので、これからも使い続けられ、誰からも突っかかれることもなく活動していくと思います。加隈さんに関しては若手声優という枠も脱しているような気もしますね。

・朝井彩加(青年座映画放送)

正直ここからが非常に難しい。

私のアンテナがさび付いてしまったのか、はたまた今年はそういう年なのか。それともアニメ作品を主体に探すともう無理な時代に入っているのか。

アニメ作品をきっかけにブレイクした声優がいまいち浮かんできませんが、期待を込めて彼女に一票。いやまぁクソアニメでのエロボイス仕事がそれなりに股間に訴えかけただけではあるのですが。

・小澤亜李(アイムエンタープライズ)

順番こそここではありますが、私のなかで今年の新人(若手)声優レースで一人あげるとするならば彼女になるかなと思います。月刊少女野崎くんで割りと印象に残る演技をしていたので密かに期待はしていたのですが、及第点以上の結果を残したと思います。

来年も軌道に乗れば彼女の年になるかもしれません。

・上田麗奈(81プロデュース)

正直非常に微妙なところなのでまだ優芹澤を挙げた方がいくらかマシな気がしますが、だからといってDIVE II を甘やかすとろくでもないことになるので、もうちょいしっかりした時に彼女らは取り扱うことにしましょう。

・・・

・・



他にも高橋李依、大西沙織と挙げたくなる人が若干名いるのですが、来年以降でもっと大きく取り上げることを期待して今回は保留。そして冒頭にも書きましたが、今年は平野綾、戸松遥といった突発ブレイク型の新人がいなかったように思えます。この辺は特に毎年出ることはありませんし、若手は若手として着々と育っているので難しく考える必要はないのかもしれません。

とはいえ、良くも悪くもアイマスブーストはやっぱり邪魔としか思えなかったりします。

年間11回の関東遠征をした私が言うなって話ではありますが、人気コンテンツの尻馬にのってイベントに出てMVPかっさらって知名度を上げたところで、いまいち評価しずらいというのが本音です。

雨宮天はぎりぎりのラインでともかくとして、夏川椎菜、麻倉ももの声優としての成績ってそれほど高くないというか私の中では規定打席に到達してません。

アイドル声優のイベントカツドウに関してはここでする話ではありませんし、コミケに落ちたのでお蔵入りになるのですが、アイマス一本で食っていけるってわけでもないですし、イベントに出続ければ声優としてやっていけるって話でもないので、やはり「声優」という枠で私は評価していきたいし、考察していきたいです。

考察テキスト一本も書いていませんけども。


スポンサードリンク
[2015.12.26(Sat) 00:51] 声優Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


秦佐和子さん、10/1付でマウスプロモーションの所属となる 

2015年10月04日 ()
ご存知だとは思いますが10/1付で秦佐和子さんがマウスプロモーショに所属することとなりました。




プロ・フィットが本命と言われていましたが、蓋を開けてみればまさかの大穴マウスプロモーション。そこまで言うほど安定感があるわけではないですが、とりあえずは良しとしましょう。五十嵐裕美、加隈亜衣の経験則から今の時代に合った戦略を知らないわけでもないので、そこまで悲観するものでもないでしょう。

とはいえ、割食った阿久津加菜や何処に向かっているかわからない古木のぞみ、高野麻里佳、高田憂希という嫌な例もあるので、そこまで楽観視出来ないのも事実ですけども。

さておき、大沢事務所の佐藤亜美菜。アミュレートの仲谷明香、アクロスエンタテインメントの中西優香。そしてマウスプロモーションの秦佐和子とAKB0048に出演した彼女たちがこうして声優として新たな一歩を踏み出すこととなりました。

アイドル畑や役者畑からの転身は今に始まったことではないので特筆することはしませんが、声優になりたくてアイドルを卒業した彼女たちが、本格的に声優業に触れてどんな活動をするのかというのは本当に見ものだと思います。

言うて悪いですが、現状のアイドル声優市場はアイドル市場で行ってきた市場の劣化版でしかありません。CDを買わせて接近戦をさせる。それも抽選で……。

これが時代なのでいちいち言うことはしませんが、それでもここまで地下とドル声市場が近づくとは思っても見なかったわけではありませんが、近づいてほしくなかったとは若干の本音です。

とまれ、ペーペーなので仕事を選べる立場でもなく、深夜アニメ作品のイベントは今やつきものですので、そういった場には出てくる可能性のほうが高いでしょうし、秦さんなんかはすでにそんな感じで使われていますが、彼女達が思い求めていた声優業はどんなものだったのかワタクシ気にならなくもなくもないですね。


スポンサードリンク
[2015.10.04(Sun) 21:29] 声優Trackback(0) | Comments(1) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

by 通り菅井
とか言いながら心の中はニヤニヤでしょ?

コメントを閉じる▲

BACK | TOP | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。