FC2ブログ

2019.08 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - » 2019.10
TOP > CATEGORY > イベントれぽ
BACK | TOP | NEXT

【ライブレポート】AIKATSU☆STARS! アイカツ!スペシャルLIVE2015 Lovely Party!! 

2015年11月28日 ()
15112101.jpg

僕の抜け落ちた牙を返して。

Open↓


ただひたすらに気に食わない声優を叩いていたあの頃に戻りたいと思うワタクシです。

マチアソビのレポを書かないままに今回のレポを書くという行為が最低な事とは知りつつもあふれるパッションに素直になりたくキーボードを叩き始めた次第です。

11/21(土)、場所は中野サンプラザホール。NHKホールでSTAR☆ANISからバトンを受け取ったAIKATSU☆STARSがワンマンライブを引っさげてやってきました。

スタアニツアーではオープニングアクトとして大切な仕事をした彼女たちが今度はメインとしてステージに立つ。客観的に見ればスタアニで稼ぎ損ねた負け分ここで取り返すというだけであり特に深い意味は全く無いのですが、あかりちゃん世代の彼女たちがいちごちゃんと同等のステージに立つということに色々と思わないことはないわけで。

M01.Let's アイカツ!/AIKATSU☆STARS!

5か月ぶりのスターズ全員によるLet's アイカツ!。あの時とは違って前奏から3連MIXが聞こえてきますが、多分気のせいですし、すでにこの時点でテンションがマックスなので他人の行動など気にしたら負けです。

M02.約束カラット/みほ・ななせ

M03.はろー! Winter Love♪/みき

M04.Hey! little girl(short)/るか・もな


ファミリー回では約束カラットで、リサののペアが小指を絡めた時にみんなも隣のお友達と一緒に真似してねって言ってくれたのですが、夜の大人回では言ってくれませんでた。とはいえ、意識高い僕様は隣のオッサンと小指を絡めあっていましたけども……。

なんにしろ、みきみきは絶好調だし、みほななせの約束カラットはののリサ最高かよと言いたくなるしで本当にこの場所にいることができてよかったです。

M05.Du-Du-Wa DO IT!!/AIKATSU☆STARS!

芸能人はカードが命のBGMに合わせて再度登場するスターズの6人。


・・・

・・



   。  。
  / /  
 ( Д )


  スポポポポーン!(146日ぶり5回目)



プ、プ、プ、プ、プレミアムドレスだああああ!!!!!!!1



特別な意味を持つプレミアムドレスをあのスターズが着ています。言葉にならない喜びを演者だけでなく、私たちも抱いたことでしょう。特にあかりちゃん担当のるかはスタアニワンマンの時は唯一プレミアムドレスではなかったので彼女も言っていましたが喜びはひとしおです。


M06.リルビーリルウィン♪/るか・もな・みき

M07.ラブリー☆ボム/みほ

M08.Passion Flower/もな・みほ

M09.タルト・タタン/もな

M10.サマー☆マジック/みき・みほ

M11.Sweet Heart Restaurant(short)/みき


いやしかし、ダンスレベル上がってんなおい。

どれだけの練習をしたのでしょう。実際の3Dモデルとほぼ変わらないレベルで歌って踊る彼女たちがそこにはいました。

リルビーリルウィンではファミリー回でもなみきの楽器演奏に合わせて子供たちも演奏してねと言っていたこともあって、夜回では何も言われていないのに大きなおっさん達が好き勝手に演奏していました。

そして、もなのタルトタタン凄いね

キャラデザが発表されたときに初見でスミレちゃんにおちんちんが反応したし、今でもすみれちゃんの子宮を欲しているのですが、当初は歌唱担当がもなさんで大丈夫かなと心配したものです。

けれども蓋を開けてみればバッチリもなで正解なくらいにスミレちゃんがはまっていますし、スミレもなのタルトタタンが本当に素晴らしい。何よりもプレミアムドレスのスノープリンセスコーデがより一層彼女を引き立てます。


M12.薄紅デイトリッパー(short)/みほ

M13.Chica×Chica/みほ・ななせ・かな

M14.MY SHOW TIME!/ななせ

M15.エメラルドの魔法/もな

M16.LOVE GAME/もな・ななせ

M17.ハローニューワールド/るか・かな

M18.Blooming♡Blooming/るか


ユニット&ソロタイム。

MY SHOW TIME!のまつおかマジななせ!

踊りと歌のテンポが微妙に違うから二つを同時にこなすって割と難しいこの曲を見事にやってのけるななせマジ凛ちゃんです。今回のMVP。可愛いだけではないななせ意識高いみきみきのダブル受賞にしたいと思います。

Sweet Heart Restaurant、薄紅デイトリッパーともにショートバージョンなのがさびしい限りではありますが、えり、れみがそろう次回までお預けという形にしているのでしょう。

M19.恋するみたいなキャラメリゼ/AIKATSU☆STARS!

個人的には階段が開いてえりれみが二人並んで登場することを期待したのですが、その願いはかなうことなくスターズ全員の恋するみたいなキャラメリゼが流れてしまいました。

M20.魅惑のパーティー/るか・もな

先生怒らないから魅惑のパーティの振り付けを考えた変態は出てきなさい。

今回のダンス部門におけるMVPは間違いなくこれ。

あかりちゃんとスミレちゃんの絆というか、るかもなの絆というか。この2人だからこそ出来るパフォーマンスを見せつけてきた瞬間でした。

なにあのマイクパフォーマンス。先生、久々にライブ中におちんちん握るところだったよ

M21.ミエルミエール/かな

ミエルミエールのときの会場の「こんな曲あったっけ」という戸惑い感が今でも忘れることができません。子供回のハローニューワールドでは風船タイム&他メンバーがステージを降りてのハイタッチタイムだった為に子供が誰一人としてかなを見ておらず、せっかくのソロステージなのにただのBGMと化してしまうという今回のすべてにおいて割を食ったかなでしたが、ここ一番でしっかり爪痕を残しました。

M22.Poppin´ Bubbles/みき・みほ・ななせ・かな

M23.ロンリー・グラヴィティ/るか・ななせ


Poppin´ Bubblesではお馴染みの振り付け講座がありました。
最前に行ってしまうくらいに泳いだワタクシではありますが、リアルではかなづちで泳げません。

そして先週の今週でロンリー・グラヴィティをセトリに組み込むって鬼ですか。

M24.ラン・ラン・ドゥ・ラン・ラン!/AIKATSU☆STARS!

M25.Pretty Pretty/AIKATSU☆STARS!

M26.チュチュ・バレリーナ/AIKATSU☆STARS!

M27.Lovely Party Collection/AIKATSU☆STARS!


スターズが受け持っているラジオ番組「ラジカツの」のテーマソングであるラン・ラン・ドゥ・ラン・ラン!がみきみきの願いもあってタオル曲となりました。

スタアニもいい具合に良いとこ取りのライブでしたが、スターズもなかなかどうしてカオスで楽しいライブとなっています。

EN28.Good morning my dream/AIKATSU☆STARS!

ENM29.lucky train!/AIKATSU☆STARS!


gmmdで色んな想いがこみ上げてきてしまいますし、ラッキートレインがEXILEだったり汽車ポッポだったりで反則過ぎるのですけども……。3月はぜひともソレイユとルミナスでのgmmdを見てみたいものです。

WEN30.START DASH SENSATION /AIKATSU☆STARS!

ダブルアンコール後のMCではトップバッターのかなが泣き出し次のななせも泣いてしまったことで、私の涙腺も崩壊です。

スターズの良心みほは3人続けて泣いちゃうと進まないとわかったのかぐっとこらえていましたが、みきみきはそんなこと気にせずさっくり泣いちゃいました。

というかるかの涙はずるいです。彼女の口からスタアニという言葉が出てきたことですらやばいのに感極まって泣いちゃうとか、ワタクシの涙腺はもうガバガバですよ。

そして最後のお知らせではサプライズでスタアニが声だけ出演し、次回のアイカツフェス3daysの宣伝をしました。


・・・・


・・・


・・

すりーでいず・・・?

ファミリー回では3月20日にライブがあるよのお知らせとチラシではスタアニも出るよであり、昼にもらったチラシには夜のことが書いてなかったので、夜は夜で新しくチラシが刷られていることまでは予想していたのですが、まさか三日間ぶっ通しで開かれるとは予想外です。

僕のお気に入りの曲である新・チョコレート事件をギャルは歌ってくれるのか、えりれみゆなのヤンデレ三銃士によるAngel Snow(ぽわプリVer.)を聞くことができるのか。そして、わかりするかのLet's アイカツ!をもう一度回収することができるのか。

今からわくわくが止まりません。


Close↑


スポンサードリンク
[2015.11.28(Sat) 21:52] イベントれぽTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


【ライブレポート】STAR☆ANIS アイカツ!スペシャルLIVE TOUR 2015 SHINING STAR*【東京公演】  

2015年06月29日 ()
15062800.jpg

早く来てほしい。でもまだ終わって欲しくない。

そんな複雑な気持ちを抱いてやってきましたNHKホールですが、そうは言ってもコレが最後です。彼女たちはきっとSTAR☆ANISとしての集大成を見せてくれることでしょう。

15062804.jpg
15062803.jpg
15062802.jpg
Open↓


まずは昼のファミリー会。

オープニングアクト


OA01.Let's アイカツ!/AIKATSU☆STARS!

OA02.Lovely Party Collection(short)/AIKATSU☆STARS!

OA03.Poppin' Bubbles/みき・みほ・ななせ・かなfromAIKATSU☆STARS!


6人揃ってのスターズを見るのは何気に初めてなのですが、スタアニに負けず劣らず、よく出来たユニットであると思います。もちろんまだまだ稚拙な部分もありますが、ベースがスタアニ以上にしっかりしているので、彼女たちもまた今後どんどん伸びていくでしょう。

そしてLet's アイカツ!で何故か涙が流れてしまいました。

なんだかんだでこのツアーを通して涙することはなかったのですが、ここに来て私の感情のリミッターがぶっ壊れたようです。

るか、もなが下がっての3曲目で振りつけ講座をみき主体でやったのですが、みきが完全に聖母です。うりゃおいかましたみきなどマボロシかと思うくらいに綺麗に輝いています。

ひなきちゃんがイロモノ枠だけに先輩からの人気はおそらく今ひとつなのですが、そんなのを払拭するくらいにみきみきです。

そして相変わらず動きにキレがあるみほですが、私は多分ななせが好き。


M01.アイドル活動!/STAR☆ANIS

M02.Signalize!/STAR☆ANIS

M03.fashion check!(short)/STAR☆ANIS

M04.G線上のShining Sky(short)/わか・ふうり・れみ・えり

M05.恋するみたいなキャラメリゼ/れみ・えり


・・・

・・




   。  。
  / /  
 ( Д )


  スポポポポーン!(1ヶ月ぶり3回目)


ミニアルバム発売後、そしてファミリー回ということである程度は予想の範囲ではあったのですが、まさか本当にれみえりのキャラメリゼが聞けるとは思っても見ませんでした。

3階席は紳士淑女チケットのアイカツおじさんお姉さん組だったのですが、流石にこの時ばかりはざわめきましたし、フルとわかった時のあの動揺っぷりは記録にも記憶にも残して良いと思います。

そんでもって完全に号泣しました。

M06.笑顔のSuncatcher/りすこ・もな

M07.キラキラデイズ(short)/わか・ふうり

M08.ダイヤモンドハッピー(short)/わか・ふうり・ゆな

M09.ハッピィクレッシェンド(short)/STAR☆ANIS

M10.KIRA☆Power(short)/STAR☆ANIS

M11.オリジナルスター☆彡/STAR☆ANIS

M12.カレンダーガール/STAR☆ANIS

M13.SHINING LINE*/STAR☆ANIS


笑顔のSuncatcherでは横から大きな風船が先輩たちの席に放りこまれたのですが、先輩はステージ上に向かって叩き返すものだから、もなとりすこの前に風船がワチャワチャなって二人共かるく笑いながら歌っていました。

振付が更に踊りやすくするために軽く変わっていましたが、お馴染みのSHINING LINE*でファミリー回終了。

基本的に全曲通して泣いていたと思います。


そして泣いても笑ってもラストとなる夜公演です。

オープニングアクト
OA01.Let's アイカツ!/AIKATSU☆STARS!

OA02.チュチュ・バレリーナ(short)/AIKATSU☆STARS!

OA02.Lovely Party Collection(short)/AIKATSU☆STARS!

OA03.Poppin' Bubbles/みき・みほ・ななせ・かなfromAIKATSU☆STARS!


おい、ちょっと待て

明らかになんかきな臭い感じのセトリが漂っているのですけど!?

ここに来てチュチュ・バレリーナ初披露とかなんかもう他公演行った人も、ここが初参加な人もどちらも殺しにきてますよね?


M01.アイドル活動!(Ver.Rock)/STAR☆ANIS

おい、ちょっとカメラ止めろー!!!


公演初日の大阪でアイドル活動のロックverが博打勝負で来たら面白いなぁとは言いつつも、通常verだったので、流石に無理あるねと談笑していたのですが、まさかここに来てこれを持ってきますか。

そしてもって不慣れなしょっぱいMCもこれで最後かと思うと感慨深いです。

M02.Signalize!/STAR☆ANIS

M03.fashion check!/STAR☆ANIS

M04.恋するみたいなキャラメリゼ/れみ・えり





   。  。
  / /  
 ( Д )


  スポポポポーン!(5時間ぶり4回目)

あくまでファミリー回であるからこそ歌うことが出来るキャラメリゼであり、そのファミリー回でフルに歌ったからこそ、夜の大人回では無理だと思っていましたし、ほとんどの人がそう思っていたに違いありません。最初のMCでえりがここねちゃんでコールアンドレスポンスをしましたが、だからといってここでキャラメリゼが来るとは誰が予想していたでしょう。

そしてAメロで客席に向かってコールを要求したあまふわなでしこでしたが、いかんせん残念ながらこのNHKホールはピンチケの割合が多く、CDも出たばかりとあってそれについていける人がほとんど居ませんでした。

とはいえ、完璧とも言えるれみえりのパフォーマンス。

今回のMVPは誰がなんと言おうとこの2人で決まりでしょう。そしてやっぱりここでもキャラメリゼで号泣しました。


M05.右回りwonderland(short)/わか

M06.ミトレジャーノ(short)/わか・ふうり

M07.G線上のShining Sky(short)/わか・ふうり・れみ・えり

M08.Thrilling Dream/りすこ・ゆな

M09.真夜中のスカイハイ/りすこ


はぁ、もう最高かよ

参加した4公演通してステージから一番近い場所だったので、ただただひたすら演者に集中できて本当に楽しいひとときでした。


M10.prism spiral/ふうり

M11.マジカルタイム(short)/ゆな

M12.永遠の灯/れみ

M13.Take Me Higher/りすこ・れみ・ゆな

M14.Wake up my music/わか、ふうり


永遠の灯が初めてフルverでした。今まで硬くなにshortであり、だれもが今回もshortであることを疑わなかったことのこの仕打。会場全体がフルとわかり頭を抱えだした時の、れみのしてやったりの顔が今でも忘れられません。

そして僕のゆなは減量に成功していました。


M15.Kira pata shining(short)/えり

M16.アラビアンロマス(short)/えり

M17.オトナモード/もな

M18笑顔のSuncatcher/りすこ、もな

M19.Sweet Sp!ce/わか、ふうり

M20.オリジナルスター☆彡/るか


後半戦も休むことを許さないテッパン激アツセトリ。

ファミリー回と同じく風船が降ってわき、会場全体でビッグウェーブを作った笑顔のSuncatcher。一緒に歌って!の掛け声と共に大合唱となったオリジナルスター。おそらくフレンドで来るだろうと思っていたらまさかのわかふうり枠でのSweet Sp!ce。

オリジナルスターは左打席で完璧にライトスタンドに叩きこみましたし、本当にスタアニツアーのセトリは良い意味で裏切ってくれまs(ry

M21.輝きのエチュード/わか


( ゚д゚)


( ゚д゚ )彡



ウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン!!!!

わかさま、、いいや、いちごちゃん!!

わかさまでありいちごちゃん。いちごちゃんでありわかさまな姿がそこにはありました。

『あなたの温もりを感じているの』の歌詞のところで“あなた”を“みんな”に変えて歌ってくれたわかさま。

いちごちゃん担当としてプレッシャーはあったと思いますが、本当にツアーの最後まで中心となって支えてくれたわかさまに「ありがとう」という言葉を捧げたいと思います。

M22.ハッピィクレッシェンド/STAR☆ANIS

M23.ヒラリ/ヒトリ/キラリ/STAR☆ANIS

M24.KIRA☆Power/STAR☆ANIS

M25.カレンダーガール/STAR☆ANIS


ラストはもちろんカレンダーガール。アイカツのエンディングといえばやはりこれ。ラストの締めにふさわしい曲です。

アンコールではちょっとした論争が起こった結果、『スターアニス』の掛け声で綺麗に統一されました。


EN26.Good morning my dream/わか・ふうり・ゆな


アンコールでソレイユが出てきたらそれまで歌ってなかったダイヤモンドハッピーだと思うじゃん!!!

なにこれ、もうなにこれ!!

完全に125話を完全再現してるよね!?

そりゃ、わかさまも『アンコールでソレイユだからダイヤモンドハッピーだと思ったでしょ?(ドヤ顔』って言うはずですよ。

EN27.ダイヤモンドハッピー/わか・ふうり・ゆなfrom STAR☆ANIS

EN28.SHINING LINE*/STAR☆ANIS


ここでも踊りに若干の修正が入っていましたが、気にせず通常振りコピしてました。


WEN29.アイドル活動!/STAR☆ANIS

ダブアンではアイカツと言えばのアイドル活動。完全にりすこゼロズレだったのでここだけはりすこに全てを捧げてコールしていました。


・・・


・・




とまれ、アニメ125話で『ソレイユを続けることがソレイユにとっての夢』と言っていましたがあの言葉がここに来て本当に心に突き刺さります。現状、アイカツの歌唱担当は確実にAIKATSU☆STARS!にシフトしており、はっきり言ってスタアニに出番はありません。告知にしても2月の渋谷公会堂と今回のツアーが収録される円盤の情報とアプリ化くらいであり、ライブどころかイベント的なものすらないでしょう。

あったとしてもスターズ。けれどもそこでオープニングアクトやゲスト的な扱いでスタアニを出すことは決して出来ないでしょう。

スタアニ側もそれは察しているのでしょう。バトンを渡すと言いつつも、次という言葉を口にしています。アイカツ初期段階は低空飛行であり、“次”が無いことを自らの口から言わされるほどに、『続けること』に関して彼女たちは敏感です。

アイカツは続くでしょう。けれどもSTAR☆ANISが続くかというとおそらく違います。

『声優ユニットに一番大事なのは継続すること』

私が同人誌の中で述べている言葉ではあるのですが、この言葉がスタアニにも突き刺さるというのはなんとも皮肉な話です。


さておき、最高のパフォーマンスを魅せてくれたスタアニ。短くも長いツアーの中でひとつの輝きとなったSTAR☆ANISの完成形。けれども決して完了形ではないと信じて最後の締めにしたいと思います。

Close↑


スポンサードリンク
[2015.06.29(Mon) 21:40] イベントれぽTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


【ライブレポート】STAR☆ANIS アイカツ!スペシャルLIVE TOUR 2015 SHINING STAR*【福岡公演】 

2015年06月13日 ()
15060603.jpg

全国5公演ツアーの3公演目で福岡にやってまいりました。

この日はAKB48Gの総選挙に花澤香菜さんの福岡公演と福岡が非常に熱い場所となっていました。
Open↓


大阪、名古屋と参加してセトリ自体は予想できる範疇になりましたし、MCに期待できるメンバーではないことも承知しているのですが、それでも当日のワクワク感はいつになっても飽きるものはないですし、九州という当方が生まれ育った地に来てくれるという嬉しさはやはりひとしおです。

そして今回は紳士・淑女チケットによる昼の部も参加予定としているので、いつもとは違う楽しみ方が出来るのです。

※紳士・淑女チケットとは
本来であれば、子供連れでないと参加できない子供の為の昼公演だが、昼公演のチケットがあまりにも売れないために生み出された苦肉の策。

大人単体でも可能だけど、座席は後方、一切の声だし禁止、立ち禁止、クラップ禁止という早い話が黙って見ることだけが許された大人チケット。騒ぎたいだけの厄介系には苦痛だが、すみれちゃんとトリプルスコア並みに年齢が離れているアイカツおじさんには簡単に手が出せるチケットなのである。

15060604.jpg


OA01.Let's アイカツ!/るか・もな・みきfrom AIKATSU☆STARS!

OA02.Lovely Party Collection/るか・もな・みきfrom AIKATSU☆STARS!

OA03.ハロー!Winter Love♪/みき



・・・


・・





まさか、この時期に『ハロー!Winter Love』を聴けるとは思いませんでしたから、心の中でガッツポーズ決めてました。もっとも、大阪公演でみきがうりゃおい決めてしまった為に曲を変えられただけなのでしょうけども。

私は大阪夜公演のみきしか見ていなかったので、昼の部のみきを見るのは初めてだったわけですが、なるほど確かにこれを見て夜の部のうりゃおい聞いたら、白目剥いて棒立ちになりますね。

過去のスフィアライブで購入したオペラグラスを持参していたので表情もばっちり見えたのですが、子供に向かって手を振るみきは、まさに聖母のようで、「ああ、なるほど、これがバブみってやつなのね」と思うくらいでした。

M01.アイドル活動!/STAR☆ANIS

M02.Signalise!(short)/STAR☆ANIS

M03.fashion check!/STAR☆ANIS

M04.Growing for a dream/わか・ふうり・れみ・えり

M05.Blooming Blooming/えり

M06.Move on now/りすこ

M07.ダイヤモンドハッピー(Short)/STAR☆ANIS

M08.ハッピィクレッシェンド(Short)/STAR☆ANIS

M09.KIRA☆POWER(Short)/STAR☆ANIS

M10.オリジナルスター/STAR☆ANIS

M11.カレンダーガール/STAR☆ANIS

M12.SHINING LINE*/STAR☆ANIS


僕のゆなが当社比1.2倍くらいにふっくらしているような気がしたのですが、今日のところはスルーしましょう。スタアニが誇る不動の1,2番である不安定コンビの仕上がりが万全であれば十分です。

MCは子供の前だというのに相変わらずのへっぽこっぷりだし、もなですらミラクルを噛んでしまう始末。与えられたMC時間をきっちり守ろうとする姿勢は良いのですが、そろそろ台本に頼らないMCをしても良いのではないでしょうか。

えりが『Blooming Blooming』を歌ったことでこの日もMVPをえりがかっさらっていきそうです。
ただ、るかも公演をこなすごとにあかりちゃんのごとく成長していますし、昼の部だけでは甲乙つけがたい結果でした。

そしてもって三公演目にして初めて昼の部に参加したわけですが、これはこれでよいものですね。心を落ち着かせた尊い気持ちで見ることが出来ますし、オペラグラスを使えば、ゆなのムッチムチの二の腕も確認可能です。

もちろん、えりれみの濁ってない瞳だって確認することが出来ます。

とまれ、綺麗な心で見守ることが出来た昼の部が終了。

15060602.jpg

近場の一蘭とジェラート屋でi☆Risごっこをしてから夜の部へと挑みます。



OA01.Let's アイカツ!/るか・もな・みきfrom AIKATSU☆STARS!

OA02.Lovely Party Collection/るか・もな・みきfrom AIKATSU☆STARS!

OA03.ハロー!Winter Love♪/みき



よかった。みきがうりゃおい言わない。

いやまぁ、それを言わせないためのセトリ変更なのですが、ニコ動で踊ってみた投稿しているみしゅえるの心の強さは半端ないですね。

昼夜ともにサビ部分の「~ハロー!Winter Love♪」をみきのお願いもあって会場で合唱することとなりましたが、これがみき自身が考えたものなのかが、非常に気になるところです。


M01.アイドル活動!/STAR☆ANIS

M02.Signalize!/STAR☆ANIS

M03.fashion check!/STAR☆ANIS


都合3回目のアイドル活動を含めたセトリですが、まったく飽きませんね。
言い方悪いですが、歌も踊りも不安定な部分はまだちょくちょくとみられるスタアニだからこそ、1回1回の公演が非常に新鮮で見ていて本当に楽しいです。

M04.CHU-CHU RAINBOW(short)/れみ・えり

M05.放課後ポニーテール(short)/れみ・えり

M06.右回りwonderland/わか

M07.ミトレジャーノ(short)/わか・ふうり

M08.Growing for a dream/わか・ふうり・れみ・えり

M09.Thrilling Dream/りすこ・ゆな

M10.真夜中のスカイハイ/りすこ

M11.prism spiral/ふうり

M12.マジカルタイム(short)/ゆな

M13.永遠の灯(short)/れみ

M14.Take Me Higher/りすこ・れみ・ゆな

M15.Wake up my music/わか・ふうり

M16.Kira pata shining(short)/えり

M17.アラビアンロマス(short)/えり

M18ダインシング☆ベイビー(short)/ゆな・えり

M19.オトナモード/もな

M20.笑顔のSuncatcher/りすこ・もな

M20.Sweet Sp!ce/わか・ふうり

M21.オリジナルスター☆彡/るか

M22.ダイヤモンドハッピー/わか・ふうり・ゆなfrom STAR☆ANIS

M23.ヒラリ/ヒトリ/キラリ/STAR☆ANIS

M24.ハッピィクレッシェンド/STAR☆ANIS

M25.KIRA☆Power/STAR☆ANIS


通常であれば飛行機に乗った際のエピソードがMCにて話題になるのですが、そこは子供の部ですらフニャフニャ言ってしまうスタアニちゃんですので頭の中で一生懸命考えた台本を一生懸命言ってしまうMCでした。

るかが明太子笑顔って言ったときは会場ふくめてスタアニ側もぽかーんとしていましたが、あかりちゃんだってたまに奇行に走りますので、これまた気にしちゃダメでしょう。

そして今回のキモは何と言ってもわかふうりによるSweet Sp!ceでしょう。千秋楽の東京公演ではフレンドを持ってくる可能性が高いだけに、ここでこの曲を回収できたことだけでも福岡に参加した意味はあります。

名古屋に続き今回もるかソロでオリジナルスター☆彡ということで本日は右中間を見事に抜けるツーベースヒットを叩きだしました。俺選手の今期の成績は1安打1本塁打1犠打(子供の部)です。

今回もCメロで大合唱となりましたが、後半に差し掛かるにつれて明らかに会場がソワソワしだし、“みんな一緒に歌って”が無かったらどうしようみたいな空気を醸し出していましたが、そこは我らがるかぴょんですので、きっちり煽って大合唱です。

笑顔のSuncatcherでは会場でウェーブを作ったり、SHINING LINEでは竹の子ダンスを踊ったりと、コール合唱振りコピというなんでもござれなスタアニ(アイカツ)現場となりました。

良くも悪くもいいとこ取りではあるのですが、アニソン系ライブでお馴染みのコール論争が起こらないのは本当に興味深いですね。や、それらを言い出す面倒臭い人がいないっていうのと、基本的に方向性が言うほどまとまってないってだけなのですけども。


アンコール

EN26.輝きのエチュード/わか

EN27.カレンダーガール/STAR☆ANIS

EN28.SHINING LINE*/STAR☆ANIS



ここまで来るともはや何も言うことはありません。

スタアニ全員が個々で出来ることを最大限にやり遂げ、そしてチームとして一体感で盛り上げる。ツアーとしては、まだまだ折り返し地点ではありますが、彼女たちのアイドル活動はひとまずの形になったのだと思います。

とはいえ、これを良しとするのか、さらなる上を目指すのか。それは彼女たちがする選択ですし、仙台、東京でそれに対する答えを出してくれると信じています。

仙台行けませんけども。


Close↑


スポンサードリンク
[2015.06.13(Sat) 20:46] イベントれぽTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


【ライブレポート】STAR☆ANIS アイカツ!スペシャルLIVE TOUR 2015 SHINING STAR*【名古屋夜公演】 

2015年05月24日 ()
15052301.jpg

3週間前に大阪で回収したにも関わらずスタアニ分がすでに不足して禁断症状が出始めたので勢いに任せて名古屋に来てしまいました。嘘ですけど。
Open↓


ちなみにではありますが、この日、見切れ席を開放しての当日券が出ていたのですが、席は1階前方両端というある意味勝ち組な席でした。

さておき当方は4連ということもあり、後方ブロックだったのですが、いかんせん元々が規模の小さな講演ホールなので距離的には前回の大阪よりも全然近く、各々の表情までわかるレベルに近づいていました。最終的にはこのまま最前まで行きたいですね。


オープニングアクト

OA01.Let's アイカツ!/るか・もな・みきfrom AIKATSU☆STARS!

OA02.Lovely Party Collection/るか・もな・みきfrom AIKATSU☆STARS!

OA03.ラブリーボム/みほ


大阪のことがあったのでセトリとしては予想の範囲ですが、表情まで見えるというのはやはり大きいですし、初っ端からリミッターを外してしまいました。

そして前回のみきのうりゃおいでちょっと心配ではあったみほですが、なかなかどうして安定感抜群でした。MCがまったく駄目駄目な先輩と比べると五十歩百歩ではありますが、きっちり台本通りのことが言えていましたし、ダンスのキレも最近加入したとは思えないくらいにキレッキレです。

みきもアレはアレである意味一種のポテンシャルの高さゆえではありますし、AIKATSU☆STARS!としてのライブを一度でいいからみてみたいものです。


M01.アイドル活動!/STAR☆ANIS

M02.Signalize!/STAR☆ANIS

M03.fashion check!/STAR☆ANIS

M04.CHU-CHU RAINBOW(short)/れみ・えり

M05.放課後ポニーテール(short)/れみ・えり

M06.右回りwonderland/わか

M07.ミトレジャーノ(short)/わか・ふうり

M08.Growing for a dream/わか・ふうり・れみ・えり

M09.Trap of Love/ゆな


G線上のShining SkyがGrowing for a dreamに。Thrilling DreamがTrap of Loveへと変更。更には渋谷の時にはわかとふうりがいたTrap of Loveが完全にゆなソロへと変わっていました。

渋谷の時は2人に支えられている感があったのですが、この日のゆなは“美しき刃”紫吹蘭でした。

ルックス的にオタクが嫌うギャルではありますが、とてもよい子ですし、気さくに話してくれるので是非とも皆様応援してあげてください。そして私の代わりにお手紙を書いてあげてください。

M10.真夜中のスカイハイ/りすこ

M11.Stranger alien/ふうり

M12.マジカルタイム(short)/ゆな

M13.永遠の灯(short)/れみ

M14.Take Me Higher/りすこ・れみ・ゆな


prism spiralがStranger alienに変更して更にフルになりました。そして硝子ドールが永遠の灯に変更。

れみがようやく『血を吸うわよ』の台詞を言ってくれたりといい感じに仕上がっていました。これは表情が見えるくらいに近かったせいもあるでしょうけども、今日のMVPはれみに一票入れたいと思います。

M15.Wake up my music/わか・ふうり

M16.Kira pata shining(short)/えり

M17.アラビアンロマス(short)/えり

M18ダインシング☆ベイビー(short)/ゆな・えり

M19.オトナモード/もな

M20.Precious/りすこ・もな

M20.フレンド/わか・ふうり


笑顔のSuncatcherがPreciousに変更。えりはマリアちゃんの魂を込めて『パンパカパンパ~ン』と言ってくれたのですが、『パンパカパーン』だったので完全に愛宕でした。

もっとも、本人のおっぱいは龍驤みたいですけども。


M21.オリジナルスター☆彡/るか




・・・




・・








   。  。
  / /  
 ( Д )

  スポポポポーン!(3週間ぶり2回目)


会場にいる誰もがハートのメロディだと信じて疑わなかったところでのまさかのオリジナルスター☆彡

前にいたオタクが二名ほど頭を抱えていましたが、コレに限っては素で頭を抱えると思いますし、私は『全力投球です♪』で綺麗にレフトスタンドに叩き返しました。

Cメロでるかの煽りによって会場で大合唱となったのですが、サビでなくてここを素で歌うことの出来るアイカツおじさんが素できもいです。無論、私もデフォで歌えるのですが。

こうなってくると、もなのソロパートに期待してしまうのですが、今後の公演ではどうなるのでしょうか。

M22.ダイヤモンドハッピー/わか・ふうり・ゆなfrom STAR☆ANIS

M23.ヒラリ/ヒトリ/キラリ/STAR☆ANIS

M24.ハッピィクレッシェンド/STAR☆ANIS

M25.KIRA☆Power/STAR☆ANIS

アンコール

EN26.輝きのエチュード/わか

EN27.カレンダーガール/STAR☆ANIS

EN28.SHINING LINE*/STAR☆ANIS



基本的な構成は大阪と一緒。MCが相変わらずへっぽこであり、ふうりがフニャフニャと意味不明な単語を口走っていたり、てんちょうがPreciousで完全に歌詞を忘れてしまっていたりと安定の不完全さはありましたが、それでもちょっとだけ、ほんのちょっぴりだけど、MC含めて頑張っていたと思いますし、ちょっぴり成長しているアイドルでした。

まだまだ2公演目。

彼女たちの輝きはまだまだこんなものじゃないですし、もっと輝き続けると信じて次の福岡公演も応援しに行きたいと思います。

Close↑


スポンサードリンク
[2015.05.24(Sun) 19:30] イベントれぽTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


【ライブレポート】STAR☆ANIS アイカツ!スペシャルLIVE TOUR 2015 SHINING STAR*【大阪夜公演】 

2015年05月10日 ()
5月3日某時刻

私は大阪梅田の地に立っていました。
ご存知の方も多いかと思いますが、この日は徳島でマチ★アソビというイベントが開催されており、1日たりとも欠席をしたことのない私にとって、大阪という場所にいること自体がイレギュラーなのです。

けれども、この日この場所に存在しなければならない理由があったのです。
Open↓

そう


STAR☆ANISのツアーライブの初日だからなのです!!


・・・・


・・・


・・


え、だってワタクシ、マチアソビのレポお仕事推し事があるって言いましたよね?

そんなわけで、マチアソビ皆勤だけ掻っ攫って徳島を離れるという真正の屑っぷりを発揮してスタアニライブ参戦です。

本来ならば昼の子供回も友人のつてで参加できる環境にあったにも関わらずWUGを回収するために午前中は徳島にいたことを褒めてほしいですね。(下衆の極み

とまれ。およそ1000程度のキャパである会場の中へ。


1階中ほどではありますが、前回の渋谷公会堂の2階最後方に比べたら全然マシですし、開演前からクラップがそこらじゅうから聞こえることを除けば十分なライブ環境です。

ペンライトのデザインどころかステージの飾りでさえ前回の使い回しなことも今までのことを思えば些細なものです。

前回はあまりに興奮しすぎてライブの内容をまったく覚えていませんでしたが、今回は割と余裕があるし前回とはまた違った楽しみ方が出来るはずです。


オープニングアクト

OA01.Let's アイカツ!/るか・もな・みきfrom AIKATSU☆STARS!

OA02.Lovely Party Collection/るか・もな・みきfrom AIKATSU☆STARS!

OA03.Good morning my dream/みき


・・・

・・



アカン、僕様AIKATSU☆STARSを回収するの初めてだからめっちゃテンションあがる。

一発目からスターズのLet's アイカツ!を聞けるとは思っても見なかったし、まさかのLovely Party Collectionですよ。スタアニの後輩としてのスターズは先輩に決して劣らないチームとしての輝きを放っていました。

ここでスタアニ兼任のるかもなが下がり、みき一人による場つなぎステージ。


Good morning my dreamで安らかに、けれども胸のBPMを高鳴らせてくれるに違いありません。






















みき『うりゃ!おい!!!うりゃ!おい!!!』


・・・・


・・・


・・




   。  。
  / /  
 ( Д )

  スポポポポーン!





みみみみみみみ、みきちゃーん!!??


会場の温度を下げないように努力するその姿勢は素晴らしいですし、ソロステージでの緊張もあるのでしょうけど、なんかイケないスイッチ入ってませんか?

ほら、開始前からクラップかましてたドルオタが『え!?やっていいの?』みたいなテンションになっていますし、尊い感じで見守っていたオタクが割と本気で死にそうな目で呆然としてるじゃないですか。

それほど意識高くないですし、クソイベンターと化してしまった今ではコール論争に参加する気は更々ないですが、それでもちょっとは考えて欲しいですし、今日の説教部屋は確実にみきだと思います。


M01.アイドル活動!/STAR☆ANIS

M02.Signalize!/STAR☆ANIS

M03.fashion check!/STAR☆ANIS


もう何回目かになるであろうアイドル活動にSignalize!ですが、アイカツと言えばやはりこれですね。月曜18時半に全力待機していたあの頃が今でも鮮明に思い出されます。

スタアニちゃんはダンスが苦手とか上手く出来ないとか口に出しますが、全然そんなことはありませんし、アイカツのキャラクターが乗り移っているくらいにSTAR☆ANISとしての彼女たちがそこにいました。

勿論、そのために練習をたくさんしているのでしょうけど、決して卑下するようなものでは決して無いと思っています。

M04.CHU-CHU RAINBOW/れみ・えり

M05.放課後ポニーテール/れみ・えり

M06.右回りwonderland/わか

M07.ミトレジャーノ(short)/わか・ふうり


前回のワンマンライブがあっての今回のツアーということでセットリストはかなり挑戦しています。ワンマンの時のように全員を均等に出しつつ会場を盛り上げる曲を中心にというものとは少々違い、アイカツ楽曲をこのツアーで全て出し切るような勢いの選曲です。

M08.G線上のShining Sky/わか・ふうり・れみ・えり

M09.Thrilling Dream/りすこ・ゆな

M10.真夜中のスカイハイ/りすこ

M11.prism spiral(short)/ふうり

M12.マジカルタイム(short)(ゆな)

M13.硝子ドール(short)/れみ

M14.Take Me Higher/りすこ・れみ・ゆな


けれども押さえる所はきっちりと押さえる安心安定のこのセトリ。惜しむらくはカラオケ音源なので硝子ドールのフルバージョンを聴くことが出来ないということでしょうか。いつもは大概病んでるれみが最高に輝ける瞬間をフルの硝子ドールで見てみたいのですけども。

勿論、元祖ユリカ様のもえがシークレットで登場することも願って止まないのですが……。


M14.Wake up my music/わか・ふうり

M15.Kira pata shining(short)/えり

M16.アラビアンロマス(short)/えり

M17ダインシング☆ベイビー(short)/えり



前回のワンマンライブでは唯一泣いた風沢そらファンがここに来てようやく報われました。

Bohemian Sky(ボヘミアンスカイ)の衣装に身を包んだえりは妖艶なセクシーさを備えた風沢そらちゃんそのものであり、今回におけるMVPは個人的にはえりだと思っています。

M18.オトナモード/もな

M19.笑顔のSuncatcher/りすこ・もな

M20.キラキラ☆デイズ/わか・ふうり

M21.ハートのメロディー/るか


今回、スターズを含めてもるかの出番が若干少ないような気がしないでもないですが、逆に言えば公演ごとにセトリを大きく変えてくる可能性がありあそうです。

M22.ダイヤモンドハッピー/わか・ふうり・ゆなfrom STAR☆ANIS

M23.ヒラリ/ヒトリ/キラリ/STAR☆ANIS

M24.ハッピィクレッシェンド/STAR☆ANIS

M25.KIRA☆Power//STAR☆ANIS


ソレイユ(Soleil)3人から始まって後半に全員登場という形のダイヤモンドハッピー。最近ゆながめっちゃ愛おしいのだけど、本当にいい笑顔で歌ってくれます。

見た目ギャルでヤンキーだからオタクは敬遠しがちだけど、話すと凄くいい娘だしとてもいい匂いするのでディアステ行きたいです。

アンコール

EN26.輝きのエチュード/わか

EN27.カレンダーガール/STAR☆ANIS

EN28.SHINING LINE*/STAR☆ANIS


輝きのエチュードのわか様は本当に尊いの一言。MCはポンコツで何言っているかよくわからないし、次の曲が最後じゃないのに次で最後です!と言い切ってりすこ店長から突っ込まれたりもしたけど、いちごちゃんのように歌ってくれたから、私達は素敵な明日を迎えることが出来ました。


・・・・


・・・


・・


当たり前ではあるのですが、全体を通してアイカツという作品を本当に大切にしていると思わせるセトリでした。アニメでは使用されていないダインシング☆ベイビーを持ってきたり、子ども回ならまだしも大人回でミトレジャーノを持ってくる意外性だったり、ショートverで出来るだけ多くの曲を聞かせようとしているあたりにそれが垣間見えました。

それほど多くない衣装を曲とブランドに合わせてコロコロとチェンジしたり、と魅せる工夫もしっかりしていましたし、今後のツアーが非常に楽しみになってしまった大阪公演でした。

五公演あるうちの仙台以外の四公演に参加するという非常に頭のおかしい日程を組んでしまいましたが、彼女たちと最後まで歩んでいきたいと思いますし、これを読んでくださったアイカツファン、スタアニファンの皆様も最後までお付き合い下されば幸いです。

Close↑


スポンサードリンク
[2015.05.10(Sun) 17:05] イベントれぽTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


BACK | TOP | NEXT